外食

2017年7月18日 (火)

ケチャップソースのみぞれ

毎日暑い日が続いていますねsweat01

わたくし、久しぶりに姐さんとお休みが被りまして

ちょっとドキドキしております^^;

なにせ五日ぶりのご対面ですから



「おはよう^^」

「どう?最近元気だった?」

「まぁまぁだったかな^^」

そんな会話で五日ぶりの会話を楽しむ🎵





さて、本日のお昼はどこに行きましょうか?

しばし市内をドライブがてら巡回してみました・・・

気が付けば市内外れ・・・

オレンジ色の屋根が見え、吸い込まれるように駐車場へ入りました。




半熟の卵の上には乾燥パセリ

卵のトロトロ感が食欲をそそります。

Dsc00254zzz


トロトロ卵の周りにはケチャップソース・・・?

様子が変ですね^^;

ケチャップソースだと、これまたトローっと卵の周りに広がっているのに・・・

何やらみぞれっぽく広がっています。


Dsc00254zz




夏限定 トロトロオムレツなのです。

ケチャップソースはみぞれ

・・・ケチャップソースのかき氷とでもいいましょうか

冷たい 冷たい^^

トロトロ熱々の卵とチキンライスが口の中に入ると同時に

つめたーいケチャップソースならぬケチャップ氷

熱い冷たいが見事に口の中でコラボしてます。・・・なんかフシギ^^

Dsc00254z



斐川町 大型農道沿いにあります。

洋食レストラン クルトンさんにて美味しくいただきました。

夏限定の言葉にも簡単に釣られてしまうわたくしでした(^^;






Dsc00259z

2017年7月 4日 (火)

らんちデート

ども。

孫がいても全然おかしくない夫婦のらんちデートです。




「こんなムシムシする日はサッパリ冷たいそばがいいよね^^」

「あたいはアッつい うどんがいい」

・・・この・・・天邪鬼オババめ・・・




天邪鬼オバ・・・姐さんの玉子とじうどん

お醤油を使ってないうどんで、姐さんの大好物なのです。

某有名チェーン店のものとは全く違い

好き嫌いが分かれる・・・のかな?

わたしもオバ・・・姐さんもこちら派です。(これは姐さんの発注品ね)

Dsc00186z


わたくしはざるそば。

ハンドドローンにて空撮(笑)

Dsc00190z





目の前に美人がいて冷酒をツツツーっと注いでくれた日には・・・

恐悦至極。

どうだい?お前も一杯やらないかい?

いいえ お前さんだけでお飲みなよ^^

そうかい すまねえな^^



Dsc00193z


ど~れ・・・この辺りを箸で摘まんでみまるぜ

Dsc00191z_2




くぅ~~~どうだいこのツヤツヤ感

厚からず薄からず、均一に切られたそばが透けてる風合い

お前と一緒だぜ^^

やだよ お前さん^^

Dsc00194z

お出しにサックリと着けまして ツツツーっと啜り

五 六回歯ごたえを感じたら今度は喉越しを堪能する・・・

・・・今頃になってワサビがツーンと効いてきやがったぜ^^;

おい 一杯 注いでくんな。

あいよ お前さん^^


Dsc00195z


ひとり 美人(妄想)を相手に一杯やってたら目の前のオバ・・・姐さんはすでに完飲。

オバ・・・姐さんも完飲する旨さ。

Dsc00196z


ここは出雲市ラピタ本店敷地内にある そば処あごうさん

ご馳走様でした。

そばはもちろん旨いが、うどんも絶品です^^

Dsc00197zx

2017年7月 2日 (日)

夫婦直会(なおらい)

珍しく夫婦揃って検診日が同じでした。(6/28ね)

わたしは夕方から仕事でしたが、余裕を見越して(どんな余裕かいな(^^;)

有給を使わせていただきました。

だってさ もし先生に何か言われたらショックで仕事どころじゃないし・・・






ってことで夕方、お互いの無罪放免を確認し“直会”(なおらい)を開催しました。



当日は、無罪放免を確認しない事には直会はできませんので

直会会場の予約等々は当日の状況次第・・・

夕方お互いの確認が取れました。  “ブジ キカンス”の打電

早速 某お店に予約の電話をすれども繋がりません・・・

最近ご無沙汰のお店ですので、久しぶりにハッチャケたい気分なのです。

(ホントは渋いしぶ~いお店なんですよ^^;)

かくなる上は現場確認をしようと強行突入しましたが・・・

・・・するまでもありませんでした。

27日から帰還できなかったのでしょう・・・(笑)

Dsc00157zz_2



さて 困りました・・・行きたいお店は山ほどあれど

あちらを立てればこちらが立たず

向うを見れば手前に躓き

まてよまてよと少ない脳ミソ(引き出し)をゴソゴソすると・・・




手負い熊のような鉄人のフェイスブックの記事を思い出しました。

ご友人と二人で誕生日会をされまして、某お店をチョイスされた記事です。

お店の経営者は若く、センス抜群の料理人であることはもちろん

漆器類にも注目してほしいと・・・

おぉ そうか あそこって行ったことがなかったし^^

ってか本日(6/28)は水曜日

飲食店はお休みが多いですよね・・・まずは行ってみましょ。




出雲市駅前の道を、北方面へ夫婦そぞろ歩きながら・・・




開いてました^^

強いかな?と思われる照明に照らされた屋号は

橙色の木色によって、ふんわりとした抱擁感を出していますね。

黒く力強い 職人さん手彫りの屋号が立体感と躍動感で飲み助の心を奪う^^;



開けるぞ!ドキドキの瞬間だ!




右手の甲で暖簾をヒョイと持ちあげ、左手で粋よいよく引き戸をガラガラガラっと開ける。

「いらっしゃいませ~^^」 間髪入れずにだ!

元気な声が聞こえて来た。

左手 前方にカウンターがあり、6~7名が陣取れるようになります。

カウンターの背中側に小上がりがあり、障子で仕切ってありますが

すでに宴たけなわのご様子で、ワイワイと賑わいが伝わってきます。

カウンターの向こうが厨房で、向うは小上がりのワイワイとは違う雰囲気で

ピーンと張り詰めた空気が伝わってきます。・・・イイね!



「申し訳ございません」

「只今カウンターのみで、お料理に少々お時間がかかるかと思いますが」

「いいですよ」

「それでは奥のカウンターへご案内します^^」

店内・スタッフさん大忙しのことは十二分に分かります。

ふつう、こういう場面でスタッフさんのわたし達に対しての対応は

自分の忙しさを前面に押し出していて、テキトーに案内されることが多いです。

ここ 違いましたね~~~~~^^

ニコ^^ ですよ。 ニコ^^

この笑顔が違うのです。

(実はこの前にもう一軒覗いたのですが、けんもほろろにあしらわれて・・・)




通されたのはカウンターの最奥

ご主人なのか?

目の前にはご主人らしき若くイケメンな料理人さんが真剣な眼差しで仕事をしている。

「いらっしゃいませ^^」・・・ご主人なのか?

「こんばんわ おじゃましますね」

一瞬仕事の手を休め、わたし達に一礼された(驚)

イ・ケ・メ・ン




「生 二つお願いします」

「ハイ カウンターさん 生二つお願いしま~す」




生ビールが二つ運ばれ、“二人の健康に祝して” カンパーイ^^

ゴクゴクゴクゴクゴクゴキュゴキュゴキユット!

お互い目を見つめ合い

プッハー ウみゃい!

なんじゃこりゃ?

今まで飲んできた一番搾りの中で最上級に旨い!!!!!!!!!!!!!!

思わずご主人に確認したほどです。

「これ 一番搾りですか?」

「有難うございます。一番搾りです(^^;」

どうやら ちょっとしたところ、細かなところの掃除で味が変わるのだということです。





Dsc00162z


お味はもちろん、手負い熊さんご推薦の盛り付けや漆器も心惹かれます。

Dsc00168z

生三杯をアッちゅう間に飲み干した姐さんも夏酒に切り替え

どんちっち鯵のたたきを、もっさもっさと堪能していました。


Dsc00175z

小上がりの宴会もほとんど終わり、カウンターのお客さんもいなくなりました。

居残ったのは姐さんのしゃべりをフムフムと右から左へ聞き流すわたし(笑)



Dsc00178z_2


昔はカウンターで “頬寄せ合った~あなたと~わ~たし~(^^♪”でしたが

わたしたちもかなり干からびて来ました。

昨日なんて、某家電量販店のマッサージ機に身を投じ

“価格による体感の違いと、年収による購入意欲”を検証。

5分×3機種で“痛い”を感じました(^^;

姐さん曰く 「ひろちゃんのマッサージが一番だわ^^」

Dsc00183z


二人の健康に感謝した日ではありましたが

姐さんへのマッサージはとーーーぶん続くようになりました。

それもこれも28日にお休みしていたお店と

わたしの記憶の中に残っていた手負い熊さんの記事

何よりもこの日に美味しいビールと美味しいお料理を提供して下さったお店

そこからの繋がりであったことは隠せません。


和さびさん とっても美味しかったです。

ご馳走様でした^^







Dsc00184zz

2017年6月30日 (金)

美しいX攻撃

天丼と蕎麦のセットがあったらイイな~(^^;

なんてコトを先日書いていました。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-a5de.html





「姐さん 天丼食べに行かない?」

「イイよ~ 久しぶりだね~^^」

わたしの頭の中では

天丼と割り子1枚にしようか・・・2枚にしようか・・・

苦渋の決断をしなければならない

でも・・・ふつうに3枚でもイケるんじゃない?

無駄な考え事をしている時間も実に楽しい(笑)



お店に着き、お品書きを見ると・・・

なんと~!

“天丼セット(割り子2枚)”とある。

いつもなら、数あるお品書きを見比べ

その日の体調・気分・お腹スペースを考え

こちらを立てればあちらが廃る・・・

いざこっちを頼んでから、この選択でよかったのか・・・

今ならまだ間に合う入れ替え戦・・・

無駄に悩む優柔不断おじさん・・・キレが悪いことこの上ない(^^;




「お待たせしました。天丼セットです^^」

出ました! 海老のX攻撃!

泣かせるじゃありませんか くぅ~X攻撃

朝丘ユミとジュン・サンダーズのX攻撃が懐かしい世代にとっては

パンパンのブルマ姿から繰り出されるX攻撃・・・

驚異的な身体能力の陰に見え隠れするチラリズム・・・

子供ながらに別目線を目覚めさせた時代でした(笑)

すいません つい暴走してしまいました(''◇'')ゞ



Dsc00146z_2


願いは叶うものであります♪

なかなかのボリュームで

育ち盛りの中高年には嬉しいことこの上ない(^^♪

もちろん そばも天丼も間違いなく旨い。

さしずめ大葉が椿麻理こと中山麻理で

割り子がコーチの牧圭介こと中山仁でしょうか フッフッフッ

「オイ 朝丘!」 牧コーチのゲキが飛んでいるようです。

「蕎麦も食え!」と・・・


Dsc00141z

箸袋の裏にはいつもの・・・

「いつもあなたの 蕎麦がいい」


いいね~こういうちょこっとしたこだわりが

お店の個性に出るんだよな~

Dsc00148z


そば処 喜多縁さん ご馳走様でした^^

海老のX攻撃に美味しさと美しさ

少年時代の青くさい思い出が詰まっていました(^^;

俄然ヤル気が出て来ました・・・(何のヤル気かいな)



さて、なかなか夜ご飯に行けませんが、必ずや伺います。

お蕎麦と日本酒のコラボにこの上ない“和”を感じます。



Shugoさんや出雲のねえさんに、夜の部を先に越されたじゃねぇか

負けちゃってるじゃねぇか

このままでいいのか

とか、そんなことは微塵も思って・・・・・・・・・・・・・・無いと思います(笑)


Dsc00138z

2017年6月15日 (木)

忘れないよ

Shugoおじさんが“備忘録”として、食したランチをブログにアップされていた。



ご自身のブログを参考にされ、お店に出向かれている方からのコメントに驚かれ

写してはいるんだけど、載せていない写真もあり

このままでは料理の写真がかわいそう・・・と思われ載せておられる フムフム



ヲレって全部載せてる?

いや何枚かは載せてないような・・・

ちょっと調べてみると・・・アッチャー けっこう載せてないわ

わたしのブログにも「参考にしてます^^」って

コメント下さる方もおられるので、載せないわけにはイケません。

と、いうことで 全部ではありませんが(全部載せると時間が・・・)

一部抜粋してお届けします^^




丸源ラーメンさん

期間限定で出ていた 丸源担々麺 白ごま担々麺 麻辣担々麺と三種類あり

条件反射で赤いほう(麻辣)を発注してしまうわたし・・・

来年も出るだろうけど赤を食べるんだろうな(^^;

Img_0122z

頑固一徹塩ラーメンさんのキムチラーメン

この日は二日酔いだったような・・・

二日酔いにはかかせない塩分・水分・炭水化物

それとキムチの刺激

この程度の二日酔いで良かったと実感 ウンウン

Img_0172z



風月庵さんのラーメン・かつ丼セット

カロリー引き受けます^^

Img_5669az


同じく風月庵さんのたまごうどんと五目御飯

五目御飯がサイコーに美味しく、特にうどんとのコラボは秀逸

Img_5710az



中華食堂一番さん

担々麺の両脇を固める炒飯と餃子

ヲレは高校生か!

Img_5983az


同じく中華食堂一番さんのちゃんぽん

スープ完飲派です

Img_6012az


らーめん海さんのキララレッド

ちょい辛赤味噌 赤マー油

いっつもキララブラックとの葛藤があるが、毎回キララレッドの勝ち

Img_6033az


そば処喜多縁さんの天丼

喜多縁さんにお願いがあります

ミニ天丼と蕎麦のセットをお願いします・・・天丼ファンなもので


Img_6145z


風月庵さんのラーメン定食

お客さんの半数くらいはラーメン定食じゃないのかな?

大昔っからの超人気ラーメン

ピンクのパンツがオサレ感を醸し出している(笑)

Img_6152z


イオン出雲店 金久右衛門さん 大阪ブラック

濃い目の醤油ラーメンかな・・・

できれば もう少しパンチ力がふぉすいです

ベロが過激さを求めている年頃なのか!

Img_6163z


とらちゃんの愛情がこぼれる過ぎる生中~~^^

Img_6169z


三代目麺と人さん 味噌麺と炙り叉焼丼のセッティング

出雲で最強の濃厚どろどろ系らーめんだと思います

強烈な太麺に絡みつく魚介系スープ

うず高く積まれたきざみ海苔の下には

炙り叉焼とこれまた濃厚なタレがしみ込んだ白飯

角煮味噌麺かレアチャーシュー麺にしてたらヲレは負けていた・・・

Img_6353kkz


広島鉄板焼 HERAさんで毎回発注してしまう ねぎ塩カルビ

職場の若手も大絶賛

「ひろさん うまいっすわ^^」

その一言に「そうかい ホレこれも食べな」

・・・一枚しか食ってないヲレ・・・エライ

Img_6485z


同じくHERAさん ねぎ焼 そばのハーフ

もはやわたしの中では金字塔を打ち立てた逸品

そばかうどん、どちらかを選んで

ねぎ・こんにゃく・牛筋を鉄板でジュージューする(してもらう)・・・ゴクリ

マスターの華麗なヘラ捌きをガン見できるカウンターがお薦めですが

座敷からでも十分堪能できます。

ご家族やお友達で行かれた際は

全員でマスターの一挙手一投足を、テニスの観客席のごとく

右へ左へとご覧ください。

百戦錬磨のマスターですから、決して緊張されることがなく

次から次へと焼いて焼いて焼きまくられます^^


Img_6487z

以上 備忘録でした。

Shugoおじさんは今日もランチするだろな~

んじゃ ヲ~レもっと^^

2017年6月13日 (火)

出雲そば うまいぞ

6月10日(土) この日は暑かった!

いつものひとりランチです。

そばだな^^




ラピタ本店敷地内にあるそば処あごうさんへ行ってみました。

いつもお昼前後で満員御礼なのですが

この日はなぜかカウンター貸し切り

おぉ こんなことは初めてです。

と、思ったのは束の間・・・すぐにお客様が次から次へと・・・ヤッパネ(^^;



そば定食(本日は冷たいそばで、かき揚げ丼)をチョイス


茹で上がったおそばを、ご主人が冷水で洗いながらしめる

ここ あごうさんのカウンターでは

ご主人の手仕事が目の前で見えるのが嬉しい^^



「お待ちどうさまです。そば定食です^^」

目に飛び込んできたのはつやっつやのおそば

出雲人は見慣れている黒いおそばなんだけど

都会の人から見ると、かなり黒く見えるらしいですね。



つやつやしてて、いかにものど越しが“よさげ”




そば定食のご飯は

かき揚げ丼のほかに、とろろご飯か五目御飯が選べます。

迷うところですが、ここのかき揚げは外せない逸品

そしてかき揚げ丼の向こうにお漬物がありますが

これまたいい塩梅

そば湯もとろとろ系で、これにお出しをツツツーっと入れ

お箸でくるくるっと混ぜていただく・・・

ごくりと飲んだ瞬間 お出しの香りが鼻から抜ける フワー^^




出雲そばにかき揚げ丼・漬物に蕎麦湯

どれを取っても、決して手抜きのないクオリティーがそこにある。



そば処あごうさん ご馳走様でした^^



出雲そば うまいぞ!





Dsc00091zz

2017年6月11日 (日)

追いかける飯

汁なし担々麺がスキです

白ご飯も同時発注しております

Dsc00063z



ぐわ~っと混ぜて混ぜて混ぜまくってからいただきます

これに黄身なんかを同時ブレンドすると

カルボナーラか、かま玉みたくなりますね

白ご飯にはまだ手を付けません


Dsc00067zz



ひとしきり食べると

数本の掴みきれなかった麺と

肉味噌 ネギ もやしの残骸が残ります

このタイミングで白ご飯をダイブさせます

この時、周りの視線を感じることでしょう

「まぁ なんて下品な食べ方」って(^^;

そんなことはお構いなしデス。

お箸とレンゲを使い、わっしわっしとブレンド開始するのです

白ご飯は器の周りに広がり、きちゃなくなって行きます

その広がりを、お箸かレンゲで中央へ・・・中央へと寄せていきます

個人的にはお箸派です(美しく寄せられる気がする(^^;)



Dsc00068zzz





追い飯なのにわたしが追っているではないか・・・むしろ全力で

そう 全力で追いかけるくらいうまいノダ^^

ここ篠寛さんや出雲翠苑さん、しろくさんには汁なし系があるけど

追い飯ユーザーを見たことがない・・・

炭水化物に追い打ちをかける追い飯は

体重が気になる方には天敵かと思いますが

いっぺん食ってみ! んまいから^^

そしてなるべく中央に、こんもりと美しく が基本です。

Dsc00069z


しまったな~


白飯大にすればよかった

も少し追いかけたい気分だわ(-_-;)

2017年6月 6日 (火)

五感に訴える見た目

料理は見た目が肝心です。(だと思う)



「お待ちどうさま^^」

そっと目の前に置かれた真っ白な器。

一瞬にして目を奪われる赤。

そして豆腐の白がグラデーションの如く赤い色に吸い込まれていく。

その役目を引き受けているのがミンチ肉と真っ赤なラー油だ。

黒い豆鼓もところどころに存在感を醸し出している。

真ん中には小葱の緑がアクセントとなって全体を引き締める。

豆腐のふんわり感が視覚から伝わってくる逸品だ。



Dsc00048c


姐さんの大好物、出雲翠苑さんの陳麻婆豆腐。

姐さんはこの一品を食べ始めて何年になるだろうか・・・

何年もこれしか食べないから、店長の微妙な匙加減も一匙瞭然(笑)

「何だろう・・・何かが違う・・・」

姐さん曰く、 やりやがったな的な一撃がない・・・と。

(姐さんの舌がアホになった可能性もアリ)

個人的には あの鋭角的に尖った感じの陳さんが好みのようだ。

・・・でも 旨い^^

Dsc00048zzz


さてわたくしはサンラー・マーラー・汁なし・冷やしと毎回悩んでいますが

この日は“冷やし”でいきました。

冷やし担々麺のセットであります。

冷やし担々麺にルーロー飯と唐揚げ(2個)

現在わたしの中での最強タッグチーム!

わたしが頼んだ後にもどんどん注文が入っています。

ちなみに、職場の若手もこのセットがお気に入りのようです。

見た目にもキレイで食欲をそそること間違いなし^^

ほぼ同時に隣の女性にもこのセットが運ばれてきました。

わたしより先にぜ~~~んぶ平らげてしまわれました。

ビジュアル うんまそ~でしょ^^

Dsc00047bb





びっりしたー!

背後から 「コレ!」 と言って

モニョモニョモニョッと料理名を言い残し、ノッシ ノッシと帰っていく店長。

新玉ねぎとクリームコーンの春巻き

それとXO醤(ズッキーニに乗っているようだ)

真っ白なお皿に乗っかっているそれは美しすぎる・・・



辛みのない、どちらかというと甘くて柔らかい新玉ねぎとコーンのコラボだ。

春巻きの断面はあくまで白く、クリームはとろけ出す一歩手前で

黄色いコーンの粒が見える。

そのクリームをしっかりと包んでいるのが春巻きの皮。

折りたたんである端は、こんがりと濃い目のきつね色で

中心に向かうほど色は薄くなっている。

見た目にもパリッと感が出ていて

早くパリッと感を味わえ!と言っているようだ。

早速いただくとする。

パリッ!

おぉぉぉぉぉ 甘い!

素材本来の甘い味が口の中いっぱいに広がっていく。

春巻きの香ばしさと甘さがグラデーションとなっている逸品だ。




Dsc00052a


最初 きゅうりかと思っていましたが、ズッキーニのようです。

ズッキーニの上に乗っかっているのがXO醤。

わたくし、XO醤自体が何者なのかよくわかりませんでした。

醤っちゅうくらいだからペースト状のものであるということくらい。

初体験と言っても過言ではありません(^^;



ちょいとつまんで口の中へ放り込む・・・



うわっ!ヤバ!

濃厚なエキスがジュワーっと・・・噛めば噛むほどジュワーっと出てきます。

干しエビと干し貝柱のエキスですね。

生姜と大蒜?

唐辛子もチラチラと感じます。

これ何にでも合わせてみたくなりますね。

白ご飯でもイケるし、冷ややっことか、バケットなんかにも合う。

生野菜や蒸し鶏に茹で豚・・・あーよだれが・・・

姐さんも大満足!

「あ~ビールが飲みたくなるわ^^」

貝柱とエビのエキスって凄いですね

干してあるから味が濃縮してるんですね

見た目では想像もつかない味でした。

やっぱビジュアルは想像力を掻き立てられますね^^




Dsc00055k


出雲翠苑さん ご馳走様でした。

何かとお気遣いまでしていただき、有難うございます^^






料理って素晴らしい

見た目からは想像できる味

想像もできない味

食べてから、予想を裏切る味(いい意味でね)

甘く感じる・・・辛く感じる

マイルドな味・・・尖った味

突き抜けた味!



目で見て、一瞬にして脳に伝達され

条件反射の如くよだれが・・・^^

お腹がぎゅるぎゅると鳴り出しちゃう

口の中には唾がどんどん溜まり ゴクリと飲んじゃう

あー早く来ないかな 早く来い・・・

キター!・・・って隣かよ・・・

次だ次。

おしおし 来たぞ来たぞ~^^


Dsc00055f

御年六十うん歳の店長は

ご自分の息子のような中華の若手に教えを請い

自ら料理教室ではレシピを完全公開しているとのこと。



ご自分の技を教え、新たな手法を習得し常に新しいものを追い求める。

昔から歴史は新しいものから学び、それに近づこうとして進化成長してきました。

進化しないものは衰退していき、やがて滅びるとまで言われています。

本で読んだことがあるのですが

どんなに大昔からある老舗のお店(和菓子屋さんとか料理屋さん)

看板商品はその時代時代に合わせ、庶民に受け入れられるよう

少しづつ変えて行くのだといいます。



見て 聞いて 触って 味わって 香りや匂いを感じ

五感に訴えかける料理は素晴らしいと思いますよ^^

1日3回も食べるんだからね。

毎回凄いものは食べれないけど

時々はプロの料理をいただきながら、新しいものを身体に入れましょう。

人間は生きているものを身体に取り込む動物だから。

そして感動までもいただいちゃえば、ちょっとは進化するんじゃないかな^^




最後に

出雲翠苑さんに行くと、時々店長さんがノッシ ノッシと出ておられます。

ぜひ声を掛けてあげてください。

褒めると伸びるタイプと言っておられましたので^^


店長の見た目は、とっても渋くこんな感じですが・・・

Img_5708zz







本来の姿は・・・


9algbjairmoxo041496666087_149666650


見た目と違って 予想を遥かに裏切ります(笑)

2017年5月27日 (土)

丸鶏贅沢スープ 本仕込み生返し醤油そば

「お待ちどう様でした^^」

「はい 有難うございます^^」

「丸鶏の贅沢スープ 本仕込み生返し醤油そばになります^^」

平仮名にすると全部で27文字

今度の創作ラーメンは、何とも長いネーミングではありますが

そのネーミングの中にキーワードが満載。

丸鶏 贅沢スープ 生返し 醤油 そば・・・う~ん

直球ど真ん中の醤油そば(ラーメン)推し!でしょう^^





ビジュアルです。

スープは醤油色ですが透明感があり、スープ内の麺もキレイに見えます。

表面にキレイな鶏油がツヤツヤに浮いています。

メンマの代わりに竹の子?

シッカリとした歯ごたえにメンマ独特の味ではなく(当たり前ですが)

竹の子の味と風味 オイシイ^^

ネギは小ネギと白ネギの青い部分かな?2種類が散らしてあり

二つの食感と香りを楽しめ・・・ん?

はは~ん ミツ葉の刻みも入っていますね。

ミツ葉の爽やかな香りが鶏油をリセットしてくれる心遣い。

2種類のチャーシューは、右が普通のチャーシュー

普通っていっても、ここのお店の定番チャーシューとは別物で

このそばに合わせて作られたチャーシューですね。

すごく上品で、醤油に合っています。

左のチャーシューはレアチャーシューのようです。

肉の中心に向かい、レア度が増しているのがわかります。

脂身は少ないようなので・・・肩?

嚙むとうっすら・・・香草の香りが・・・いいですね~^^

麺はツルっツルのストレート麺で、スープとの相性が抜群です。

これをチャーハンと合わせる。

ラーメン→水→チャーハン→水→スープ→水→ラーメン→水→チャーシュー→水・・・

口の中を常にリセットし直し全ての味・香りを堪能~🎶





今まで食べてきた醤油そば(ラーメン)の中でベスト3(・・・イヤ 1位かも)

くらいの美味しさでした。

と、個人的な感想を述べてみましたが・・・

如何せん・・・期間限定の創作ラーメン


Img_6581d



25日の画像ではありますが、今日は27日。

既に終わっている可能性も無きにしも非ず。



もう一度・・・もう二度 三度食べた~い。

次回いった時、復活するか聞いてみましょう。




游食 空海さん 美味しかったです。

ご馳走様でした^^

2017年5月 3日 (水)

真赤な心を冷やしましょう

毎年 ゴールデンウイーク前に始まります。



“冷やし担々麺始めました。”

出雲翠苑さん 夏の定番である冷やし担々麺

今年も始まってます^^


最近は冷やし担々麺と、ルーロー飯・鶏のから揚げセットが大人気で

腹ペコ出雲人には大助かりの一品です。



ここで歴代の冷やし担々麺達を紹介してみよう。

2014年式

2014

2015年式

2015


2016年式

2016


そして 2017年式冷やし担々麺

2017


年によりビジュアルが変化してきています。

今年の冷やし担々麺はいかがですか♪



わたしの知り合いの女の子(笑)

冷やし担々麺の大ファンでして、毎年この時期を楽しみにしています。

正確には冷やし担々麺だけでなく

辛ネギ・マーラー・汁無しと、わたしのローテーションと大被りの女子。

最初はわけがわからない娘で、生き方自体が理解できなかった・・・

お前は絶対間違ってる!いいか!そもそもだな・・・

と、人間的に認めなかった・・・というのが正しい。

人間的にっていうと大げさかもしれないが、ホント マジで。

ところが・・・最近では、ちょっとカワイイじゃん^^

その辺にいる“らしくない女子”と比べると ぜむぜむよい。

とまで思うようになった。

なかなかの逸材だと思ふ。

姐さんも気になるようで、定期的に報告は上げているが

今度姐さんと一緒に飲んでみようかとも考えている。




たしか翠苑さんのご主人が言っておられた・・・

わけありの男女がコッソリと食べにくる四川料理店が僕の夢です・・・トカ。

毎年変化している冷やし担々麺

わたしの心も変化しているようです。

真赤なスープで冷やしましょうか^^;





ちなみに、冷やし豚しゃぶサンラーも好きです^^(2016年式)

2016_2

より以前の記事一覧