日記・コラム・つぶやき

2017年7月20日 (木)

ステキなご縁 老酒の会

過日・・・老酒の会

次から次へと出て来る料理に

早く食べねばと、お箸を運ぶペースも平均速度を超過気味デス。

(正確にいうと、好き嫌い大魔王の姐さんの横流し作戦にあう)

今宵は老酒の会。まずは老酒を堪能しなければなりません。

生中も大事だけれど老酒も大事だし

何よりも、店長のアツい思いを込めた中華三昧に浸ること^^

まぁ 出るわ出るわ

そ・・・それにしても浸り過ぎて食い切れねぇ







「この料理はもともと水牛の・・・」

と、突然厨房から水牛のように、のっしのっしと現れては料理の由来やらうんちくを

アツく語られる店長アゴウ・・・誰か聞いているのか?


Dsc00274z


そんな場の空気を一掃するように

出雲のジャズシンガーNAOKOさんの生歌を堪能しました。

やっぱ本物はスッゲー

歌声(空気)が震えながらはらわたに響いてくる



Dsc00277zz


・・・料理の写真 撮っておりません。

だって周りはお初の方ばっかりで

取り皿にササっと取ったら回して回してなのですから^^;

ゆっくりじっくり撮るなんて、小心者のおじさんとしては致し方ないと思ふ。



出雲翠苑さん ご馳走様でした。

ステキな“老酒の会”を有難うございました。



なにより店長の粋な計らいのお陰で“ながさん”と出逢え

こうして二次会に行けることができたんですから^^

感謝 感謝 感謝に尽きます。



ながさん こんなブ活ですがホドホドな距離感で見て下さいね。

あんまり近づくとわたしと姐さんのアホ菌がうつ・・・

すでに姐さんの酔っぱらい菌がうつってたらごめんね~(^^ゞ

(Shugo菌に感染したらアウトです^^;)

Dsc00279z

2017年7月16日 (日)

ジンジャーエールの泡のように

ちょっと前に臨時収入があった。

・・・例えば100万円・・・うそです。

想像に任せます^^;



フフフ 何を買おうか・・・

欲しいものは山ほどあるし・・・

パーっと飲みに出て水分で流しちゃおうか・・・

取りあえず貯金して、通帳(へそくり)を眺めつつほくそ笑んでみるのも悪くない・・・






・・・まてよ





ヲレは何を喜んでいるんだ?

ひょっとしてこの100万円・・・ウソデス。

ウン万円で貴重なものをとり逃しちゃうんじゃないのか?



ジンジャーエールの泡のように・・・

Dsc00237zz

そんな気がしてならない。

2017年7月14日 (金)

O孝キューピーマン

うちの職場(班)で取り組んでいるテーマがあります。

会社務めをされている方であれば、必ず聞いたことのある言葉です。

なかなか出来ないテーマで

会社だけでなく、皆様のご家庭であったり

ご自分のお部屋であったり、車の中であったりです。

ここまで書けば分かりますよね(^^;

そうです〇〇です。

取りあえずここに置いとけばいいや・・・

後で片付ければ大丈夫だし・・・

誰かが片付ける・・・だろう・・・たぶん・・・

最初はキレイで清潔な職場だったのに

取りあえず置いたものを忘れ・・・やがては忘れたことも忘れ

『誰がこんなとこに置いた!』・・・オマエダヨ^^;

そんなお爺ちゃんも数人いらっしゃる、わたしのLOVEするこの職場^^

6人/12人  半分が新人さんで、何(テーマ)をどうしていいのか分からないのですね。




4月から始まったこの凸凹チームの小集団活動

各個人個人にエリアを割り振りされまして

わたくしに頂きましたエリアは・・・

直線的な距離は45m 幅3mの無法地帯を攻略せよ!とのミッションインポッシボー(^^♪

人の進入を拒むそのエリアは特に奥など

絶対に侵入不可能な難攻不落な魔城のような不気味さを湛えている。

こんな場所をわたしにチョイスしたO孝キューピーマンのサド攻撃には負けないよ。

他の若手の場所もそこそこのレベルではありますけどね。





数回にわたり、全員での進捗報告会をしましたが

これが中々・・・どうして・・・やるじゃない

新人のくせに(笑)

O孝キューピーマンの成長ぶりも、目を見張るようであります。

そこからの指示も的確で確実に出されているので

分かりやすく、進めやすい。




個人の能力・職場の能力が徐々に上がって来るのが分かり

次の中間発表報告会が楽しみです^^

8/18の勤務明け19日の朝でしたか・・・ハ?朝?・・・19日の・・・?




ヲレ18日の勤務有給で休み出してんだけど アラ(^^;

でも、大丈夫でしょ^^

ここまで出来てるし、今後の方策も見えているようだし

後はいかにウソを・・・もとい

いかにべしゃりを上手くするかによるって聞く側を騙す・・・じゃなく納得です納得。

納得させるかです(汗)



行く先は見えにくいかもしんないけど

みんな、随分力を付けて来たんだから

進めて行けば必ずできるさ!

チームは凸凹してるんだけど、葉は十分付いてるからね^^

Dsc00250z

7/14 深夜の出雲市駅南口にて

2017年7月13日 (木)

ひろさん転落現場へ行く

「ひろさん 大丈夫だった?」とかよく聞かれます。

「あ~落ちたヤツね^^;」

かさぶたが一か所残ってるだけで

体中の打撲・打ち身・擦り傷・切り傷はほぼ直りました。



<その岩 凶暴につき>ってことで書きました。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-96ae.html


きのうはちょうどお休み・・・行ってみっか^^



現場確認会を実施してきました。

左一番上の黒い岩 あの向こう側であります。

斜面的にも急でしょ。

Dsc00218zz



足場はこんな感じでグリップ力は◎・・・実は

Dsc00221



問題の場所です。

Aに立ち、Bに右手を置き、左手にはロッドを持ったまましゃがむ・・・

右足をC地点に降ろす(AからCまては80cmくらいはあるだろうか)

Uic4awfnyg42ts11499912811_149991316


この時身体の進行方向(A・Cの前に)穴らしきものは見えずであります。



立ち位置を左に移動してみましょう。

Cの下にぽっかりと穴が開いていますね。

この穴でした。

底は2.5m~3m

入口にちゅうぶらりんで引っ掛かってたんですね。

そのままバンザイしてたらと思うと・・・怖いwww。

Tgqfbolq56qfahh1499913650_149991379


落ちたルートからは帰れませんから

大岩を左に迂回するコースを選びました。


この下から上って来るのね。

これ、下から見ると壁なのです。ヒェー

Dsc00224z



数年前に来た時より、崩落が進んでいて

以前のルートではないところを通ったためと思われる。

もう一つは“何かに”引っ張られたけど

わたしの守護霊さんが止めて(守って)くれたのかもしれない。




いずれにせよ、生きている・・・有り難い事です。

釣りをされる方

過信は禁物、安全第一 釣果は二番(確かに二番は釣れる 笑)

くれぐれも身体を一番大事に遊びましょうね^^

2017年7月11日 (火)

抜き差しならぬ

最近年を取ったせいか(足腰が動かなくなりつつあるんで)

メバル場とか、撃ち方とかを次の世代に伝えていければな~・・・と思っています。

足場の安定した漁港周りはまだまだ現役で撃ちたいのですが

筋力勝負・心肺勝負・恐怖心勝負・次の波でさらわれるかも勝負・ジャンプ勝負etc・・・

と、結構 心技体が必要な横綱クラスのポイントがあります。

いつまでも“ヲレが ヲレが”ではイケません。

次の世代に引き継ぎ、隠居生活に・・・な~んて考えもありましたが・・・






わたくしの大先輩である“某隊長”がこんなにも頑張っておられる!

一応 状況報告らしきものが書いてあったので太字でコピペ完了(無許可デス^^;)



抜き差しならぬ状況・・・



Img_4749_20170710001950cf41_2



原住民は耳・鼻・口とかですけど

そこはきっと神の領域・・・


神様が成される事なので、絶対笑ってはイケませんが


ブッ・・・ブッ・・・_| ̄|○∠))バンバン 神様・・・勘弁してください。

2017年7月 9日 (日)

干からびたヲレ

昨日の仕事は辛かった・・・

一日中、高温多湿の部屋へ出たり入ったりでした。

午前中は「アッツー」くらいで済ませれたけど

午後からは(特に後半)頭が痛くなってきた。

その後、ムカムカする吐き気

追い打ちをかける如く、更に倉庫内へ出たり入ったり

これがトドメにいけなかった・・・

定時のチャイムが鳴る3分前

急に喉が渇いてきた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




引継ぎもそこそこに着がえ、車中の人となった。

帰路途中にあるグッディ斐川店により、ポカリスエットをゴックンゴックンと飲む。

しばし車中にて電源OFF・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅してからも身体のだるさ、喉の渇き、目の焦点のずれ

ビール一本飲みましたがそこでダウン・・・・・



只今 1:10 目が覚めてしまいました。

脱水か熱中かわからないけど、たぶんそれ。

若い人なら大丈夫かもしれないけど、年寄りにはキツイ



今日も。っていうか、とーぶん続く仕事なんだけど大丈夫かいな・・・

キチンと言った方がイイんかいな?

もう一日様子見したほうがいいのかいな?



年寄りの冷や水になりはしまいか・・・(;''∀'')




Soldierfiltration1





会社・・・行けんのか?

取りあえず寝よっと。

2017年7月 6日 (木)

若いおしり

いやはやなかなかキツイ四日間でした(^^;

わたくし4日出勤して約48時間お休みの三交代制勤務であります。

いわゆるナース勤務みたいな ウフ♡

(でも職場はゴリゴリの♂職場)



わたくしちょいと職種内容が変わりまして

修行僧のような顔と気持ちで接しており

その他のテーマ(以前与えられたテーマ)が進めにくくなっておりました。

予定ではこの4日間である程度の決着を付けようかと目論んでいましたが

状況が状況です・・・

3日間若手にお願い光線を出しつつ、当然の如く主に立ちまして進めておりました。

着々と4日間の目標に到達しようかとの勢いです。

最後の4日目(勤務最終日)です。

わたくし一人で何とか頑張れば終わりそうなんですが

勤務最終日(しかも深夜勤務最終日)に若手に応援残業をお願いした・・・ゴメンネ。





「や~わね ひろさんが残~なら^^」・・・・(大泣)

もうね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・泣いたね。


スクールウォーズや金八先生のリアル出雲弁での会話ですが。

4日間連続の半日残業でしょ

しかも生産ぢゃなくってゴミの片付け残業。

Oー君をはじめふ~みん

摩〇 ちょ~の ソルティーくん

ホントお世話になったね~^^

いい若手に巡り合えたのも何かのご縁でしょ。

有難いことですね。 感謝しないとね^^


Dsc00199zzzx


疲れた身体に沁みこむ一本

日本で一番初めのラガービール

いつの間にか姐さんが買っていたビールである。

今日のビールはやけに旨い

若手のケツはヲレが責任を持つ

それくらい嬉しかった4日間だったのだ(^^♪

2017年6月26日 (月)

その岩 凶暴につき

ふぅ~なんとか家に辿り着きました。・・・一安心です(^^;






この2時間前・・・

姐さん 「また 一人で行くの?捜索はしないからね~」

わたし 「大丈V^^ いつものとこだから」

「場所はどこ?」

「〇〇方面かな?」

「落ちらんやに」

「は~い」





最近定番のところでは釣れない状況になりつつあります。

空梅雨とか気温とか、水温に場荒れ、外れ年とか・・・

言い訳は山ほどありますが、近年魚体数自体が枯渇傾向にあるような気がします。

そんな事を考えながらのプライムタイムは

夕日を追いかける時間となりました。

数年前に訪れた時ですが、ほぼバージンポイントでした

一応、足を踏み入れる時は人間の足跡があるかを判断しながらの進入です。

当時は、一投目から食いが立ち、かなりの釣果をしたものでした。

やはり未開の地にはパラダイスがある・・・

ただ・・・恐怖はありました

鹿とか熊とかオバケとかそういう恐怖じゃなくって

(基本、わたしが行くとこはそういう系のトコね)

何と言うか・・・人間を拒む?

人が来てはいけないトコ?

今思えば“そこだけ”岩(地盤)が違うんだよね。






プライムタイムの時間に着き、沖を見れば

どっぷりと沈んだ夕日に吸い込まれるように

海の色が青から漆黒に変化している。

まだ肉眼で確認できる明るさを頼りに進入路に踏み入れた。

数年前より随分変化しているようだ・・・

これが自然の摂理なのか

人が侵入した形跡は全くなく、あくまでも自然な土砂流出が確認できた。

左へ左へと下って行き海面まで2mまで来た

もちろん、来たルートを振り返りながら頭に覚えさせる。



見事なロケーションだ

数メートルはある岩がゴロゴロと一面にあり

その岩が砂山の如く海中に広がっている

山の稜線と海岸線、岩を見れば海中の様子もそこそこ判断できる。

シャロー岩礁帯をプラグで表層引きしてみた

もう少し前に出れそうだがそこはかなりの危険を伴うようだ。

アタリはなく隣(右方面)への移動を決断した。






一気に暗くなってきた・・・




ここからの移動は一旦上へ登り、巨岩の上から下るルートを確認しなければならない。

来たルートを一歩一歩確認しながら、落ちないように

上といっても完全に登りきる前の位置に巨岩があり、そこからのルート検索だ

数年前もこのルートを通った記憶がある

左手にはロッドを持ち、ヘッドライトを照らし、慎重に・・・慎重に・・・



巨岩の上に着いた。問題はここからの下るルートを考える・・・

数年前の巨岩とは少し様子が違い凹凸が激しくなっているようだ

右の10tはあろうかと思われる巨岩に寄りかかり

左ルートと、このまま直下ルートを比較した。

左ルートは1~2tクラスの岩が3個重なっていている

もし転げ落ちたら、ワンバウンドして5m下の海へ直行になりそうだ

へばりつきながらの降下は必至で、左手のロッドが邪魔になる。

直下のルートは右の巨岩を右手で掴み

50~60cm下の3tクラスの岩に足が付けば問題ない。

足が付いたらその岩の凸凹に足を掛け、50cm下の着地点に降りれるはずだ。




右手で凸凹の巨岩岩肌を掴んだ・・・掴みやすいぞ^^

静かにしゃがみ込み左足を空中に出してみた

右足と右手に神経を集中させている

ライトで左足の先を照らしてはみたものの、平ではない着地点は近いけれど

急斜面になっていて、そのままザザーっと落ちる可能性がある。

左足を戻し、今度は右手と左足に神経を集中させ

右足を空中へ出してみた

多少距離はあるものの、先ほどの左側より着地斜面角度が柔らかい




直下ルートに決めた。



右手での掴む場所をライトで照らし、手をずらしていくルートを確認した。

左足は最大限に縮め、右足を着地点に向かい伸ばし始めている・・・

徐々に右手を移動させ、右の腰を伸ばし右足を更に降ろす・・・

右の足先が着地点に触れた。ヨシ^^

左足をMAXまで縮め右腕を伸ばし、右足の土踏まずが完全に着地した

徐々に右手をずらしながら右足に体重を乗せていく

左足は悲鳴を上げているので、そーっと左足を離しながら更に右足に体重を重ねる




全体重が両足に乗った。

海面までは後 8mはあるだろうか

僅かながらの夕日の残党が、水平線の曲線を残している。

両足が着いて、一瞬の光景がそれだった。(ほんの1秒くらい)

次の瞬間 体が宙に浮いた

落ちた・・・瞬時に思った











さっきまで体は海に向いていたのに

目の前にはゴツゴツした岩があった

落ちたのは分かった

生きているのも分かった

その二つが分かった

素早く状況を確認・・・左腕に強烈な痛みがある・・・ロッドは握っているようだ

右手のグローブがない・・・右手にも激痛

足に体重という感覚がない!

足元に視線を移すと・・・そこには・・・地面が無かった

正確には地面は見えるのだが2m下にある

しかも土管の中を覗いているようだ

両足がダランと見える

腕が痛い・・・両肘がどうなっているんだ・・・







なんと岩と岩の間に両肘だけで引っ掛かっていた

このままバンザイすると狭い狭い2m下の岩穴に吸い込まれてしまい

そのまま・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐らく、バンザイの態勢から腕を戻すこともなく

携帯にも触れず朝まで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





腕に力を込め、首を上に上に伸ばしながら胸筋と背筋を動かした

無我夢中とはこのことだ

その態勢から体をどうやって立て直したかわからないが

地面にへたり込んでいる

すぐさま身体の異常を確認した

頭や顔に痛みや衝撃はなく、首から下に問題があるようだ

首も動くし、両腕両足、手足の指の感覚と動き 可動範囲・・・

胸やあばら 背中から臀部への感覚・・・

問題は身体の右側と左側に痛みがあり

岩肌での擦り傷が大半のようだ。

猛烈に汗が噴き出している事にようやく気が付いた



ロッドは当然折れていた。




呼吸を整え落下ルートを照らしてみた。

最初に立っていた巨岩を確認した

そこから右足を伸ばして、両足を乗せた岩もある

その岩から下へ着地するはずだったのに・・・落ちた

岩から落ちると、着地点の手前(岩の直下)に落ちた穴が口を開けていた。

よく穴の入り口で引っ掛かったもんだ・・・改めて穴に落ちていたらと思うと・・・




落ちたルートはもう使えないことは判った。

ヘッドライトと首から下げているライトを全照し、帰るルートを探した

落ちたところから照らすルートは、人間を拒むような表情に観える。

地盤は柔らかく土砂が崩れる可能性も無きにしも非ず。

しかし、ルートはそこだけのようだ。

とてつもない恐怖闘いながら、両手両足を掴めるもの、踏ん張れるものに集中させた

安全なところまで登り一安心した

車まで行き、ライトを点け身体のダメージを再確認した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イテテテテ




車に乗り込み姐さんに電話

姐さん 「どした?落ちた?」

「う・・・うん」

「はぁ~?・・・飲んだから迎えに行けらんけど」(知っとるわい)

「大丈夫・・・運転できそうだから」

「あっそう・・・バカじゃないの」

「そうかもしれない」





そのままの血だらけでウエルネスへ・・・

店員さん 「エ?・・・どしたんですか?」

「ちょっと落下しちゃって アハハハ」

消毒液 抗生物質 ガーゼを購入



Dsc00129zz


Dsc00131zz

ほか、打撲擦り傷箇所多数


傷だらけのロッドはポッキリと

Dsc00133z_2



スパイクブーツには穴が空き


Dsc00134z_2


ウインドブレーカーですが

Dsc00127z_2





耐えに耐えた左腕

Dsc00128z




原因は、両足を付けた岩だと思います。

あの辺りの岩は雨風の浸食に弱く

数年前の岩肌より凸凹が進んでいました

ゴツゴツ感があり、グリップ力も他の場所の岩よりありそうですが

実はモロイ・・・

斜めになっていてもゴツゴツ感に騙され

体重を乗せた瞬間に崩壊・・・そして落下

しかも真下には(上からは全く見えない)穴があったとは・・・

シゴク勉強になった。




現在、身体はギコギコしながらでも動かせるんで問題ないようです。

本日は公休日

ふ~みんと釣りに行く予定です^^

大丈夫 昨日の場所には行きませんから(^^;

2017年6月23日 (金)

不器用ですから

わたしはブログを書いています。

ブログの下に島根情報などというバナーを貼っています。

書いてる情報は、島根情報でも何でもないんですが

日々の徒然なブ活動を島根情報として発信しているわけで・・・いわゆる島根愛ですか^^

↓コレね^^





実は・・・正行に謝らなければなりません・・・



ゴメンね 正行 ってことで書いたのですが

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-852b.html



島根県 注目記事(2017 6/22 22:50時点)

Zz_2


わたしの力(ゴメンね)不足です。



ゴメンね 正行 1位になれなくて・・・(ちなみに正行に対し愛はありませんから)





6/23 6:40時点 20位・・・( ̄w ̄)ぷ

不器用ですから・・・

グッとワンプッシュ↓

2017年6月21日 (水)

ゴメンね 正行

先日です・・・




「姐さん 正〇のところへ行かない?」

「そうだね 最近行ってないし 行こうか^^」

姐さんの運転で〇行のお店に向かった・・・





car・・・マッテロ マ〇ユキ





左手に回転ずしの大きな看板が見えた

「回転ずしですな~^^」 と、何気につぶやく・・・

すると姐さん 左折ウインカーを出し始めた

ま・・・まさか!





すまん・・・〇行

申し訳ない・・・正〇



茶碗蒸しと冷酒 サイコーっす


Dsc00105z


ま・・・マサ〇キ・・・も・・・もう食えねえぜ

Dsc00107z




ヲレは北山に向かって叫んだ

ごめんよ~~~正行。

より以前の記事一覧