外食

2017年6月15日 (木)

忘れないよ

Shugoおじさんが“備忘録”として、食したランチをブログにアップされていた。



ご自身のブログを参考にされ、お店に出向かれている方からのコメントに驚かれ

写してはいるんだけど、載せていない写真もあり

このままでは料理の写真がかわいそう・・・と思われ載せておられる フムフム



ヲレって全部載せてる?

いや何枚かは載せてないような・・・

ちょっと調べてみると・・・アッチャー けっこう載せてないわ

わたしのブログにも「参考にしてます^^」って

コメント下さる方もおられるので、載せないわけにはイケません。

と、いうことで 全部ではありませんが(全部載せると時間が・・・)

一部抜粋してお届けします^^




丸源ラーメンさん

期間限定で出ていた 丸源担々麺 白ごま担々麺 麻辣担々麺と三種類あり

条件反射で赤いほう(麻辣)を発注してしまうわたし・・・

来年も出るだろうけど赤を食べるんだろうな(^^;

Img_0122z

頑固一徹塩ラーメンさんのキムチラーメン

この日は二日酔いだったような・・・

二日酔いにはかかせない塩分・水分・炭水化物

それとキムチの刺激

この程度の二日酔いで良かったと実感 ウンウン

Img_0172z



風月庵さんのラーメン・かつ丼セット

カロリー引き受けます^^

Img_5669az


同じく風月庵さんのたまごうどんと五目御飯

五目御飯がサイコーに美味しく、特にうどんとのコラボは秀逸

Img_5710az



中華食堂一番さん

担々麺の両脇を固める炒飯と餃子

ヲレは高校生か!

Img_5983az


同じく中華食堂一番さんのちゃんぽん

スープ完飲派です

Img_6012az


らーめん海さんのキララレッド

ちょい辛赤味噌 赤マー油

いっつもキララブラックとの葛藤があるが、毎回キララレッドの勝ち

Img_6033az


そば処喜多縁さんの天丼

喜多縁さんにお願いがあります

ミニ天丼と蕎麦のセットをお願いします・・・天丼ファンなもので


Img_6145z


風月庵さんのラーメン定食

お客さんの半数くらいはラーメン定食じゃないのかな?

大昔っからの超人気ラーメン

ピンクのパンツがオサレ感を醸し出している(笑)

Img_6152z


イオン出雲店 金久右衛門さん 大阪ブラック

濃い目の醤油ラーメンかな・・・

できれば もう少しパンチ力がふぉすいです

ベロが過激さを求めている年頃なのか!

Img_6163z


とらちゃんの愛情がこぼれる過ぎる生中~~^^

Img_6169z


三代目麺と人さん 味噌麺と炙り叉焼丼のセッティング

出雲で最強の濃厚どろどろ系らーめんだと思います

強烈な太麺に絡みつく魚介系スープ

うず高く積まれたきざみ海苔の下には

炙り叉焼とこれまた濃厚なタレがしみ込んだ白飯

角煮味噌麺かレアチャーシュー麺にしてたらヲレは負けていた・・・

Img_6353kkz


広島鉄板焼 HERAさんで毎回発注してしまう ねぎ塩カルビ

職場の若手も大絶賛

「ひろさん うまいっすわ^^」

その一言に「そうかい ホレこれも食べな」

・・・一枚しか食ってないヲレ・・・エライ

Img_6485z


同じくHERAさん ねぎ焼 そばのハーフ

もはやわたしの中では金字塔を打ち立てた逸品

そばかうどん、どちらかを選んで

ねぎ・こんにゃく・牛筋を鉄板でジュージューする(してもらう)・・・ゴクリ

マスターの華麗なヘラ捌きをガン見できるカウンターがお薦めですが

座敷からでも十分堪能できます。

ご家族やお友達で行かれた際は

全員でマスターの一挙手一投足を、テニスの観客席のごとく

右へ左へとご覧ください。

百戦錬磨のマスターですから、決して緊張されることがなく

次から次へと焼いて焼いて焼きまくられます^^


Img_6487z

以上 備忘録でした。

Shugoおじさんは今日もランチするだろな~

んじゃ ヲ~レもっと^^

2017年6月13日 (火)

出雲そば うまいぞ

6月10日(土) この日は暑かった!

いつものひとりランチです。

そばだな^^




ラピタ本店敷地内にあるそば処あごうさんへ行ってみました。

いつもお昼前後で満員御礼なのですが

この日はなぜかカウンター貸し切り

おぉ こんなことは初めてです。

と、思ったのは束の間・・・すぐにお客様が次から次へと・・・ヤッパネ(^^;



そば定食(本日は冷たいそばで、かき揚げ丼)をチョイス


茹で上がったおそばを、ご主人が冷水で洗いながらしめる

ここ あごうさんのカウンターでは

ご主人の手仕事が目の前で見えるのが嬉しい^^



「お待ちどうさまです。そば定食です^^」

目に飛び込んできたのはつやっつやのおそば

出雲人は見慣れている黒いおそばなんだけど

都会の人から見ると、かなり黒く見えるらしいですね。



つやつやしてて、いかにものど越しが“よさげ”




そば定食のご飯は

かき揚げ丼のほかに、とろろご飯か五目御飯が選べます。

迷うところですが、ここのかき揚げは外せない逸品

そしてかき揚げ丼の向こうにお漬物がありますが

これまたいい塩梅

そば湯もとろとろ系で、これにお出しをツツツーっと入れ

お箸でくるくるっと混ぜていただく・・・

ごくりと飲んだ瞬間 お出しの香りが鼻から抜ける フワー^^




出雲そばにかき揚げ丼・漬物に蕎麦湯

どれを取っても、決して手抜きのないクオリティーがそこにある。



そば処あごうさん ご馳走様でした^^



出雲そば うまいぞ!





Dsc00091zz

2017年6月11日 (日)

追いかける飯

汁なし担々麺がスキです

白ご飯も同時発注しております

Dsc00063z



ぐわ~っと混ぜて混ぜて混ぜまくってからいただきます

これに黄身なんかを同時ブレンドすると

カルボナーラか、かま玉みたくなりますね

白ご飯にはまだ手を付けません


Dsc00067zz



ひとしきり食べると

数本の掴みきれなかった麺と

肉味噌 ネギ もやしの残骸が残ります

このタイミングで白ご飯をダイブさせます

この時、周りの視線を感じることでしょう

「まぁ なんて下品な食べ方」って(^^;

そんなことはお構いなしデス。

お箸とレンゲを使い、わっしわっしとブレンド開始するのです

白ご飯は器の周りに広がり、きちゃなくなって行きます

その広がりを、お箸かレンゲで中央へ・・・中央へと寄せていきます

個人的にはお箸派です(美しく寄せられる気がする(^^;)



Dsc00068zzz





追い飯なのにわたしが追っているではないか・・・むしろ全力で

そう 全力で追いかけるくらいうまいノダ^^

ここ篠寛さんや出雲翠苑さん、しろくさんには汁なし系があるけど

追い飯ユーザーを見たことがない・・・

炭水化物に追い打ちをかける追い飯は

体重が気になる方には天敵かと思いますが

いっぺん食ってみ! んまいから^^

そしてなるべく中央に、こんもりと美しく が基本です。

Dsc00069z


しまったな~


白飯大にすればよかった

も少し追いかけたい気分だわ(-_-;)

2017年6月 6日 (火)

五感に訴える見た目

料理は見た目が肝心です。(だと思う)



「お待ちどうさま^^」

そっと目の前に置かれた真っ白な器。

一瞬にして目を奪われる赤。

そして豆腐の白がグラデーションの如く赤い色に吸い込まれていく。

その役目を引き受けているのがミンチ肉と真っ赤なラー油だ。

黒い豆鼓もところどころに存在感を醸し出している。

真ん中には小葱の緑がアクセントとなって全体を引き締める。

豆腐のふんわり感が視覚から伝わってくる逸品だ。



Dsc00048c


姐さんの大好物、出雲翠苑さんの陳麻婆豆腐。

姐さんはこの一品を食べ始めて何年になるだろうか・・・

何年もこれしか食べないから、店長の微妙な匙加減も一匙瞭然(笑)

「何だろう・・・何かが違う・・・」

姐さん曰く、 やりやがったな的な一撃がない・・・と。

(姐さんの舌がアホになった可能性もアリ)

個人的には あの鋭角的に尖った感じの陳さんが好みのようだ。

・・・でも 旨い^^

Dsc00048zzz


さてわたくしはサンラー・マーラー・汁なし・冷やしと毎回悩んでいますが

この日は“冷やし”でいきました。

冷やし担々麺のセットであります。

冷やし担々麺にルーロー飯と唐揚げ(2個)

現在わたしの中での最強タッグチーム!

わたしが頼んだ後にもどんどん注文が入っています。

ちなみに、職場の若手もこのセットがお気に入りのようです。

見た目にもキレイで食欲をそそること間違いなし^^

ほぼ同時に隣の女性にもこのセットが運ばれてきました。

わたしより先にぜ~~~んぶ平らげてしまわれました。

ビジュアル うんまそ~でしょ^^

Dsc00047bb





びっりしたー!

背後から 「コレ!」 と言って

モニョモニョモニョッと料理名を言い残し、ノッシ ノッシと帰っていく店長。

新玉ねぎとクリームコーンの春巻き

それとXO醤(ズッキーニに乗っているようだ)

真っ白なお皿に乗っかっているそれは美しすぎる・・・



辛みのない、どちらかというと甘くて柔らかい新玉ねぎとコーンのコラボだ。

春巻きの断面はあくまで白く、クリームはとろけ出す一歩手前で

黄色いコーンの粒が見える。

そのクリームをしっかりと包んでいるのが春巻きの皮。

折りたたんである端は、こんがりと濃い目のきつね色で

中心に向かうほど色は薄くなっている。

見た目にもパリッと感が出ていて

早くパリッと感を味わえ!と言っているようだ。

早速いただくとする。

パリッ!

おぉぉぉぉぉ 甘い!

素材本来の甘い味が口の中いっぱいに広がっていく。

春巻きの香ばしさと甘さがグラデーションとなっている逸品だ。




Dsc00052a


最初 きゅうりかと思っていましたが、ズッキーニのようです。

ズッキーニの上に乗っかっているのがXO醤。

わたくし、XO醤自体が何者なのかよくわかりませんでした。

醤っちゅうくらいだからペースト状のものであるということくらい。

初体験と言っても過言ではありません(^^;



ちょいとつまんで口の中へ放り込む・・・



うわっ!ヤバ!

濃厚なエキスがジュワーっと・・・噛めば噛むほどジュワーっと出てきます。

干しエビと干し貝柱のエキスですね。

生姜と大蒜?

唐辛子もチラチラと感じます。

これ何にでも合わせてみたくなりますね。

白ご飯でもイケるし、冷ややっことか、バケットなんかにも合う。

生野菜や蒸し鶏に茹で豚・・・あーよだれが・・・

姐さんも大満足!

「あ~ビールが飲みたくなるわ^^」

貝柱とエビのエキスって凄いですね

干してあるから味が濃縮してるんですね

見た目では想像もつかない味でした。

やっぱビジュアルは想像力を掻き立てられますね^^




Dsc00055k


出雲翠苑さん ご馳走様でした。

何かとお気遣いまでしていただき、有難うございます^^






料理って素晴らしい

見た目からは想像できる味

想像もできない味

食べてから、予想を裏切る味(いい意味でね)

甘く感じる・・・辛く感じる

マイルドな味・・・尖った味

突き抜けた味!



目で見て、一瞬にして脳に伝達され

条件反射の如くよだれが・・・^^

お腹がぎゅるぎゅると鳴り出しちゃう

口の中には唾がどんどん溜まり ゴクリと飲んじゃう

あー早く来ないかな 早く来い・・・

キター!・・・って隣かよ・・・

次だ次。

おしおし 来たぞ来たぞ~^^


Dsc00055f

御年六十うん歳の店長は

ご自分の息子のような中華の若手に教えを請い

自ら料理教室ではレシピを完全公開しているとのこと。



ご自分の技を教え、新たな手法を習得し常に新しいものを追い求める。

昔から歴史は新しいものから学び、それに近づこうとして進化成長してきました。

進化しないものは衰退していき、やがて滅びるとまで言われています。

本で読んだことがあるのですが

どんなに大昔からある老舗のお店(和菓子屋さんとか料理屋さん)

看板商品はその時代時代に合わせ、庶民に受け入れられるよう

少しづつ変えて行くのだといいます。



見て 聞いて 触って 味わって 香りや匂いを感じ

五感に訴えかける料理は素晴らしいと思いますよ^^

1日3回も食べるんだからね。

毎回凄いものは食べれないけど

時々はプロの料理をいただきながら、新しいものを身体に入れましょう。

人間は生きているものを身体に取り込む動物だから。

そして感動までもいただいちゃえば、ちょっとは進化するんじゃないかな^^




最後に

出雲翠苑さんに行くと、時々店長さんがノッシ ノッシと出ておられます。

ぜひ声を掛けてあげてください。

褒めると伸びるタイプと言っておられましたので^^


店長の見た目は、とっても渋くこんな感じですが・・・

Img_5708zz







本来の姿は・・・


9algbjairmoxo041496666087_149666650


見た目と違って 予想を遥かに裏切ります(笑)

2017年5月27日 (土)

丸鶏贅沢スープ 本仕込み生返し醤油そば

「お待ちどう様でした^^」

「はい 有難うございます^^」

「丸鶏の贅沢スープ 本仕込み生返し醤油そばになります^^」

平仮名にすると全部で27文字

今度の創作ラーメンは、何とも長いネーミングではありますが

そのネーミングの中にキーワードが満載。

丸鶏 贅沢スープ 生返し 醤油 そば・・・う~ん

直球ど真ん中の醤油そば(ラーメン)推し!でしょう^^





ビジュアルです。

スープは醤油色ですが透明感があり、スープ内の麺もキレイに見えます。

表面にキレイな鶏油がツヤツヤに浮いています。

メンマの代わりに竹の子?

シッカリとした歯ごたえにメンマ独特の味ではなく(当たり前ですが)

竹の子の味と風味 オイシイ^^

ネギは小ネギと白ネギの青い部分かな?2種類が散らしてあり

二つの食感と香りを楽しめ・・・ん?

はは~ん ミツ葉の刻みも入っていますね。

ミツ葉の爽やかな香りが鶏油をリセットしてくれる心遣い。

2種類のチャーシューは、右が普通のチャーシュー

普通っていっても、ここのお店の定番チャーシューとは別物で

このそばに合わせて作られたチャーシューですね。

すごく上品で、醤油に合っています。

左のチャーシューはレアチャーシューのようです。

肉の中心に向かい、レア度が増しているのがわかります。

脂身は少ないようなので・・・肩?

嚙むとうっすら・・・香草の香りが・・・いいですね~^^

麺はツルっツルのストレート麺で、スープとの相性が抜群です。

これをチャーハンと合わせる。

ラーメン→水→チャーハン→水→スープ→水→ラーメン→水→チャーシュー→水・・・

口の中を常にリセットし直し全ての味・香りを堪能~🎶





今まで食べてきた醤油そば(ラーメン)の中でベスト3(・・・イヤ 1位かも)

くらいの美味しさでした。

と、個人的な感想を述べてみましたが・・・

如何せん・・・期間限定の創作ラーメン


Img_6581d



25日の画像ではありますが、今日は27日。

既に終わっている可能性も無きにしも非ず。



もう一度・・・もう二度 三度食べた~い。

次回いった時、復活するか聞いてみましょう。




游食 空海さん 美味しかったです。

ご馳走様でした^^

2017年5月 3日 (水)

真赤な心を冷やしましょう

毎年 ゴールデンウイーク前に始まります。



“冷やし担々麺始めました。”

出雲翠苑さん 夏の定番である冷やし担々麺

今年も始まってます^^


最近は冷やし担々麺と、ルーロー飯・鶏のから揚げセットが大人気で

腹ペコ出雲人には大助かりの一品です。



ここで歴代の冷やし担々麺達を紹介してみよう。

2014年式

2014

2015年式

2015


2016年式

2016


そして 2017年式冷やし担々麺

2017


年によりビジュアルが変化してきています。

今年の冷やし担々麺はいかがですか♪



わたしの知り合いの女の子(笑)

冷やし担々麺の大ファンでして、毎年この時期を楽しみにしています。

正確には冷やし担々麺だけでなく

辛ネギ・マーラー・汁無しと、わたしのローテーションと大被りの女子。

最初はわけがわからない娘で、生き方自体が理解できなかった・・・

お前は絶対間違ってる!いいか!そもそもだな・・・

と、人間的に認めなかった・・・というのが正しい。

人間的にっていうと大げさかもしれないが、ホント マジで。

ところが・・・最近では、ちょっとカワイイじゃん^^

その辺にいる“らしくない女子”と比べると ぜむぜむよい。

とまで思うようになった。

なかなかの逸材だと思ふ。

姐さんも気になるようで、定期的に報告は上げているが

今度姐さんと一緒に飲んでみようかとも考えている。




たしか翠苑さんのご主人が言っておられた・・・

わけありの男女がコッソリと食べにくる四川料理店が僕の夢です・・・トカ。

毎年変化している冷やし担々麺

わたしの心も変化しているようです。

真赤なスープで冷やしましょうか^^;





ちなみに、冷やし豚しゃぶサンラーも好きです^^(2016年式)

2016_2

2017年4月23日 (日)

プチ 旅

「今夜は鉄板の前でアツアツ単品を頬張りながら、しめでネギ焼ハーフでどう?」

「ソレ いいね~^^」

タクシーでひとっ走りの料金はかかるけど、いいじゃん たまには。

しかし タクシーがない・・・

しかたなく徒歩で出雲市駅に向かうことにする。




・・・ヘルニアが痛いんですけど^^;



Img_6362z

夕闇迫る町内界隈から、なるべく民家のある通りを流す。

ここのお宅は車が4台・・・最低でも4人家族

にぎやかな声のする家・・・子供が遊んでますね

カレーの匂いが漂ってきました・・・匂いの発生家はこちら(お腹が空いてきた~)

家の中が真っ暗・・・ご帰宅はまだのようですね

ひろ~い土地に平屋・・・けっこう豪華なお宅ですね・・・レクサスが停まってますよ。

と、人様の家を拝見しながら、勝手にどんなお宅なのかを妄想しているうちに

出雲市駅南口着。

Img_6365z



むむむ・・・タクシーがない・・・

こんな事って あるんですね。

こうなれば鉄板焼きは諦めて、駅前で飲みましょうかとも考えましたが

バスに乗って中華を食いに行こう!となかば強引に姐さんが決める。

取りあえず、イオン方面へ向かうバスが19:30で最終便のようです。

そこから歩きで向かってみましょう。

ほどなくしてタクシーはやってきましたが

すでに決議されましたので変更は許されません。

さらば鉄板焼き・・・^^;

Img_6367z



地元バスなんて乗ったことがありません。

さり気なく常連客のように装っていますが、姐さんの後ろにスリップストリームです。




イオン(ジャスコ)で停まるようですが、できればもう少し向うで停まってほしい。

目的地の近くでね。

イオンの次が“渡橋北”停留所

ハテ? イオンよりどのくらい向こうなのか?

目的地より遥か彼方だったら、とてつもなくショックですし・・・

姐さん 「勝負掛けるか!」

この人、だいたいこういうパターンを好みますから・・・

外れた時はとてつもなくシャレになりません。




Img_6370z


イオンの前を通り過ぎ、すぐにバイパスを越えました。

どうやら次のようです。

昇降ボタンを押し、降ろされた“渡橋北”(ココカイ!)




Img_6372z


ここからの目的地は遥か向う・・・

歩くしかないです トホホ

姐さん 「そういえば 予約してないよね」

そ・・・そうでした(汗)

フェイスブックによると、土日とか忙し過ぎて(ギブアップ)早じまいもされているとか

平日のランチ時間でも、駐車場がすぐ満車になっちゃうし

これで満席とかしたら どうしましょ・・・マジで

そんなことを話しながら歩いていると見えて来ました 出雲翠苑さん

駐車場 けっこう埋まってますね。

お願い・・・一席だけでいいから空いててほしいの^^;



Img_6373z



ちょうど帰られるお客さんがあり、席 空きました^^

19:00前に家を出てからちょうど一時間 20:00着となりました。


お腹 ペコペコなので一気に注文デス。



Img_6375z





Img_6377z





Img_6378z





Img_6381z





Img_6383z





Img_6384z





Img_6386z




歩きとバスの旅も なかなか楽しいことがわかりました^^

出雲翠苑さん 大変大変大変お気遣いいただきまして 有難うございました。

御馳走様でした。

タクシーに乗り込み 一路繁華街へ



Img_6393z






Img_6396z



到着しましたが、窓を覗くと超満席じゃないですか・・・ザンネン


Img_6397z


わたくし、かなりヘルニアが堪えておりまして近くのお店でなければイケません。

三回目になります。

キャッツ ポウさんにお邪魔しまして

くさ~い香りのヤツを二杯いただきました

アードベックとラフロイグね

Img_6401z


だんだんとろれつが回らなくなり、頭のほうもたいへん楽しくなってまいりました^^

もう一回あのドアの窓を覗きたくなり、覗きに行ってみると・・・

Img_6397z_2


これまたちょうどカウンターが二脚空いたところ。

スモーキーな香りが飲みたくなり、タリスカーをロックで脳に注入し

見事昇天^^


Img_6405z



お店を出ると楽しくてしかたありません(昇天中なのだから)

画像によると どうやら地図が気になったようだ・・・



Img_6407z


画像によると家の方向とは違う気がする(絶対に違うナ)


Img_6410z

エーーー こんなトコ通ったの?

小学校への通学路・・・懐かしい

Img_6411z



今、コレ書いてますけど 腰パンパンに張ってます(笑)

でも・・・なんか 楽しい旅だった^^ ヘヘヘ

2017年4月13日 (木)

サムゲダン再び(こどものケンカ)

先月末に行ったときは、あと2 3日で終わりって話しでした。

もう一回食べたかったけどな・・・

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-dbe4.html




すると

自分は何度も食べているのでひろさんには勝ったと豪語しているShugoさんが

“食べて来た”と・・・

でも、ここのお店ではヲレが先に食べているから ヲレが勝っている ハハハ

こどものケンカのようですが、おとなのじゃれ合いですから(笑)

なので しゃくにさわるので完全勝利(じゃれ合いに勝利)するために食べて来ました。





相変わらずの危険な食べ物ですね。

煮えたぎりがハンパなく、唇と口の中がびろびろになりますので要注意です^^;


Shugoさん情報によると塩味が薄い とありましたが、どうなんでしょう・・・

前回いただいたときは、けっこう塩味が効いてまして

お好みでの塩は入れなかったけど。



アッついですからね、かなりフーフーしてからスープを一口   ウワッチ!

あーホントだ。塩味が薄い。

後入れでお好みの塩味に調整なのですね。

さ、ひたすら鶏の解体作業に取り掛かりましょう。

Img_6236z




解体作業 完了しました。

フーフーしながら一口・・・ウミャイ!

骨つき鶏のエキス バンバン出てます^^



Img_6238z


身体の事(血圧の事)を考えると、塩分は自分で調節がイイですね。




それにしてもShugoさん・・・

“レトルトパックで普通のスーパーにも売られてますから

昔ほど珍しいものではなくなりましたね”とか・・・

それって 初めて食べたヲレは昔の人間だってことだな ムムム



“個人的にはもっと朝鮮人参臭い方が薬膳スープらしくていいのですが”とか・・・

朝鮮人参を嗅いだことがないヲレに対する挑戦だな



血圧はヲレの方が高いはず・・・勝ったな🎶

2017年4月12日 (水)

ナンなんだ!

「オマチドウサマデシター」

テーブルの上に置かれたナン・・・





このデカさ・・・ナンなんだ!

ちなみにわたしの手の親指から小指先までが22cm(広げた状態がね)

い~ち に~い さ~ん

余裕で3回ってことは70cm近くあるのか・・・

(カレー皿で比較してね)


Img_6230bbhr

あまりのデカさにフリーズしているわたしを見て

インド人かネパール人かわからないスタッフさんがニコニコしながらやって来た。

「ナン  オ カ ワ リ  デキ マスヨ^^」



日本人もびっくり!

ギ・・・ギブ ナンダ(~_~;)



アジアンダイニング アガンさん ご馳走さまでした。 (o ̄_゜ ̄o)人 ナマステ~

2017年4月 3日 (月)

燃えるチャーハン

「燃え上がりますのでお気を付けください。」

意味深な黄色のチャッカマンがさり気ない。

Img_6200z


鉄板の上にチャーハンを乗せ始めました。

Img_6201z


チャッカマンを左手に持ち、チャーハンに近づけ

右手には怪しい器を持ちつつ、その器を高々と上げ液体らしきモノをツーっとかけると・・・

Img_6202z


ファイヤーsign03

Img_6204z


周りのお客様からは オォ~!lと歓声が上がり

わたし達の顔には炎の熱気が伝わって来た。



爆飯(バオファン)の完成だ。

Img_6207z




3日から仕事復活ってことで、燃える思いを炒飯に注入し

真赤な担々麺で流し込みました(^^♪

Img_6210z_2


パパ厨房さん 美味かったです。ご馳走様でした^^

さぁ 今日から仕事、復活します。

より以前の記事一覧