アルコール

2018年7月19日 (木)

逆指名されました

ワインを選ぶポイントとして、ラベル買いってやつも“アリ”かと思います。

・・・だって、よく分かんないんだもん^^;

基本的に葡萄品種は押さえておきますが

ワインコーナーを幾度となく往復していると

どーーーしても気になるラベルがあるわけですよ。

一目見て旧世界(フランス・イタリア・スペイン)のラベルとは一線を画す画ずらで

旧世界の真面目ラベルが並ぶ列に、きみ・・・どこの出身?

出で立ちが目立ちすぎますわ。

いわゆるニューワールド(新世界)のワインラベルと思われます。

オーストラリア・アルゼンチン・チリ・ニュージーランド・南アフリカなどで

南半球が多いですね。




もともとワインって旧世界で造られていました。

旧世界はワイン造りの名家・名門・名職人たちが丹精込めて造り上げいるため

基本的に土地代や人件費がかかります・・・ので、やらしい話しですが

高いんです。

(極端な話ですが、ロマネコンテイなんてどんなに安くても百万円クラスだしね)

なぜ北半球で造られていたワインが南半球にも伝わったのか・・・

旧世界(ヨーロッパ)では度重なる戦争や政治不安により

移民を受け入れたり、また南半球への移住を繰り返していました。

その移民や移住者たちが、祖国のワインを懐かしみ

移住先の南半球でイチからワインを造り上げてきた歴史があるのです。ウンウン。

開拓者精神の賜物ですね。

ただ、葡萄品種の同じものを使っても北と南では味が違うところがおもしろい。

北半球(旧世界)では日照時間が短く酸味が出やすく

南半球(新世界)では日照時間が長く、ジューシーで口あたりがよいものが多い。




よく聞くのが、「ワインって渋くてキライ」とか

「甘いワインってないの?」とかがあります。

おそらく、一番最初に飲んだワインが、旧世界の

重厚でフルボディの赤ワンだったりするんじゃないかと思います。

ワイン初心者に勧めるのは南半球のミディアムボディクラスで

やはりピノ・ノワールでしょうか。

何と言ってもピノ単一品種がほとんどで味が覚えやすい。(ですよねShugoセンセ^^)

白は個人的にアペリティフ(食前酒)としてちょっと甘めのリースリング。

あくまでも食前酒ですので、本格的にイク時は辛口にシフトしてしまいます^^;



なんだか話がうんちく臭くなってきたので止めますね。




ラベルって話しです。

真面目なラベルに混じってオラオラオーラが出まくつています。

ここまで異端なラベルだと・・・大丈夫かいな?

と、買う気を削がれてしまいますが

何回も通っていると、気になってしかたがありません。

わかったわかった 連れて帰っちゃるけん^^;

左 アルゼンチンのクリオスレッドブレンド

右 南アフリカのプライムカッツ

クリオスのテクノっぽいラベルとプライムカッツのアメリカンポップな感じ




ね。変でしょ^^

_dsc2713jpgz







この日は南アフリカのプライムカッツをチョイス。



_dsc2715jpgz

んめ~^^

980円にしてはなかなかのコストパフォーマンス。




やっぱラベル買いはアリだと思います。

居並ぶ旧世界優等生のラベルを見比べ、こちらが指名して購入していますが

その優等生に混じって異端な存在感を醸し出している新世界のラベルたち。

造り手の想いがラベルに表れています。

ラベルがわたし達(ヲレ)を逆指名しているのかもしれませんね^^

2018年7月 3日 (火)

ワインにも走ってます

最近休みになるとキッチンに立ちながら飲酒するのが常になっている。

・・・今になって始まった事ではありませんが

お酒の種類が変わってきた。  ってことね。

むかしはビールを飲んでから焼酎を飲んじゃうって流れだったけど

最近はいきなりワインとか日本酒に走ってしまう・・・夏なのに

んで、口直しにビールいってからのまたまたワイン 日本酒・・・みたいな^^;

もうね、写真撮るのもめんどくさくなってきて

まっいいや 取りあえず飲んじゃえ^^

飲んでしまえばこっちのもん・・・なんじゃそりゃ(笑)

とーぜん 夜ご飯の準備中なので味見は必要です。

このワインにこのおかずは合わんな~とか

このおかずにはぬる燗だよね~とか

もはや何のためにキッチンに立っているのか

自分の立ち位置を今一度確認せねばなりません。





グロワーズゲート

品種はシャルドネ(Chardonnay)

南オーストラリア

2016年

ラベルを見るとそう書いてある。

ワインを知らない方はな、何を基準に選んでいいのかわからないと思う。

ラベルにはほぼ同じような位置に、同じ内容が書いてあるので

好きな(自分好みの)ワインを見つけるには

同一名称(名前)で、違う品種のものを飲んでみると

葡萄の違いが判るはずです。




このグロワーズゲートはシャルドネの他に

カヴェルネ・ソービニョン  シラーもあり

あっ・・・白はシャルドネだけでした^^;

なによりお手頃価格で、900円代にしてはコスパいいと思います。




ちなみに、白ワインにレーズンバター・・・この組み合わせ最高っすわ^^



_dsc2672jpgz

2018年4月19日 (木)

コンドルのジョーを知っているのか

マリエンゴールドワイナリーのツェラー・シュバルツェ・カッツ(ドイツワインね)

黒猫が有名ですね。

_dsc2341jpga




葡萄の品種は大好きなリースリング。

アルコール度数も低めの9.5%だから、ビールみたいにぐびぐび飲めちゃう(^^♪

お値段も財布に優しい800円代デス。



辛口が多い白ワインですが、やや甘口で

ワイン初心者の方でもスルリと飲めると思います。

レーズンバターと合わせると超絶に美味しいです。(ヲレ好みね)



今回は難癖のあるダナブルーと合わせてみました。

が・・・好みが分かれるだろうな~(姐さんはダナちゃん嫌い^^;)

ダナちゃんとレーズンバターのコラボは美味しいですよ。


_dsc2343jpga

試したマリアージュとしては、“もずく”

エエ!?でしょ。

意外や意外 ちょっと甘めのもずく酢がマリアージュしちゃったから新たな発見でした。




ただ・・・もずくの歯ごたえがビミョー(^^ゞ

シュバルツェ・カッツ・・・舌を噛みそうな名前ですが昔似たような名前がありました。

ベルク・カッツェさんって方がいましたね。 ホーッホッホッホ

ヒマラヤ山脈出身で、ギヤラクターの自称次期総裁ってんだからちょっと笑っちゃう。

名前の由来は Berg(山)+ Katze(猫)だそうでドイツ語

おぉ マリエンゴールドにも黒猫がいますね~^^

そんなことに思いを馳せながら

コンドルのジョーはなぜ死ななければならなかったのか・・・

エエっとウィキペではどうなってんだ・・・


Ohayo1

2018年4月13日 (金)

シラーからピノへ

少し前にマライのシラー(2013)を飲んだ。

美味しい^^

_dsc1875b


そして、今回はマライのピノノワール(2013)


_dsc2322jpga

「ひろさ~ん ピノはね~^^」と、

ピノうんちくを語らせたら右に出る者はいないピノShugo氏

姐さんも「ひろちゃん ピノShugoをやっつけてよ!」と言っているくらいだ(笑)

ピノShugoうんちくにダメージを与えるべく

日夜葡萄酒をテイスティングしているのです。

が、最近は肝臓辺りがボディーブローのように効きはじめてきた・・・

ヲレも・・・ここまでか・・・

ちょっと白にしてみよっと。

2018年3月24日 (土)

酔い週末にかんぱ~い

フォイルカッターをクルリと回し、キャップを開ける。

(手のしわに年輪を感じるようになった(;'∀'))

_dsc2032


ウイングコルクスクリューをコルク中央に刺し、右へ回す。

ハンドルは最上部で、そのままスクリューを全て回しこむ。

バンザイの形になった。



ラジオ体操第一 腕を真上に上げてのびのびとしましょう♪


_dsc2033jpga



ハイ 腕は真っすぐ真横にして♪


_dsc2034jpga



真っすぐ下ろしましょう。♪

気を付け~!

_dsc2035jpga


ロヴェルシ バルバレスコ ネッビオーロの2012年



_dsc2036jpga


姐さんと一杯やりながら作る夜ご飯。

明日、土曜日も仕事なのに待ちきれない日曜日(笑)


このワインは一応“赤”ですが

色を見てお判りのように赤黒い赤ではなく、ガーネット色。

_dsc2040jpga


飲み口はあっさり・さっぱりしていてゴクゴク飲めちゃう(^^♪

姐さんとの会話も弾み、ものの30分で無くなっちゃいましたね。

いろいろアテを試しましたが

リンゴ・キュウイフルーツがめちゃめちゃ合いました。

今夜は全く同じロヴェルシ バルバレスコの2013年があるので

味を忘れないように、飲み比べの予定です。



酔い週末にかんぱ~い^^


_dsc2052

2018年3月14日 (水)

梅子さんとリースリング

前回、「とりあえずビール」もいいけど、春も近いし

爽やかに花の香りを感じたく

とりあえずミュスカデを紹介しました。(ナンチャッテ デスケド)

_dsc1983jpgajpga




会社からは“夏タイヤに交換しても可”のお達しもあり

いよいよ さぶ~い日ともおさらばです^^

となれば、若干汗ばむ日も近いんじゃないのかと

ひとり汗だく大盛りの心配をしている今日この頃(笑)



ここ数日ぽかぽか陽気ですね。

うきうきしたくなります・・・いや うきうきしているというのが本音です^^

そんな、うきうき夕方ともなれば、フライング飲酒がしたくなります。

天気は良いし、日は長くなってるし(嬉)

絶対リースリングだな(^^♪

ワインコーナーに行って、いわゆるワインボトルの並びの中に

シュッとしたボトルがあれば、それはまずリースリング(リースリングとは葡萄品種ね)

表面にRIESLINGの表記があります。

裏面に辛口とかやや甘口とか書いてあるので

最初はやや甘口くらいが良いかと思います。

表記はいろいろあって、中にはほのかな甘口・・・なんてのもあります。

このアーサーメッツはやや辛口ね。

チーズや白身魚に合うと思いますが、個人的には

野菜サラダにピエトロドレッシングをかけたヤツ^^

_dsc1995jpgajpga


本日、我が家の梅子さんは満開になりました。

夕方、椅子とテーブルを引っ張り出して

ちょっと甘めのリースリングでやりましょうか。

いや!やる!(今日はお休みだからネ)

そのためには今から行動開始するぞ^^



_dsc2007a

2016年10月24日 (月)

ひやおろしを飲む会

昨日は深夜勤務明けにもかかわらず

15:00~“ひやおろしを呑む会”に参加であります


出雲ドーム前にある西屋さん 宜しくお願いします^^

わたくしは二回目

姐さんは三回目であります

見知らぬ方々の限定二十名

今回は県外の十二銘柄ひやおろしの飲み比べです



梅錦 羽陽男山 開華 喜秀 宗玄 千代鶴

月の桂 鳴門鯛 華鳩 鳳陽 真澄 若戒 

原料米 掛米 麹米と精米歩合と酵母を掛けあわせた結果が

アルコール度・日本酒度・酸度・アミノ酸度という結果になり

銘柄 商品名 造りになるそうだ


Img_5508a


一杯づついただきまして

色をじっくり見ます。・・・冴えているとか

口に少し含み香りを嗅ぎ、果実の匂いがするか確認です

更にひと口飲み、味わいを確かめます

濃醇なのか穏やかなのか爽快辛口・・・爽快旨口・・・

のど越しは・・・滑るように入って行くのか

はたまた押しの味があるのか・・・


Img_5509a


みんな、飲むのが早い!

こちとらイタッテ大真面目に考えてるのに

クイッとのんでサラサラと感想書いてるし・・・

Img_5510a


芋煮が出てきました

塩分利いてるけど旨いね~

Img_5511a



Img_5512a


ひやおろしとは・・・


それぞれの蔵さんは十月ごろより蔵入りし、酒造道具の整備や準備をし

春先まで造った酒の中で最も熟成した酒をタンクから汲み出す作業をします

これが秋出し一番として出荷されます

そのタンクから汲み出すことを“ひやのままおろす”それを“ひやおろし”となります

半年間、蔵の中で熟成させた状態が、ひやおろしってわけですね^^

今日二十四日は二十四節季の霜降

明日二十五日は十三夜

最近ではなかなか見られなくなった杉玉

酒蔵さんや酒屋さんの前に

青々とした杉の葉を束ねた杉玉が吊り下げられていたら

新酒があります。のしるしです。



杉玉 “酒林(さかばやし)”ともいい

神様への感謝の意味でもあるのです^^

2016年8月24日 (水)

酒呑童子はズラがお好き

『ひろさ~ん このタンク持って!』

『奥さんはこの瓶 持って!』

『わたしはこの瓶に注いでるから、そこを撮って!』

お兄さんがやってきて


パシャリ!



何だかよくわかりませんでしたが、全世界に発信されたようです^^;



Npyvkbn8zzrmgik1471831811_1471831_3



姐さんと酒呑童子を飲みながら、この日の反省会・・・



Img_5311z



今年に入って3~4回撮られているでしょうか・・・

こちらとしましてもプロ意識が出てきました

姐さん 『今度行くときは、ズラ持って行くよ!』


さすが我が家の酒呑童子さま

クオリティーの高い写真を撮っていただきましょう~♪

2016年7月20日 (水)

露と汗

むわ~っというか

じと~っというか

身体にまとわりつくような日本の湿度ですね



我が家の台所にはエアコンが無く、扇風機のみであります

夜ご飯の準備では、まずは缶ビールで喉を潤し

次であります

焼酎に向かうか、洋酒?

日本酒にワイン・・・優柔不断なので決めれないのですが

この日は即 決めました

前回、姐さんはいとも簡単に、月山の特別大吟醸を開封されまして

クイクイと飲んでおられました(ヲレ オカネダシタヒト^^;)

覚悟していただきましょう 姐さんが購入した

玉鋼 大吟醸

お先に開封させていただきました



さっすが大吟醸

とるっとるっで、甘く濃厚そのもの

Img_5175a


そそいだ口から露がまとわりつきますね

濃厚な日本酒ですと、アテをサッパリといただきたいものですね

飲みながら冷蔵庫を開けては閉め

ちょこちょこっとキュウリに塩昆布をまぶし パクリ

クイッと飲む

また開ける

おぉ シラスがあったぞ

シラスと刻んだ茗荷で クイッと・・・

開けたり閉めたり ガサゴソ・・・ガサゴソ・・・

見つけましたチーズ

チーズに柚子胡椒とマヨネーズを付け クイッと・・・

もうこのさい何でも美味しく感じます^^




暑い・・・扇風機からは温風が体にまとわりつくような微風

小から中にレベルアップだ


オデコと首筋は汗で濡れている

まるで冷酒入れの瓶のように

お酒をそそいだ口から露がまとわりつく感じだ


Img_5172aa



さぁ そろそろ夜ご飯の準備に取り掛からないとね



梅雨明けした夕刻にて^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

2016年6月 1日 (水)

あたいの好み

先日行った、某大型SCのリカーショップ

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-9836.html

顔見知りのソムリエさんにワインアドバイスをしていただき

チョイスしていただきました

まぁ お店で酔っぱらいながら

あーだ・・・こーだ・・・こぎゃんやつがいい・・・

なんて聞いていただいてるんで

だいたいの好みは知っておられるのですよ






“ワインは2000円を目安に”

ソムリエさんからご教授いただいた一線であります

どこまでがテーブルワインかは

財布の事情と相談しながらなのですが

一応ソムリエさんからのアドバイスですからね

ソコは守っております



わたし達の好みと値段をインプットされたソムリエさん

広いリカーショップの中からチョイスしていただきましたよ

テーマは

“酔っぱらい夫婦が2次会以降でうちの店に来て、

さっぱりとしててフルーティーなやつを飲ませろ!”

と言った時に出すワイン。がテーマです(笑)



『えっとですね~ コレならひろさんと姐さんの好みに合うかと^^』

SILENI(シレーニ)

SAUVIGNON BLANC(ソービニョン ブラン)

Img_4944a


いゃ~~~~~~~~~~~さっすが 本職

的確そのもの!

お店で出される“本日の白ワイン”って感じ~^^

飲んだ時は、アレ?うま味が少ない・・・と感じつつも

鼻から抜ける時はフルーティーこの上ない

ドライでフレッシュ~~~♪

こうなれば赤も飲んでみたいですね

赤はピノ・ノワール

JAL国際線 エグゼクティブクラスに搭載されているやつ

ピノ?ノワール?

そうだ!これからは教育界に進出する出雲のグルメ王

Shugoさんは飲んだのだろうか

たしか 飲んだ時に「ピノピノピノ・・・」と連呼していたおられた気がする ウンウン。



問題はうちの姐さんだ

『あたいは白しか飲まんの知っと~でしょ~が!』

う~~~ん 目に見えるようだ^^;

赤に合うアテだな

アテさえなんとかすりゃ~なんとかなる!

赤ワインといえば定番はお肉ですね

藤増のサーロインとかヒレ肉・・・キビシーーー!

ソムリエさんにもう一度聞きましょう

それが一番いいですね^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

より以前の記事一覧