外食

2017年2月 5日 (日)

ニボ輔のパツパツストレート麺

2月2日

「ご注文はお決まりですか?」

「ニボ輔下さい。」

「あっ・・・すいませ~ん 先ほど無くなったんですよ~^^;」

「ま・・・マジっすか・・・」

「申し訳ございません。」

「んじゃ・・・ 汁無し担々麺をお願いします。」




あ~残念・・・

ツイッターに“ニボ輔”ってネーミングで載ってたんで、ガッツリ食いついてしまった。

魚介系ってのはネーミングでわかるんだけど

ツイッターには“特注低加水パツパツの歯切れが良いストレート麺”

てなコトも書いてあるじゃないですか。

画像を見ると、濃厚魚介のトロトロスープのように見える。

ってことは、よくあるのが太麺か極太麺のちぢれ麺・・・

コテコテ好きの方にはたまりませんな~・・・なんだけど

パツパツの歯切れが良いストレート麺ときたもんだ。

予想に反して、ストレート麺って大いにそそります(^^ゞ

頭の中はそんなことでいっぱいでした。

でも今日はないんだ・・・




するとカウンター中の男性スタッフさん

「お客さん あと10分待っていただくと出来ると思うんですけど。」

と、わたしの顔と、ご自分の手元を交互に見ておられます。

おそらくスープの加減を見ての事なのでしょうか?

「マジっすか!あと10分でニボ輔いただけるんですか!」

「ハイ。だいたいあと10分くらいですけど。」

「ぜんぜん待ちますから ニボ輔ください^^」





きっかり10分後 着丼いたしました。

トロトロ系なんだけど、粗みじん切りの玉ねぎと三つ葉

これがまた実にイイ^^

口の中をリセットしてくれる役目を果たしているではありませんか。


Img_0181k

魚介系なんて大雑把な事を言いましたが、訂正します。

ニボシです^^

濃厚鶏スープとニボシの旨み、それとパツパツのストレート麺が合体すると




・・・こうなってしまいました^^;

Img_0186l


ラーメン篠寛さん ご馳走様でした。

スタッフさん。声掛けのお気遣い有難うございました^^

2017年1月31日 (火)

牛カツとプシュ!

画像を見ると最近“とらちゃん”へよく行っている。

昨夜?いやいや一昨日か。

姐さんは常会終わりで誰かと代官町に繰り出されている^^;

「ひろちゃん あたしが常会出るわ~^^」

ハ?・・・そりゃ~いいけどさ~^^;

常会が終わってから、新年会もあるのに・・・

それが終わってからの~タクシーで代官です。・・・まったくですわ。




“とらちゃん”のカウンターを陣取り語っていたらしい・・・

そんな“とらちゃん”の話を聞いていると

無性に食べたくなってきました。



牛カツ~

塩もいいけど、やっぱおじさんにはソースやね~^^

なかは生で、これがまた旨いのよ~

とんかつロースみたく脂っぽくないしさ

繊維縦に入ってるからサクサク嚙み切れちゃう。

衣のサクッと感が軽い

この軽い食感がカツとソースとあいまって牛肉の芳醇な香りと

肉の質感、肉のうまみを引き立たせてくれますね。


Img_0128a

只今、夜中の12:00前ですが

缶ビールの プシュ!をひたすら堪えております^^;

・・・すんません 開けてきました。

2017年1月30日 (月)

二つの赤

姐さんはもちろん陳麻婆豆腐ですが

姐さんの右隣の方とそのお相手

その隣の方とお相手も陳麻婆豆腐であります。

いっぺんに5人もの方が同じメニューを食べている(驚)



アツアツの豆腐に例の赤い魔術がたっぷりと絡ませてある。

ひと口食べれば虜になっちゃう一品ですね。

現に5人、現在やられちゃった人たちがいるわけですからね^^;

Img_0176zxc_2





ね。やられちゃいそうでしょ^^

Img_0176f



わたしは前回のパパ厨さんのサンラーにやられちゃいましたので

出雲のサンラーを確認すべく、辛ネギサンラーを発注です。



Img_0178f_2



もうね・・・書きません。



画像で判断してください^^



Img_0180z

出雲翠苑さん んまかった~~~happy01

ごちそうさまでした。

2017年1月24日 (火)

赤い魔術は囁く

22日(日)

松江の某デパート(言い方古いっすね)に行ってみました。

ある方にお会いできるんじゃないかと思いましたが・・・残念。

聞けばいいんですが、いかんせん人見知りが激しい性格ですからね

あっちに行ってはウロウロ

こっちに来てはキョロキョロ

傍から見ると、挙動不審もはなはだしい(笑)

今回はお会いできませんでしたが、ご縁あれば必ず・・・です^^





さて松江であります。

松江でお昼ご飯なんて、なかなかないですからね~

「姐さん 赤いやついっとく?」

「ウンウン 食べたい!」




姐さんの麻婆豆腐

旨いsign03


Img_0158a





わたくし発注のサンラータンメン

まず目に飛び込んできたのは、強烈な赤であります。

次いでふわ~っと香る香辛料(辛いような甘いような香り)

ひと口スープを啜ると・・・そんなに辛くはないな(一安心 ホッ)

麺を啜り、スープを啜り、熱々の麻婆丼をフーフーしながらいただいている。

サンラー・・・旨いぞ!

やがてジワジワジワーッとくる辛さ、ピリピリっとした痺れ

そんな中にも、どことなく甘さが隠れている。

鼻から抜ける香りが甘さを感じるんだろうか・・・

サラダを食べ、水を飲みながら口の中をリセットする。

麺を啜り、スープを啜る。

夢中で食べている。

オデコにじんわり汗をかいてきた。アツイ・・・

気が付くと鼻水がズルズルであります(笑)

そしてやっぱ・・・辛~い^^;




松江市末次本町

通称、京店商店街にあるパパ厨房 細木氏の作るサンラータンメンがコレだ!

Img_0159a

パパ厨房さん クセになるサンラー ご馳走様でした^^





出雲市天神町

通称、浜山通りにある出雲翠苑 吾郷氏の作る辛ネギサンラー

コイツも曲者中の曲者

無性に食べたくなる一麺であります。

Img_3390a1

どちらも赤い魔術。

一度味わえばまた・・・魔術は囁くことでしょう。

2017年1月22日 (日)

熟成したパイセン

出雲市はサンロード中町にあります、魚酒場 よしだ屋さん

新鮮な地魚を、最高に美味しくいただけるお店であります。



少し前に8kgか9kgの鰤が入り、真空熟成してから提供する。とのことでした。

この鰤ちゃんね^^

Photo


真空熟成って・・・イマイチ美味しさが不明であります・・・

ところが数日後、真空熟成の画像が載せられていました。(フェイスブックにね)

それがコレ・・・こりゃ~旨いに決まってますよね^^

Photo_2


無くなる前に行かねばなりません。

わたしと姐さんの休日が合う日はなく、このままでは美味しいところがいただけません。

かくなるうえは、平日に行くしかありません。



17日。

タクシーに乗り込み、いざ中町へ・・・



右から、ヒラメ 太刀魚 ヤガラ




Img_0126a

もうね、ヒラメぶりんぶりんで旨い。

太刀魚 噛めば噛むほどうま味がじゅわ~っと広がってきます。

ヤガラ 初めて食べたけど、これはこれで旨いね~^^

何で鰤食べてないかって?・・・後ほど。





次の鰤が入ってきたらしいけど、これも真空熟成させてからの提供とのこと。

9.5kgのグラマラス鰤ちゃんね。

Photo_3


でも、勤務上どう考えても行けない。

鰤 2本とも食べれないってことなのね トホホ。

23日ごろから熟成解禁だと思いますよ。




17日のわたしと、店長ヒデさんの会話。

わたし 「ヒデさ~ん お造りの美味しいところを頼んわ~」

ヒデさん 「はい!」

わたしと姐さんは、とーーーぜんのことながら

あの真空熟成の美味しい鰤ちゃんがいらっしゃるものだと

大いに期待しておりました。・・・が

ヒデさん わたしの顔を見て

「アッ 鰤 無くなったわ~^^;」

「えっ いつ?」

「昨日 無くなってしまって~」

「あ~そう・・・残念だな~」

「昨日 パイセンが来て『こりゃ~まい(旨い)わ~』ってパクパク食べとらいたわ^^;」

で、無くなったそうな・・・




パイセ~ン (੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ウウ。



Photo_4

パイセン 熟成中ナリ




*画像はよしだ屋さんに許可を頂いておりますm(_ _"m)

2017年1月 6日 (金)

画像を載せ、体重を乗せ

外食が好きです^^

チョコチョコと食べに行っては写真を撮り、ブログに載っけているのですが

別ネタを書いたりして、更新が遅れてしまうものが多々あります。

このままでは永遠に個人のPCデータとして

ひとり深夜、ほくそ笑みながら「旨かったな~^^」

なんてニヤニヤしているだけで終わってしまう。

なんて可哀想な画像たち・・・



なので、ここ1~2か月の紹介しきれなかった外食たちを載せます。

あえてどこそこのお店の、何々とは書きませんので

想像を最大限に膨らませて下さいませ。(店名入りの画像もあります^^;)




ふわっふわの卵でしたね~

五目御飯との相性が抜群です。

Img_5710a






名古屋コーチンのスープらーめんです。

隠れた名店(笑)

Img_5892a


ちゃんぽんです。

旨いんだな~これが^^

Img_5877a



鍋焼きうどん

寒い時にはこれが一番!温まります。

Img_5712a


蕎麦屋さんなのに半数くらいの人が食べてるラーメン。

なぜかカツ丼セットは外せない ヲレのルーティーン(^^;

Img_5669a


塩。

透明系のスッキリスープが好きです。

メンマの長さは他の追従を許さない!

Img_5986a


餃子に担々麺に炒飯

ヲレは学生か!

Img_5983a


ピリ辛の赤みそスープ

黒にしたかったんだけど、お正月はやってないんだって。

Img_6033a

最初のちゃんぽんとは、お店が違うちゃんぽんです。

これは太麺ね。

初めて食べたけど旨い^^


Img_6012a_2




年末年始の暴飲暴食で、体重計とは距離を置いていましたが

無視をすればするほど

「ホレ ノッテミ」

と、挑発してくる四角いヤツ

恐る恐るつま先からゆっくりと体重をかけ、片足を乗っける。

どうしよう・・・やめようか・・・

デジタルの数値はピコピコと動き「ハヨ ノセンカイ!」とせかしている。

超ゆ~っくりともう片方の足を乗せ、左右の足に均等に体重をかけた。

ドキドキの瞬間である。

ピコピコのデジタルはピタっと止まった。



なんだ~ぜむぜむ普通じゃん^^

安心しているのもつかの間。

ピッピッピッと軽やかな電子音の後に表示される驚愕の体脂肪率。



( ̄□ ̄;)!!

本日から3日間、食い倒れの街 大阪に行ってきます。

2016年12月19日 (月)

柔らかいコシ

「姐さん、温かい蕎麦でも食べに行こうか^^」

「いんや!うどんがいい」

やっぱね。

お蕎麦はもちろん美味しいんだけど、最近なぜかうどんに行っちゃうんだよね^^

最初食べた時は二人とも 「なんじゃこりゃ?」って思ったけど

食べるにつれ、ジワジワとその旨さが伝わって来た。



醤油を使わない出汁って、マジ凄いと思う。

甘味を感じるしね^^

それとあのうどんのコシ。

大手チェーン店のコシとは全くの別物。

だいたい出雲人って(うちらもですけど)

固いうどんが“コシが強い”ってイメージですよね。

これが根底から覆っちゃうんだから凄いよね。(わたしと姐さんは覆ったし^^;)

食べれば食べるほどファンになっちまう^^;

うどん嫌いの姐さんがリピートしちゃうんだから間違いないっしょ。




卵となめこのうどん

ふわっふわの溶き卵になめこ。

さっむ~い時には温まるよ^^

Img_5941z

お腹に溜めたい時は、揚げ餅ね。

お餅の衣に、うどんのお出汁が浸み込んで

明石焼きみたくなって・・・これがまた旨いんだ~♪




ラピタ本店敷地内にあります、そば処あごうさん。

温まる一杯でした。 ご馳走様でした^^

2016年12月 6日 (火)

HERAさん まいどっ!

わたくし、外食関係のコトが気になり、どこにどんなお店がオープンするとか

あそこのメニューのアレはツボに入るらしいとか

裏メニューがあるとの噂とか

いやいやオーナーが凄いらしいとか

あらゆる情報(ガセネタ込み(笑)が入り乱れ

結局は自分が突入体験せねば、何も納得がいかない性分なのですね^^;





そんなこんなで今どきの情報源であります、SNSを活用しております。

手っ取り早いのが、お店のフェイスブックであります。

だいたいお店のフェイスブックであれば、誰でも見れるように設定してあるので、

そのお店のリアルタイムの情報が拝見でき

今日の席数の空きであったり、今日のお勧めであったり

お客様が得をするような情報が所々に散りばめられていますね^^





さぁ チェックしましたよ~。

出雲は農道沿い(三中)北側にあります

広島焼きHERAさん

農道沿いにある、怪しげな黒い館であります。

オープンして12年だったか・・・たしか

いつの間にか、出雲のHERAさんで通用するようになりましたよね^^

わたくしも友達と話をしていても、みなさんチョコチョコと通っておいでです。

中には超がつくほどのマニアな方もおいでで、(徳ちゃん^^)

週2?週3くらい通ってお出での方もいらっしゃいます。





そんな広島焼きHERAさんにお邪魔しました。

本日のツレはふーみんであります。

仁多だか横田だか吉田だか掛合だか知りませんが、田舎の子です。

田舎の子なんで、聞いてみると、無論HERAさん初体験でアリ

お好み焼きのそば入り、と言っても「ふ~ん」としか言いようがない^^;

この出雲ではアパートで独り暮らしをはじめて一年目でしょうか

ようやく出雲の地理も分かりはじめた二十歳の男の子。





田舎の子には先制パンチが必要です。

まずは、ネギ塩カルビを軽くチョイスし、動きを伺ってみた。

ふーみん、黒縁メガネに手をかけ

目を大きく見開き、上下左右にきょろきょろしているようです。

この時は、情報量が多すぎて何をどう対処していいいのか

いわゆる“きょどる”感じです。

わたしが、「食べていいよ」この一言で、パクパクしだした。

「どや?うまいだろ~^^」

「めっちゃ旨いっす~^^」

HERAさんのネギ塩カルビはわたくし、毎回発注しており間違いない美味しさ^^

Shugoさんお勧めのぐつぐつホルモンや、牛すじポンも

私の中でのサイドオーダー三兄弟なのです。

田舎の子にそんなにいっぺんに食わせても、なんですから

徐々にです^^;




Img_5879z


鉄板の上でキャベツ・牛カルビを焼き、アルミホイルの上に乗せるんです

もちろん軽く塩コショウ

その上から怪しい(コレが旨い!)タレをシャシャシャシャシャっと掛けるマスター。

全体にネギを振り撒き、ゴマを振り撒いて

「ハイ。お待ちどうさま^^」とマスターが目の前にススッと滑らせてくる。

ネギ塩の香りが ぷ~~~ん ( ̄ ^_ ̄*)...いい匂い

Img_5879ccc


うまうまなネギ塩カルビをハフハフしながら突っついていると

目の前では、マスターの華麗なるヘラ捌きが見れるわけですよ。

もう、田舎の子は大きく目を見開き、マスターの一挙手一投足を追っていますね。

そんな見られている状況は把握しているのに、マスター・・・芸がナイ

ふつう、ここまで観てたらするでしょなんか!

ヘラをくるくる回すとか、麺を空中に放り上げるとか・・・

ボケてきなところだと、鉄板を直手で温度管理して「ゥアッチ!」みたいな。

と、勝手に妄想してしまいました(笑)






ふーみん発注は定番 HERA焼きそば

わたしの発注は最近の定番、ネギ焼うどんのハーフ

Img_5880zzzxc


ちょっと大きめのネギとしっかり煮込んである牛すじとこんにゃく

(鉄板の上の寸胴で、コトコトコトコト煮込んであるんですよ)

その煮込み汁とうどんですようどん、個人的にちょうど半玉くらいがベストな汁焼き加減。

香ばしく香るすじとネギの匂い、そこにソースだよ^^

ちょっと垂れたソースが焦げるのね・・・いやいやたまらんでそ♪

Img_5881q_2


Img_5880aqw


なんとHERAさんのフェイスブックを拝見したら、TV取材があったんだと(驚)

山陰放送 12/10土曜日 朝9:25~放送の まいどっ!って番組です。

この番組って山陰両県の旬なお店とか

話題のお店、季節ごとの特集的な情報なんだけど

出雲ってイオンモールの中のショップとか、たま~に個人のお店に取材くらいで

ほとんどが、松江より東(米子~鳥取)が圧倒的に多い。

今回は、冬に食べたい!ぽかぽかグルメと銘打ち

なんと!出雲のHERAさんに取材されたと聞きます。

http://www.bss.jp/mydo/

サイトを開けると・・・

このファイヤー飯・・・松江のあそこでしょ~パパさん的な^^

12101

HERAさんでの収録はこんな感じ・・・

15202689_736148203204883_1403405097

15317936_736148159871554_3353907271


奥から田中友香理さん・山田アナ・出雲市出身の阿部樹里さん

15241824_736148153204888_7276148152



詳しくは広島鉄板焼き HERAさんのフェイスブックをご覧になってくださいね^^

https://www.facebook.com/hera.okonomiyaki

最近、出雲のお店がちょいちょい紹介されていることを

とっても嬉しく思います。

取材が来るってことは、局の方もいろいろ調べてて

美味しいとか、おしゃれとか、奇抜なとか、様々な角度から見て決定されてると思う。

落選するお店も当然あるわけだし、紹介されれば紹介されたで

一見さんが多く来店されるわけで

某食べ〇〇や、ツイッター、フェイスブックをはじめとするSNSで当然ながら拡散される。

味がどうだ、お店の雰囲気がどうだ、トイレのキレイさは?

メニューの量は?駐車場は狭くはないか?スタッフの応対はどうだ?

あらゆるものに採点を付け、ランキングや評価をぶち上げている。

その評価点を見て行く店、行かない店を決めている・・・

悲しいかな諸君。

これが日本人の多くの人の“他人との比較現象”である。

その作られた点数も、付けた人の点数であって、自分のものではない。

評価なぞは、あくまで個人個人の感性によって決まるものであって

他人の付けた評価で判断し、お店に行き

更にあーだ こーだと評価をしている。

(まぁ そういう人達はそういう人達でグループになってるんだけどね)




見て見ろ田舎の子(ふーみん)を

もっさもっさ食いながら 「旨いっす」を連呼しているぞ。

本来 これだろ 食うって。

比較しながら、考えながら、醤油はどうだ?ソースはどうだ?

お店の雰囲気はどうなんだ?

頭使いながら食ったって、胃が喜ぶはずないもんね。

身体が喜ぶはずないもんね。




次の土曜日は10:00頃に帰るんで、録画でHERAさんを拝見します。

ソースが焼ける映像が出たらどうしよう・・・

ふーみんと行っちゃうかも^^;

2016年11月27日 (日)

完全燃焼の夜

男子たるもの、時にはガツンとやらねばならない。

そんな予感がしないわけでもなかったのだが・・・^^;

「ひろさ~ん 今度飲みに行きましょう^^」

「ええよ^^」

話しはトントン拍子で決まるんですね。

お互い引きあうものがあったんでしょうか。

まさかあんなことになろうとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






「んじゃぁ 早めに引き上げるってことで・・・16:00に集合しますか^^」

この日は深夜勤務明けで、ちょい残業や何やかやで11:00に仮眠しました。

14:30起床しまして、シャワーを浴びて16:00 きっかりに到着です。





出雲サンロード中町にある、うお酒場 よしだ屋さんにて

下心満載のおじさん二名は(この時は予想だにしなかった)

ヨコワとクエのお造りをパクパクしながら、戦の準備をしているのでした。



Img_5751d




2次会は、旧扇町商店街に新規オープンされた

わら焼き さとうさん

Img_5755d


ここのお店でまさかの再会がありました(驚)

わたしじゃないんですけど、ツレであります。

「おぉ!」

「あぁ!」

これもまた偶然なのか、必然なのか、ご縁なのか・・・

しばしの説教タイム(笑)

ツレの真剣さがひしひしと伝わってきまして

ちょっと見直した感じ

お酒も入ってるし、直球攻撃も的確にツボを捉えている。

但し、一言言いたい。

どの口が言っとんじゃ~~~~~(笑)



さて、わら焼き さとうさん ご新規のお店です。

どど~んと顔出しでいきましょう^^


Img_5777d


かなり酔いが回り始めツレの食欲はさらに増し

「赤酢の鮨が食べたい」ってなことで、鮨 とみたさんへ行く。

Img_5778d


こはだ 旨いね~^^

ちなみに左が赤酢で、右が通常のやつね。

ふだんはなかなか赤酢の鮨なんて食べられないけど

この企画(いつまでやってるかわかんないけど)イイよな~



Img_5787d

お腹もいっぱいになり、酔いも十分過ぎるくらい回って来たのに

アホなおじさん達は「もう一軒いこー!」とシュプレヒコールを上げるのでした。

いや少なくともわたしは上げてない!

きっとツレに強制的に上げさせられ

強制的に連行されたに違いない!

気が付くとモエ(シャンパン)が置いてあるじゃないか(驚)

“ここら辺りから記憶に乏しい”

わたしがドンペリドンペリと騒ぎ、出て来たとか・・・言ってたような

いやいやツレだ!やつの発注に違いない。

伝票はどうしたんだ?

割ったのか?

知らんぞ^^;

Img_5790d







そして目の前には・・・オネエさんが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プツッ・・・・・・・・・・・・・

回れ~回れ~メリーゴーランド♪

Img_5789dz







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




わたしの記憶はほぼほぼここまでです。

モエのオネエさんとこが4軒目でしょ・・・

二日酔いの朝、ツレに電話して確認すると

どうやら6軒もいったらしい。

あぁ・・・やっちまった

あんまり見たくないけど、一応カメラの画像確認をしてみよう。




そこにはとんでもない映像が!

写真じゃないの?

ハイ。どうやら写真と映像が撮れる設定にしてあったようです。

(もちろんリアルに動くツレもバッチリ)

もうね 速攻で削除ですよ 速攻で!

削除・・・削除・・・削除・・・ん?

6軒だったよな・・・

なにこの店(このオネエちゃん)?・・・ナンカ オボエガアルゾ^^

7軒行ったんじゃね~の?

夕方 ツレに再確認してみると・・・




確定しました。 7軒制覇(失笑ダワ)




ツレとは紳士協定が結んであるので、大丈夫。

ナニが大丈夫なんだよ!って話しだよな(^^ゞ

信用ないな~この顔^^;

Mgcthxdlglqre2y1480192034_148019226


姐さんもツレと出る時点で、うすうす感づいているとは思うけど

詰めのところまで聴いてこないのが不気味だ カタカタカタカタ



姐さんとの有事の際は、男子諸君の清き一票が唯一の助けになります。






それにしても楽しかった・・・と思う。

気力・体力・金銭力 完全燃焼の夜に乾杯(完敗)だわ。

2016年11月21日 (月)

さつま揚げ 好いちょっど

どうしたもんだろう・・・この忙しさは^^;

に、加え 風邪 コホンコホン

まっ 忙しいってことは有難いことで、感謝しなければなりませんね。

(風邪 流行ってます。最初はのどがいがらっぽくなって、次が咳のようです)



そんなコホンコホンしながらでも、姐さんとの約束は守らなければなりません。

会議というか・・・ミーティングというか・・・今後の打ち合わせというか

今年の内に片付けなければならないことであります。

年末までに7回の忘年会をいかにねじ込むか。

フフフ しかも姐さんとの忘年会です(笑)

笑っちゃうでしょ^^

お前ら夫婦、家飲み忘年会でじゅうぶんだろ!

(U_U。)( 。U_U)イヤイヤ

うちの姐さんはとっても酒飲みなのです。

そして義理堅いのです。

あそこの店に行かねば年を越せない

どこそこの店にも行かねばなるまい

あそこも行かねば・・・あそこもあった

あのね キミね

キミはさ わーわー言って飲んでりゃいいけどさ

タクシー代とか飲み代とかさ 全部ヲレが・・・

ま いいわ 愛してるから ヘヘヘ




かんぱ~い^^

鹿児島料理っちゃ~さつま揚げでしょ。

ヤバっ 旨いけど^^

地元出雲にも“てんぷら”ってのがあるけどアレとは違いますね。

県内外の方も見て下さってるので、少し説明を・・・

出雲での“てんぷら”はさつま揚げのコトで、“天婦羅”とは違います。

てんぷらは天婦羅じゃね~のか?

なぜ、出雲ではさつま揚げをてんぷらと言うのか・・・ハハハ 知りません。

どなたか調べてみて下さい。

Img_5730s_2




居並ぶ鹿児島料理を片っ端から食い漁り、冷酒で堪能することにする。

なんと嬉しいじゃないか。

冷酒の飲み比べができる^^

A・B・Cとかグループが作ってあって、その中の数種類をチョイスできる仕組みデス。

こりゃ~飲み助にはたまらんシステム♪

八海山 出雲富士 ヤマサン正宗を発注

イイねを連打したくなる心境ですわ。

Img_5737s





食べました~

飲みました~

にもかかわらず、最後のしめにもう一回さつま揚げを発注しました。

だって旨いんだもん^^

姐さんも「最後に何食べる?」って聞いたら

「さつま揚げ」だって。

てんぷらは2回リクエストしないけど、さつま揚げはアリだな^^


さつま揚げ 好いちょっど (*v.v)。ポッ


Img_5742s_2




鹿児島郷土料理 かのやさん

http://www.tonkatsu-kanoya.jp/

何かとお気遣いいただき、有難うございました。

とっても美味しかったです。

ご馳走様でした^^



Img_5740s_2

マネージャーさん 今度一緒に飲みましょう^^

より以前の記事一覧