外食

2017年4月23日 (日)

プチ 旅

「今夜は鉄板の前でアツアツ単品を頬張りながら、しめでネギ焼ハーフでどう?」

「ソレ いいね~^^」

タクシーでひとっ走りの料金はかかるけど、いいじゃん たまには。

しかし タクシーがない・・・

しかたなく徒歩で出雲市駅に向かうことにする。




・・・ヘルニアが痛いんですけど^^;



Img_6362z

夕闇迫る町内界隈から、なるべく民家のある通りを流す。

ここのお宅は車が4台・・・最低でも4人家族

にぎやかな声のする家・・・子供が遊んでますね

カレーの匂いが漂ってきました・・・匂いの発生家はこちら(お腹が空いてきた~)

家の中が真っ暗・・・ご帰宅はまだのようですね

ひろ~い土地に平屋・・・けっこう豪華なお宅ですね・・・レクサスが停まってますよ。

と、人様の家を拝見しながら、勝手にどんなお宅なのかを妄想しているうちに

出雲市駅南口着。

Img_6365z



むむむ・・・タクシーがない・・・

こんな事って あるんですね。

こうなれば鉄板焼きは諦めて、駅前で飲みましょうかとも考えましたが

バスに乗って中華を食いに行こう!となかば強引に姐さんが決める。

取りあえず、イオン方面へ向かうバスが19:30で最終便のようです。

そこから歩きで向かってみましょう。

ほどなくしてタクシーはやってきましたが

すでに決議されましたので変更は許されません。

さらば鉄板焼き・・・^^;

Img_6367z



地元バスなんて乗ったことがありません。

さり気なく常連客のように装っていますが、姐さんの後ろにスリップストリームです。




イオン(ジャスコ)で停まるようですが、できればもう少し向うで停まってほしい。

目的地の近くでね。

イオンの次が“渡橋北”停留所

ハテ? イオンよりどのくらい向こうなのか?

目的地より遥か彼方だったら、とてつもなくショックですし・・・

姐さん 「勝負掛けるか!」

この人、だいたいこういうパターンを好みますから・・・

外れた時はとてつもなくシャレになりません。




Img_6370z


イオンの前を通り過ぎ、すぐにバイパスを越えました。

どうやら次のようです。

昇降ボタンを押し、降ろされた“渡橋北”(ココカイ!)




Img_6372z


ここからの目的地は遥か向う・・・

歩くしかないです トホホ

姐さん 「そういえば 予約してないよね」

そ・・・そうでした(汗)

フェイスブックによると、土日とか忙し過ぎて(ギブアップ)早じまいもされているとか

平日のランチ時間でも、駐車場がすぐ満車になっちゃうし

これで満席とかしたら どうしましょ・・・マジで

そんなことを話しながら歩いていると見えて来ました 出雲翠苑さん

駐車場 けっこう埋まってますね。

お願い・・・一席だけでいいから空いててほしいの^^;



Img_6373z



ちょうど帰られるお客さんがあり、席 空きました^^

19:00前に家を出てからちょうど一時間 20:00着となりました。


お腹 ペコペコなので一気に注文デス。



Img_6375z





Img_6377z





Img_6378z





Img_6381z





Img_6383z





Img_6384z





Img_6386z




歩きとバスの旅も なかなか楽しいことがわかりました^^

出雲翠苑さん 大変大変大変お気遣いいただきまして 有難うございました。

御馳走様でした。

タクシーに乗り込み 一路繁華街へ



Img_6393z






Img_6396z



到着しましたが、窓を覗くと超満席じゃないですか・・・ザンネン


Img_6397z


わたくし、かなりヘルニアが堪えておりまして近くのお店でなければイケません。

三回目になります。

キャッツ ポウさんにお邪魔しまして

くさ~い香りのヤツを二杯いただきました

アードベックとラフロイグね

Img_6401z


だんだんとろれつが回らなくなり、頭のほうもたいへん楽しくなってまいりました^^

もう一回あのドアの窓を覗きたくなり、覗きに行ってみると・・・

Img_6397z_2


これまたちょうどカウンターが二脚空いたところ。

スモーキーな香りが飲みたくなり、タリスカーをロックで脳に注入し

見事昇天^^


Img_6405z



お店を出ると楽しくてしかたありません(昇天中なのだから)

画像によると どうやら地図が気になったようだ・・・



Img_6407z


画像によると家の方向とは違う気がする(絶対に違うナ)


Img_6410z

エーーー こんなトコ通ったの?

小学校への通学路・・・懐かしい

Img_6411z



今、コレ書いてますけど 腰パンパンに張ってます(笑)

でも・・・なんか 楽しい旅だった^^ ヘヘヘ

2017年4月13日 (木)

サムゲダン再び(こどものケンカ)

先月末に行ったときは、あと2 3日で終わりって話しでした。

もう一回食べたかったけどな・・・

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-dbe4.html




すると

自分は何度も食べているのでひろさんには勝ったと豪語しているShugoさんが

“食べて来た”と・・・

でも、ここのお店ではヲレが先に食べているから ヲレが勝っている ハハハ

こどものケンカのようですが、おとなのじゃれ合いですから(笑)

なので しゃくにさわるので完全勝利(じゃれ合いに勝利)するために食べて来ました。





相変わらずの危険な食べ物ですね。

煮えたぎりがハンパなく、唇と口の中がびろびろになりますので要注意です^^;


Shugoさん情報によると塩味が薄い とありましたが、どうなんでしょう・・・

前回いただいたときは、けっこう塩味が効いてまして

お好みでの塩は入れなかったけど。



アッついですからね、かなりフーフーしてからスープを一口   ウワッチ!

あーホントだ。塩味が薄い。

後入れでお好みの塩味に調整なのですね。

さ、ひたすら鶏の解体作業に取り掛かりましょう。

Img_6236z




解体作業 完了しました。

フーフーしながら一口・・・ウミャイ!

骨つき鶏のエキス バンバン出てます^^



Img_6238z


身体の事(血圧の事)を考えると、塩分は自分で調節がイイですね。




それにしてもShugoさん・・・

“レトルトパックで普通のスーパーにも売られてますから

昔ほど珍しいものではなくなりましたね”とか・・・

それって 初めて食べたヲレは昔の人間だってことだな ムムム



“個人的にはもっと朝鮮人参臭い方が薬膳スープらしくていいのですが”とか・・・

朝鮮人参を嗅いだことがないヲレに対する挑戦だな



血圧はヲレの方が高いはず・・・勝ったな🎶

2017年4月12日 (水)

ナンなんだ!

「オマチドウサマデシター」

テーブルの上に置かれたナン・・・





このデカさ・・・ナンなんだ!

ちなみにわたしの手の親指から小指先までが22cm(広げた状態がね)

い~ち に~い さ~ん

余裕で3回ってことは70cm近くあるのか・・・

(カレー皿で比較してね)


Img_6230bbhr

あまりのデカさにフリーズしているわたしを見て

インド人かネパール人かわからないスタッフさんがニコニコしながらやって来た。

「ナン  オ カ ワ リ  デキ マスヨ^^」



日本人もびっくり!

ギ・・・ギブ ナンダ(~_~;)



アジアンダイニング アガンさん ご馳走さまでした。 (o ̄_゜ ̄o)人 ナマステ~

2017年4月 3日 (月)

燃えるチャーハン

「燃え上がりますのでお気を付けください。」

意味深な黄色のチャッカマンがさり気ない。

Img_6200z


鉄板の上にチャーハンを乗せ始めました。

Img_6201z


チャッカマンを左手に持ち、チャーハンに近づけ

右手には怪しい器を持ちつつ、その器を高々と上げ液体らしきモノをツーっとかけると・・・

Img_6202z


ファイヤーsign03

Img_6204z


周りのお客様からは オォ~!lと歓声が上がり

わたし達の顔には炎の熱気が伝わって来た。



爆飯(バオファン)の完成だ。

Img_6207z




3日から仕事復活ってことで、燃える思いを炒飯に注入し

真赤な担々麺で流し込みました(^^♪

Img_6210z_2


パパ厨房さん 美味かったです。ご馳走様でした^^

さぁ 今日から仕事、復活します。

2017年3月31日 (金)

参鶏湯(サムゲダン)の着地点

最近はいつ行っても満席で、外でお待ちのお客様が並ばれているようです。

かといって、閉店ギリギリに行ったりすると“完売”の看板が出ていたりして

ヲレはいったい いつ行ったらいいんだ!?

ども。 昼飯難民のわたくしです。




お昼に並ぶのは大っキライなのですが、しかたありません・・・

野生の勘がそうしろ と・・・

いつもの如く、カウンターの一番端に陣取る。

「お決まりですか?」

カウンターの簾をちょいと持ち上げて、珍しいことです。

ご主人が直接オーダー確認してくださいました。

わたくし サッと振り返り、後ろの壁に貼ってある創作らーめんを見る。

・・・参鶏湯(サムゲダン)焼き麺?と書いてある。

サ・・・ム・・・ゲ・・・ダン?

あ~~~~~韓国料理にあったよな~^^

食べたことないけど・・・ここは食っときましょうね^^

「参鶏湯ください」

一緒にBセット(半チャン)にしたいのを野生の勘がヤメロと言う。

・・・なんかそんな気がしただけ。





「後ろから失礼しま~す」

「はいはい」

「まず参鶏湯 お持ちしました。 大変熱いので気をつけて下さいね」

見ると、黒い耐熱どんぶり(デカいヤツ)がブクンブクン!と煮えたぎってる!

Img_6157za



白濁したブクブクしたスープの中央(ほぼどんぶり全体)に

ドカン!と鶏肉が占領しており、そのデカさに圧倒されています。

どんぶり左手の鶏からは骨がツン!とでているじゃないですか!

鶏肉の周り全体は100℃の威厳であるブクブクが

これでもか~~~ってくらいにアツい思いを伝えてきています。


Img_6157yy


「これ どうしてやっつけたら(食べたら)いいんですか?」

なにせ参鶏湯なるもの初体験でございます。

顔面を付けまずは火傷の洗礼が正しいのか

唇を耐熱どんぶりに着け、たらこ状態にしてからゴクゴク飲むのが正解なのか

どのみち、ダチョウさんネタの洗礼ですかね アハハハハ

「まずは、鶏肉を崩していただくと、鶏の旨みがドンドン出てきますのでね」

ふんふん まずは壊すことに専念しなさいってことですね 了解しました^^

ただ崩す前と後での違いは知りたい

違いの分かる男(ネスカフェゴールドブレンド)になりたいです。 ダバダ~(^^♪





一先ず崩す前のプースーをいただきましょ

どれどれ ずずっ   ぶぅ わっちっちっ!

早くも 上島ネタ全開ナリ。

超あっさり塩味~^^

これがビフォーか・・・旨いぞ。

どれ、鶏を崩しにかかりましょう

骨もそこそこにありそうですが、何せアッつい鶏。身はほろほろに取れて行きますね。

どれどれ、アフターのプースーをばいただきましょうか

ズズ・・・ふゃ~うみゃい!

先ほどの塩味に、鶏自体からのエキスがジュワ~っと出て来て

あっさり塩味スープが、上品な鶏出汁スープに変身しましたね。

夢中でスープを啜っていると

「後ろから失礼しますね。焼き麺お持ちしました。」

見るとお皿には半玉の焼き麺が二枚。薄くパリパリに焼いてあるやつが登場しました。

Img_6160xxd

胡麻油の香ばしい香りがふわっと漂ってきました。

いい加減鶏の解体作業は終わったので、焼き麺の投入儀式に移ります。




Img_6159za


σ(~~~、)ムシャ ムシャ ウミャイ・・・ウミャイ・・・モグモグ



鶏肉完食しました。 お腹いっぱいになっちゃった。

これか~Bセット止めとけお告げは。予感はコレだったのね。

スープをズリズリと飲んでいます・・・おや?

何か 雑炊?

ハハ~ン もち米ですね。

確か、参鶏湯では鶏のお腹にもち米を入れてるんだった。




「ご主人!参鶏湯 旨かったですわ^^」

「ホントですか~良かったです^^」

「コレっていつまであるんですか?」

「それが・・・今週いっぱいまでなんですよ~^^;」




いや~~~もう一回食いたい一品です。

以前(去年の8月)食べた、すっぽんらーめんに感動し

わたしの中では、アレがすっぽんの着地点であり、あの味が基準になってしまいました。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-4159.html

Img_5268a_21


今回も参鶏湯は初体験であり

この味が着地点であり、この味が基準点となります。




游食 空海さん たいへん美味しくいただきました。

ご馳走様でした。




後記。 あの鶏を半分にして、Bセット(チャーハン)にしてください。

っていう、わがままオーダーは通してもらえるのだろうか・・・

わたしのアツい思いは募るばかりナリ。

2017年2月 5日 (日)

ニボ輔のパツパツストレート麺

2月2日

「ご注文はお決まりですか?」

「ニボ輔下さい。」

「あっ・・・すいませ~ん 先ほど無くなったんですよ~^^;」

「ま・・・マジっすか・・・」

「申し訳ございません。」

「んじゃ・・・ 汁無し担々麺をお願いします。」




あ~残念・・・

ツイッターに“ニボ輔”ってネーミングで載ってたんで、ガッツリ食いついてしまった。

魚介系ってのはネーミングでわかるんだけど

ツイッターには“特注低加水パツパツの歯切れが良いストレート麺”

てなコトも書いてあるじゃないですか。

画像を見ると、濃厚魚介のトロトロスープのように見える。

ってことは、よくあるのが太麺か極太麺のちぢれ麺・・・

コテコテ好きの方にはたまりませんな~・・・なんだけど

パツパツの歯切れが良いストレート麺ときたもんだ。

予想に反して、ストレート麺って大いにそそります(^^ゞ

頭の中はそんなことでいっぱいでした。

でも今日はないんだ・・・




するとカウンター中の男性スタッフさん

「お客さん あと10分待っていただくと出来ると思うんですけど。」

と、わたしの顔と、ご自分の手元を交互に見ておられます。

おそらくスープの加減を見ての事なのでしょうか?

「マジっすか!あと10分でニボ輔いただけるんですか!」

「ハイ。だいたいあと10分くらいですけど。」

「ぜんぜん待ちますから ニボ輔ください^^」





きっかり10分後 着丼いたしました。

トロトロ系なんだけど、粗みじん切りの玉ねぎと三つ葉

これがまた実にイイ^^

口の中をリセットしてくれる役目を果たしているではありませんか。


Img_0181k

魚介系なんて大雑把な事を言いましたが、訂正します。

ニボシです^^

濃厚鶏スープとニボシの旨み、それとパツパツのストレート麺が合体すると




・・・こうなってしまいました^^;

Img_0186l


ラーメン篠寛さん ご馳走様でした。

スタッフさん。声掛けのお気遣い有難うございました^^

2017年1月31日 (火)

牛カツとプシュ!

画像を見ると最近“とらちゃん”へよく行っている。

昨夜?いやいや一昨日か。

姐さんは常会終わりで誰かと代官町に繰り出されている^^;

「ひろちゃん あたしが常会出るわ~^^」

ハ?・・・そりゃ~いいけどさ~^^;

常会が終わってから、新年会もあるのに・・・

それが終わってからの~タクシーで代官です。・・・まったくですわ。




“とらちゃん”のカウンターを陣取り語っていたらしい・・・

そんな“とらちゃん”の話を聞いていると

無性に食べたくなってきました。



牛カツ~

塩もいいけど、やっぱおじさんにはソースやね~^^

なかは生で、これがまた旨いのよ~

とんかつロースみたく脂っぽくないしさ

繊維縦に入ってるからサクサク嚙み切れちゃう。

衣のサクッと感が軽い

この軽い食感がカツとソースとあいまって牛肉の芳醇な香りと

肉の質感、肉のうまみを引き立たせてくれますね。


Img_0128a

只今、夜中の12:00前ですが

缶ビールの プシュ!をひたすら堪えております^^;

・・・すんません 開けてきました。

2017年1月30日 (月)

二つの赤

姐さんはもちろん陳麻婆豆腐ですが

姐さんの右隣の方とそのお相手

その隣の方とお相手も陳麻婆豆腐であります。

いっぺんに5人もの方が同じメニューを食べている(驚)



アツアツの豆腐に例の赤い魔術がたっぷりと絡ませてある。

ひと口食べれば虜になっちゃう一品ですね。

現に5人、現在やられちゃった人たちがいるわけですからね^^;

Img_0176zxc_2





ね。やられちゃいそうでしょ^^

Img_0176f



わたしは前回のパパ厨さんのサンラーにやられちゃいましたので

出雲のサンラーを確認すべく、辛ネギサンラーを発注です。



Img_0178f_2



もうね・・・書きません。



画像で判断してください^^



Img_0180z

出雲翠苑さん んまかった~~~happy01

ごちそうさまでした。

2017年1月24日 (火)

赤い魔術は囁く

22日(日)

松江の某デパート(言い方古いっすね)に行ってみました。

ある方にお会いできるんじゃないかと思いましたが・・・残念。

聞けばいいんですが、いかんせん人見知りが激しい性格ですからね

あっちに行ってはウロウロ

こっちに来てはキョロキョロ

傍から見ると、挙動不審もはなはだしい(笑)

今回はお会いできませんでしたが、ご縁あれば必ず・・・です^^





さて松江であります。

松江でお昼ご飯なんて、なかなかないですからね~

「姐さん 赤いやついっとく?」

「ウンウン 食べたい!」




姐さんの麻婆豆腐

旨いsign03


Img_0158a





わたくし発注のサンラータンメン

まず目に飛び込んできたのは、強烈な赤であります。

次いでふわ~っと香る香辛料(辛いような甘いような香り)

ひと口スープを啜ると・・・そんなに辛くはないな(一安心 ホッ)

麺を啜り、スープを啜り、熱々の麻婆丼をフーフーしながらいただいている。

サンラー・・・旨いぞ!

やがてジワジワジワーッとくる辛さ、ピリピリっとした痺れ

そんな中にも、どことなく甘さが隠れている。

鼻から抜ける香りが甘さを感じるんだろうか・・・

サラダを食べ、水を飲みながら口の中をリセットする。

麺を啜り、スープを啜る。

夢中で食べている。

オデコにじんわり汗をかいてきた。アツイ・・・

気が付くと鼻水がズルズルであります(笑)

そしてやっぱ・・・辛~い^^;




松江市末次本町

通称、京店商店街にあるパパ厨房 細木氏の作るサンラータンメンがコレだ!

Img_0159a

パパ厨房さん クセになるサンラー ご馳走様でした^^





出雲市天神町

通称、浜山通りにある出雲翠苑 吾郷氏の作る辛ネギサンラー

コイツも曲者中の曲者

無性に食べたくなる一麺であります。

Img_3390a1

どちらも赤い魔術。

一度味わえばまた・・・魔術は囁くことでしょう。

2017年1月22日 (日)

熟成したパイセン

出雲市はサンロード中町にあります、魚酒場 よしだ屋さん

新鮮な地魚を、最高に美味しくいただけるお店であります。



少し前に8kgか9kgの鰤が入り、真空熟成してから提供する。とのことでした。

この鰤ちゃんね^^

Photo


真空熟成って・・・イマイチ美味しさが不明であります・・・

ところが数日後、真空熟成の画像が載せられていました。(フェイスブックにね)

それがコレ・・・こりゃ~旨いに決まってますよね^^

Photo_2


無くなる前に行かねばなりません。

わたしと姐さんの休日が合う日はなく、このままでは美味しいところがいただけません。

かくなるうえは、平日に行くしかありません。



17日。

タクシーに乗り込み、いざ中町へ・・・



右から、ヒラメ 太刀魚 ヤガラ




Img_0126a

もうね、ヒラメぶりんぶりんで旨い。

太刀魚 噛めば噛むほどうま味がじゅわ~っと広がってきます。

ヤガラ 初めて食べたけど、これはこれで旨いね~^^

何で鰤食べてないかって?・・・後ほど。





次の鰤が入ってきたらしいけど、これも真空熟成させてからの提供とのこと。

9.5kgのグラマラス鰤ちゃんね。

Photo_3


でも、勤務上どう考えても行けない。

鰤 2本とも食べれないってことなのね トホホ。

23日ごろから熟成解禁だと思いますよ。




17日のわたしと、店長ヒデさんの会話。

わたし 「ヒデさ~ん お造りの美味しいところを頼んわ~」

ヒデさん 「はい!」

わたしと姐さんは、とーーーぜんのことながら

あの真空熟成の美味しい鰤ちゃんがいらっしゃるものだと

大いに期待しておりました。・・・が

ヒデさん わたしの顔を見て

「アッ 鰤 無くなったわ~^^;」

「えっ いつ?」

「昨日 無くなってしまって~」

「あ~そう・・・残念だな~」

「昨日 パイセンが来て『こりゃ~まい(旨い)わ~』ってパクパク食べとらいたわ^^;」

で、無くなったそうな・・・




パイセ~ン (੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ウウ。



Photo_4

パイセン 熟成中ナリ




*画像はよしだ屋さんに許可を頂いておりますm(_ _"m)

より以前の記事一覧