日記・コラム・つぶやき

2017年3月12日 (日)

王様への仕込み

さて、翌25日(2月25日土曜日)です。

昨日の病院でのショック状態からの~姐さんの右ストレートで完全ノックダウンでした。

女性は土壇場で強い!といいますか・・・開き直るといいますか^^;

根性あると思いますね。(感謝です)

姐さんの右ストレートで少しは落ち着きましたが

3月1日は次なる病院行きが決まっているわけでして

そこからの展開がわからない状況です。

実は、仕込んだネタを今月中に仕上げなければならないのです。

(仕上げるってわたしが仕上げるんじゃないんですけどね^^;)

去年の12月10日から準備を始め、某局にオファーするわけですよ(笑)

そこから番組制作会社に依頼され

突然某氏への連絡が入る・・・みたいな。

某氏・・・驚いたらしいです。そりゃそうだ。

何回かのやりとりがあり、撮影開始の運びとなりました^^

そして放映された内容を見てわたくし・・・至極感動しました。

想像していた内容と、仕上がりの内容があまりにも違いすぎて

ぜったいこっちの方がイイ!と、つくづくテレビってすごいな~って。

(出演された方々ですか?モモモもちろんイイに決まってるじゃないですか アハハハ)




そして仕込みのネタはもう一つあるのです。

2月の頭でしたね。ある方にご無理申し上げまして(ホント無理いいました)

その仕込みネタを2月中に仕上げていただくたく・・・

(だって3月は腰と足がどうなるかわかんないしね)

25日朝。連絡がありまして「完成しました^^」と!



よっしゃ~^^



今日は忙しくなりそうです。

お昼過ぎに受け取りに行きまして・・・プッ・・・プッ

笑っちゃイカンのですが・・・プッ



ぶっわっ~はっはっは~ スミマセン。



言っときますが一番うけてたのは姐さんですから。



そして、いよいよお届けに行きました。

右足が思うように動かないので杖をついているのですが

この時だけは杖なしで歩行です。

姐さんが横にいたら頼ってしまいそうなので、

姐さんは車内から様子見(車中待機)していただきました。

(なんとなく某氏に対してライバル心があるので、弱みを見せたらヤラレそうで^^;)


さすがに杖なしではギコギコ ヨロヨロ フラフラしてます。

ドアを開ける直前気合注入しました。

ここからは真剣勝負なのです。 ナニガ?



中ではほんの少し待たされましたが、ちょっとだけ緊張しました。

だって虎とかライオンがいるんですよ・・・わたしの横に。

メッチャ見てるし・・・

「どうぞ こちらへ^^」

「はい。有難うございます。」

案内されたのはいつも通される応接室です。

そして王様の登場。

あとはひたすら謝るのみ。

「絶対に怒らないでね」 「マジ怒らないでね」 「ホント怒らないでね」



王様は男だからイジッてもいいけど、御妃様は女性・・・

姐さんなんてさっきまでヒーヒー笑い転げてるし・・・それにしてもサイコーダナ^^



Img_6102f





「いや~これは これは^^」

と、一応笑顔で王様には返していただきましたが、王様の事です。

きっと御妃様の逆鱗にふれ、大軍勢を引き連れて攻めてくるやもしれません。




いつでも迎え撃つ準備はできています。

杖を振り回すおじさんは特訓中ナリ。

Img_6097d

そんな2月25日でした。

2017年2月10日 (金)

炭水化物職人

いよいよ明日・明後日と開催される出雲麺フェス

島根ワイナリー内 シャトー弥山が会場であります^^

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1485144824132/index.html


1

ラーメン篠寛 牛コツラーメン

パスタREGARE カニのトマトクリームパスタ

出雲うどん山太 和牛ホルモンうどん

出雲そばそば縁 割子そば3種盛り



すでにメニュー画像と各麺の紹介もあり、ひとつひとつ見て行くと・・・

これはたまりません^^;




C3jovnjvmaamavo1



あぁ・・・何度見ても飽きないビジュアルと殺し文句の数々。

ただ、一日で四麺制覇となるとかなり手強いですね。

二日間通うか、家族や友達とシェアするのがベストかと思います。




炭水化物職人の血が騒ぐわ~(^^♪



・・・白ご飯はあるのだろうか(笑)

2017年2月 8日 (水)

蜃気楼に引き寄せられる キャッツポウ

五十数名の飲み会を終え

気分が悪くなった若手を送り届けました。

わたしもこのまま帰ればよいのですが・・・

運転手さん 「次はご自宅ですか?」

「代官へ戻ってください」・・・ア~ア 言っちゃった^^;

駅通りで降ろしていただき、二次会会場へ戻ってみた。

すでに、ちりじりになったようで、数名がカウンターで飲んでいた。

面長な彼女(彼)に電話してみたがすでに彼?と合流しているようだった。ザンネン(笑)

Zbn1ibhpy828xiz1486531978_148653205



さ~ひとり飲みの時間がやってきました^^

代官町を一回りし、思いついたのが、少し前に某先生が行かれたお店。

ここに入りましょう。

Img_6055a



去年9月ごろにオープンされ、いつかは行かねばと思い

またもや先生に先を越されてしまいました。(実に手が早い先生だ^^;)



すでにろれつが回っていない状態だったので、一杯だけ飲んで帰るつもりであります。

黒を基調としたシックなお店です。

オーセンテックバーでしょうか?

今はお客さんはいらっしゃらないようです。

「こんばんは~」

「ハイ いらっしゃいませ^^」

奥から迎えていただいたのは女性バーテンダーさん。

「はじめて来ました。一人です。どこに座ればいいですか?」

「どこでもどうぞ^^」

「いえ 指定してください。」

「ではこちらへどうぞ^^」

ビンゴであります。

実は“先生と同じ席同じ席”って願ってました(笑)

次はお酒ですね。

この場面でも願ってたことがあってですね

“先生と同じ酒同じ酒”ってね。

三本候補に上がりまして

「う~んこっちかな~お勧めは^^」

とお勧めしていただいたお酒がこれまたビンゴ!




グレンリベットの1824

どことなく柑橘系の香りが鼻孔をくすぐります。

ひと口飲むと、甘い味の奥に、ナッツ?クリーミーなコクってんですかね?

長い余韻が楽しめるお酒ですね^^

先生はコレを飲んでいたのだ。

Img_6056a



女性バーテンダーさんとふたりで飲みはじめ(強制サセマスタ。^^;)

二杯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三杯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四杯??????????????

時計の針は翌日を越えていますね。

ここまでくると、ろれつの回らないおじさんは更に話そうとして

レロレロと繰り返しているのです ハハハハ

よ~し きちっとしゃべってやると思い

話し出すと「あろれ~このコノコノ間ね~」自分でしゃべってて情けね~

そんな酔っぱらいの話を真正面から真面目に聞いていただきました。

2:00閉店らしいけど、1:30ごろだったか?

帰りたくなく、まだまだ酔っぱらっていたいけど

さすがにご迷惑になりますからね。撤収いたしましょう。



出雲一畑の前、のどぐろ日本海の隣にあります

バー キャッツ ポウ さん遅くまで失礼しました^^;

ご馳走様でした。



赤や緑や青 白い街灯や黄色い街灯が蜃気楼のように揺れている。

この蜃気楼にまた、引き寄せれれる事だろうな~^^

Img_6063a

2017年2月 6日 (月)

オイオイ 負けてんじゃね~ぞ

先日の寒い朝の事でした。



会社は自宅から車で15分の通勤距離ですが

この時期、車内が暖まる前に会社に着いてしまいます。



うぅ さぶっ!

外気温は3℃

7:45 会社の駐車場へバック駐車し、歩いて5~6分の建物入口に向かいます。

この時間になるとたくさんの派遣さん・日系さん達が大型バスで到着されます。

指定の場所に到着したバスからはそれはもうたくさんの方達が・・・




《よその国へきて働く》




うちの会社のモラルとして、通勤時、ポケットに手を入れて歩いてはいけない。

寒い時くらいはイイじゃん・・・と思うけど イケないのです。

わたくしも一応社員です。

いくら寒くっても突っ込むわけにはいきませんしね。

ましてやバスから降りて来た日系さん達

皆さん手袋してるじゃないですか^^;

ハア~こっち見てるしね。

わたくし素手通勤

絶対 突っ込まね~ぞ!!!





わたしは歩道を歩き

日系さん達団体は5~6m右隣の車道横の歩道を歩いていました。

その歩道は建物の工事があり、三角錐の工事用ポールと

ポールとポール間を繋ぐ黄色黒のポールで工事エリアを決めてあり

一般の人が入れないようにしてありました。

こんなやつね

Img556675821

45228316540551_2





数十メートルかな?



日系さんと平行に歩いていると

斜め前の日系さん(女性)がしゃがみ込みました

ん なんだ?

すると倒れていた三角ポールを起こし

連結するポールを先端に差したではないですか。

後ろを歩いていた男性(日系さん)もすかさず気づき

もう一本の倒れている三角ポールを起こし、連結ポールも差し込み

元戻しして、エリア確保をしたではありませんか!

あっという間の出来事でしたが・・・感動しました^^






むか~しのテレビのCMで“一日一善”と流れていました。

小学校の時、道徳の時間で“一日一善”と教え込まれました。





日本人なら当たり前のことですよね・・・だったはず。

今、このような場面に出くわしても、誰か元の状態へ戻すでしょうか?




よその国へきて働いている人が

さも日本人のようにさり気なく元へ戻し

それを見てすぐに手伝うもう一人。






オイオイ 自分の国で働いているヲレ

負けてんじゃね~ぞ^^;

2017年2月 3日 (金)

みんなエライんだな

カップ麺にカップ焼きそば

カップスープにカップカレー・・・(カレーはないか^^;)

今やちょいと小腹が空いた時とか、本気食いしたい時のお弁当&カップ麺みたいな

日本人の食には欠かせないインスタント系カップ麺です。

そしてこのカップ麺、期間限定とかナニナニバージョンとか

さまざまに、枝葉の如く種類・系統・味・店名・地名・世界地名が散りばめられており

選ぶ側としても手に取り、パッケージを眺め

作り方を読み、5分?・・・長いから無し!とか

過去に食べた色々なバージョンを思い起こし

このパッケージから連想され、はたまた想像されるであろう味や香りを

最大限膨らませながら

“きっとコレはあんな味なんだ”と、過去に食べたことのある

わりと美味しかった類のモノにあてはめ、購入。

3分待って食べたものの・・・コレは無いな~

“やっぱノーマルでしょ”と思い直し、ノーマルを買いに行き

“さすがノーマル品”と改めてノーマル品の凄さを感じずにはおれないのは




わたしだけでしょうか(^-^;





この期間限定品とか、なになにバージョン・なになに家系などなどのシロモノですが

いたってヒットしないようなのだ。

そして、その商品が発売されて数週間~数か月後

ノーマル品の売り上げがキュイーンと跳ね上がるらしい。

メーカーさんも売れないのを分かってて出す。

そしてその後、ノーマルの売り上げをキュィーンと伸ばすためだと・・・ね





まんまとメーカーの手の平に正座しているわたしはエライ。

世の中エライ人だらけで回っているのだから、みんなエライんだな^^

Img_36411

2017年2月 1日 (水)

ネガティブ・ポジティブ・アクティ部

姐さんと晩酌しながら、どーでもいいような話をしているわけですよ。

時事的な話もあれば、芸能三面記事的な話

飲んだ輩の話しですからね・・・着地点がわからず

結局ネガティブな話か、ポジティブな話に着地しちゃうのです。

ただ、ネガティブな話にしてもポジティブな話にしても

茶飲み話、飲んだ話でお馴染みの 「ふ~ん^^」で終わってしまう。





建設的ではないノダ。




姐さんと連れ添って三十有余年

「ふ~ん」なんかで終わってしまうと、考えることがなくなってしまい

ますます老化現象の思うツボであります。

お互い、阿吽の呼吸だけは避け、常に緊張感を持った夫婦生活を送りたいものだ。

何を言っているのだヲレは(笑)




いやいや・・・晩酌話です。

晩酌話をしてて、「ふ~ん」で終わらせるんじゃなくって

なんか・・・こう

勇気が出るとか・・・

元気が出るとか・・・

おっつぁんとおばさんだけどさ

オレらにも“やれる”んじゃね~の

みたいな・・・最後のしめとかオチを付けたいんですよ(^^;





よくあるのが、TV番組の“仕事の流儀”とか“カンブリア宮殿”“なぜそこに日本人”

そんな 頑張ってる番組なのですが

見終わると、なるほどね~とか、感動した!とか勉強させられます。

ですが、わたし達の年代になると

「あの人たちは特別だから」とか

「うちの子供に見せたかった」とか

「20年前に見たかった」とか

全てやりたくないないがため、年を取っているから出来ない理由付けをして

チャンチャン♪ そんなオチで終わらせてしまっている。




実は

「今日が一番若い日」

「今日が一番元気な日」

「今日が一番動ける日」

「今日が一番死ぬまでに時間がある日」

なのですよ^^

何かにつけ、この言葉を使っています。

するとお互いにニコニコしちゃいます。

べつにこの言葉を言ったから

お互いに何かをやろう!って事にはならないんですけど

「ふ~ん」では終わらない、ニコニコする着地点を楽しんでいます^^






本日 2月1日(水) 17:30~出雲ケーブルビジョンにて初回放送があります。

17:30以降は

19:30~

21:30~

23:30~

(この番組、2月中はリピート放送があります)

https://www.icv-izumo.ne.jp/

https://www.icv-izumo.ne.jp/catv/comch/#

このご夫婦の歩んでこられた道のりは

お互い、きっとつらい事もあり、ネガティブに陥ることもあったでしょう。

もちろん嬉しく、楽しい出来事もたくさんあり

ポジティブな時期もあった事でしょう。



ただ、アクティ部に動いたからこそ今があるのだと思います。

たくさんの方々に観ていただきたいですね^^

初回放送を観ていないので何とも言えないのですが

真面目なご夫婦ですので(だと思います)、きっとイイ番組になっていることと思います。

が、どこかで ぷっ!とブッ込んでくるような仕草でもあれば台無しです(笑)



うちら夫婦も24時間時計でいうと、人生16:30

寿命が来るにも早いし、寝るのもまだまだ早い。

夜ご飯や宴会も始まらない時間です。

ただ晩酌をぼちぼち始める時間ですが(^^ゞ



よし アクティ部に動くぞ・・・明日から・・・あさってから・・・来月からって

だいたい何を動くんだ?・・・予定はないけどね。

「今日が一番若い日」と、言い聞かせている今日この頃ナリ^^


Img_7569zaqwe

いろいろな質問とか予想されますので、今回のコメントは閉じております。

ゴメンネ~^^;

2017年1月29日 (日)

海とイチゴ大福と桜餅

昨日は暖かかったですね^^

一昨日の荒れ模様とはうって変わっての晴天でした。



こんなに天気良かったら、ふつ~ドライブでしょ 彼女と rvcar・・・



わたくしの愛車、出目金くんの助手席には

連れ添って32年の彼女が鎮座しとらいます。



常に出かける時はわたしが運転し、彼女は助手席を守っております。

ジャスコ(現イオン)では必ず日本酒の試飲を欠かさず

ワインの試飲も進められるがままに 「こりゃ~こりゃ~」と遠慮なく・・・

最近ではソムリエさんも「おくさ~ん どうぞ^^」

と、わたしより姐さんをターゲットにしておいでです^^;

わたくし奥様に優しいハンドルキーパーであります。



姐さんの大好きな出雲大社さんへ向かってみましょう。

神門通りを直進すると、沢山のお客様です。

大鳥居君の自宅をチラッと見ると・・・あら お出かけ?

せっかく顔を見に行こうと思ってたのに~。

(焼肉(^^♪ 焼肉(^^♪)




神門通りを真っ直ぐ上がり左折しました。

スタバを通り越し、神迎えの道方向(西)へ左折します。

この道をゆっくり通ると、家々の玄関にしめ縄が結わえてあるのが見えます。

中には、玄関両隣に門松も飾ってあるではないですか!

どうやら、旧正月までは飾っておくのが風習らいいですね。





お蕎麦で有名な荒木屋さんの前を通り、すぐ行くと大社の四つ角に出ます。

右折しすぐ左の駐車スペースに車を停めます。

車から降りると春なんじゃない?と思うくらい暖かい。

二人で御菓子とみやさんに伺います。

お店の前を女将さんが掃き箒を使い、サッサッサッと掃除をしておいでです。



「おはようございます~^^」

「あら~こんにちわ~^^ いらっしゃいませ~ささ どうぞ~」

「今日は天気がいいですが~」

「あ~あげですが~」

これがイイんですよ この何気ない会話がね~




御菓子を買い、いざドライブの続きを・・・





11:30分 大社築港に着。

二人でまずは、伸びをする。 う~~~~~~~~~~~~~~~~~ん

気持ちイイね~^^

しばらく大社湾内を散策しようか

港の中は小さな小魚が無数に群れているようだ。

これ・・・鰯の子かな?

鰯の子らしき数百の群れは先頭を行くやつ、

あくまでも中核に居て周りの状況に合わせているやつ。(人間界と同じかい)

大変なのかな~?




そんなことよりさ

こんな日はね

ボーーーっとしながらイチゴ大福ですよ^^

夫婦で防波堤に座ってさ・・・

いただきましょう。

Img_0175f




次は桜餅持って散策。

Img_0174f



ぽかぽか日和にイチゴ大福と桜餅

幸せを実感できる瞬間ですね^^

みな様も如何ですか?

パートナーを誘ってお天気の海辺・・・いいですよ^^



・・・きょうは天気・・・雨でした^^;

2017年1月26日 (木)

切れるスキもん

真っ黒なお店の前には開店祝いのお花があった。

どんなお店なんだろうか?

田舎もんのおじさんにとっては中々入りにくいお店であり

一先ず様子見として通り過ぎるほかありません。

なに気な感じで、ゆっくりチラ見しながら通過すると

奥行きのある店内で、右側の壁一面に展示してあり

お店の中央にもショーケースがあるようです。

お客様は・・・(驚)

ガイジンさん?しかもいっぱいいるし・・・デカイ!

日本人って見えなかったけど・・・店員さんヤーイ^^;

再び通過してみる・・・

エ?エ?日本人いないの?

めっちゃ気になるお店なんだけど・・・どうしよう

よし 入ったる!




さり気なく、オーラを消しながら小さいおじさんはスーッと入るのでした。

ナニナニ?ガイジンさんばっかやないですか(汗)

いや・・・いました日本人スタッフさん。

ひとまず安心して、入口から壁に展示してあるヤツを見る・・・




ウッsign03 スッゲ~up



食い入るように見る・・・見る・・・

なんだこの光り具合は・・・見る・・・

次の展示・・・見る・・・

はぁ~ すげ~な~

すると背後にもの凄い殺気を感じてしまった。

振り返ると・・・壁。

じゃないです。 外人さん。

でっけ~ マジ ニメータハアルナ(;''∀'')

恐る恐る見上げた顔はニコニコしているぞ?

小さい日本人のおじさんはとてもニコニコ顔など出来るはずもなく。

ましてや ヘロ~ ナイスチュ ミーチュ~(^^♪

なんて頭の中では一瞬考えましたが

言葉なぞは一切出ず、上を見上げながらひたすら口角を上げていました。

(実際にはほっぺたがピクピクとやたらに動く 引きつってるのね)

するとその外人さん、更にニコニコして言いました。

「お客さん 包丁好きだね 見ててわかるよ^^」

え?店員さん?日本語ペラペラやん!

「ここの包丁はね、三条 関 武生 三木 堺 土佐でね・・・」

ホウホウ・・・ナルホド・・・ウンウン・・・

と、実際上から(2m)目線で優しく、詳しくご説明いただきました。



中央のショーケースに案内されると

28諭吉さんの包丁であります。

こんなん芸術品やないですか アハハハ

一本一本眺めていると外人さん

「高いでしょ^^ でもね一番高いのはコレね」

もの凄く長い指で指した先は、ショーケースの中央にある平べったい石。

「な・・・なんですかこの石は?」

「60万円の砥石ね^^」

ろろろろろろろろろ・・・ださうです。




大阪は通天閣新世界のすぐ南。歩いて1分。

刃物工房 TOWER KNIVES大阪

「本店はココを出て、左に歩いて39秒のとこね」とは外人さんの説明である。




外人のお客さんが入って来ると「ちょっと待ってね」と言い。

実にネイチブな英語で接客しているではないか。

さすがに 本物はカッコイイ 身振り手振りが本物っぽい^^;



さて、連れて帰りたい包丁は多々あれど、何気に見つけたお店。

持ち合わせが・・・

外人さんとの会話で、ばれちゃったのか出雲弁?

「また 見においでよ^^」 ダト(^^ゞ




Img_0169a




お手頃価格から、怪しい光を放つ高級品までありまして

スキもんにとっては堪えられない目の保養場所です。

次回 大阪へ行ったら必ず連れて帰るだろうな~^^


Img_0170a



スタッフさんの真ん中にいるデカい外人さん。

もの凄くバカデカイ包丁持ってポーズしてるけど 怖くありません。

ときどき ブッ込んでくる フフッって笑える日本のボケ。

さすが大阪 スキもんにとってはたまらんですな~^^




Img_0057a_3

(正月明けに行ったときのことね)

2017年1月18日 (水)

彼女の一周忌

昨日は、彼女が亡くなってから、ちょうど一年が経ちました。

彼女っつってもわたしがただ自分の中で“彼女”って言ってるだけで

世間的にはふつーーーのおばさんです。

姐さんと一緒に何回か飲みに行きまして、姐さんも“オキニ”の彼女なのです。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-1fc8.html



彼女がお元気だったとき、いろいろと学ばさせていただきましたが

いざ、亡くなられてしまうと、生前の一言二言の意味の重さが思い出されます。

やさしくやさしく遠回しに言って下さったことが、彼女の心遣いだったのでしょうか・・・



「ひろさんはココが悪い!」とか「ひろさんのココを直せ!」とかそんな事は言わず

「わたしはココがイケんのよ~^^」

「わたしはココが悪いんだわ~^^;」とか・・・

きっとわたしや、姐さんも悪いと思われるところを

自分に置き変えて指摘して下さったのだと思います。ウンウン。


最強寒波襲来なんて言われてましたけど、寒波も収まった1月17日

彼女の一周忌はなんてイイお天気^^

快晴 快く晴れると書きますね。




お墓のお掃除をさせていただき、線香を点け・・・

しばし彼女とのフリートーク(笑)

Img_0118zz


親戚でも何でもないんだけどね。

年を取ってからの友達?

それはおこがましいか(笑)

でも、大好きだった女性です。



人間は生きていると必ず、生き死にに巡り合います。

生まれてきた子供への喜びと、死んでいく人を見送る覚悟。

生と死はどう受け止めるかによって

生きていくもの達への糧の大きさが変わります。



親が亡くなる時は子供にとって最高のタイミングでメッセージを残しながら死ぬ

と、言います。



わたしの父親もそうでした・・・あれがメッセージだったのかもしれませんね^^;


快く晴れています^^

Img_0119z


帰宅後。

「姐さん 美佐江さんの命日だけど 飲みに行く?」

「あたぼうよ~^^」




平日にもかかわらず、快く酔っぱらうわたし達(汗)

あの日も・・・楽しかったね~~~美佐江さん^^


0zefvczq42r6ppd1484661250_148466134

2017年1月10日 (火)

大阪珍道中 三十路の旅(笑)

6日~8日まで大阪におりました。



食い倒れの街 大阪であります。

せっかくの大阪ですからね、メジャーなところは置いといて

大阪庶民が行くようなところを目掛けなきゃね♪

初日の夜は串系でグイグイ グビグビ ぷは~~~。

Img_0002a




ただ、年末年始の暴飲暴食がたたったのか、胃腸の調子が思わしくありません。

ドラッグストアで胃腸薬を買い込み、万全の体制でホテル飲みを開始です(笑)

Img_0013a


実にすがすがしい朝です。(とりあえず画像では)

Img_0015a



8:00にロビーで姐さんと待ち合わせ。

姐さん 「どうした?顔がむくんでるよ」

「そ・・・そう?ちょっと飲みすぎたかもね アハハハ」

(血〇が出たなんて言えませんwwwww(;・∀・))

2日目は通天閣に行きましょうってことで向かいましたが

その間トイレに5回ですか・・・通いました。

「トイレが近いのはお爺ちゃんだよ^^」

「そ・・・そうだね。お爺ちゃんだね アハハハ」(血〇出とるっちゅうに)

Img_0020a


通天閣の展望フロアまで上がり、大阪をぐるりと一望しました。

真ん中の赤〇、その中に・・・

Photo


大阪城が見えました。

ここから見ると、都会のど真ん中に見えますね。

Img_0039a


通天閣といえば、ビリケンさん。

当然、足の裏をワサワサと・・・

Img_0030a


ちなみに通天閣のB面(裏っかわ)はこうなっていました。

Img_0054a


通天閣でも2回のトイレ・・・い・・・た・・・い。





ちょうどお昼の時間帯になり、目の前の新世界へ向かう・・・

もの凄い活気です。

お店の壁にはガメラが張り付き、ツルが飛び・・・

Img_0060a


グーフーが空を飛んでるじゃないですか。

Img_0061a


お相撲やさんなのか、食べ物やさんなのか・・・

Img_0062a


それにしても各お店の客引きには少々ウンザリです。

こんなに人がわんさかいるのに、なぜわたし目掛けて来るんでしょうか?

「お兄さ~ん お昼食べた?食べてないでしょ。うちちょうど空いてるん。どう?」

行けども行けども「お兄さ~ん」攻撃。

うちら4人で歩いてるのに、どうしてヲレ!

しかも同じお兄さん(お店側のお兄さんね)に2度3度。

そんなにお腹空いてるように見えるんだろうか?

ハッキリ言いますが、そんなにお腹空いてません。

ただ血〇が気になるんです(汗)

メジャーな通りを抜け、ラーメン屋さんを発見。

ガラス越しに店内を見ると、カウンターのみのお店で

8人掛けのカウンターかな。

カウンターの中には3人?4人?

席数に対して料理人が多くないか?

実に謎めいたお店ですね。

ここでしょ。ここしかないでしょ^^

引き戸を開けると眼光鋭い視線が一斉に・・・

「イラッシャーイ」

なんと!カウンターの中、お客さん全員中国の方。

田舎もんにとっちゃ~ドキドキもんですわ^^;

にもかかわらず姐さん「ビールと麻婆豆腐ね。それとよだれ鶏も」

この麻婆豆腐 はんぱないっす。

イヤイヤ 旨いんですよ。

そんなに辛くないし(な~んだちょっとガッカリだな)なんて・・・

しばらくモグモグしてると突然くるんですよ・・・辛さが

ジワジワとくるんじゃなくって突然ピーク!

でも旨い・・・でも辛い ヒーハー



Img_0065a


よだれ鶏。

このタレ コクがあって独特の香りがします。

これも実に旨いな~なんて味覚を楽しんでいると・・・

くっ・・・くっ・・・くくく・・・くわーーーーー辛い!

これぞ本場の辛さなのか、今まで味わったことのない鋭角的な辛さです。

太い辛さじゃなくってピンポイントで、ピキーンって感じ(マジ汗)

Img_0067a


そしてメインのラーメン。

鶏ガラ豚骨の、超超超濃厚ドロドロ系(チャーシュー20cm2枚入り)

Img_0069a


これくらいでチャイニーズパワーに屈してはイケません。

血〇くらいでビビるんじゃない!

若干 お尻の〇〇に力を入れながら全部食ってやりました。ワッハッハッハッハー。

その後、つま先立って歩いたことは言うまでもありません。|* ̄Д ̄*|ウム




そして夜。

4人から5人になって、焼肉店探し。

内心、ギブ寸前でした。

お尻の〇〇が崩壊寸前なんですもの・・・

食欲旺盛な4人はどんどん人気のない処へ進んで行くじゃないですか・・・

もうこの辺りのテキトーなところで落ち着いていただきたいのですが・・・ウウ

ありました。  着。

まずはトイレ確保 ホッ

Img_0072a


お肉は2・3枚で遠慮し、あっさりサッパリ韓国冷麺をいただきました。

スープ うんまいです。

ただ・・・麺が・・・

今まで食べて来た冷麺の中で堂々1位の硬さ。

なんちゅ硬さ。

なんちゅうハード。

麺ってこんなに硬くなるんだ・・・

と、へんなところに感心してる(感心してる場合じゃないケ〇の穴の心配しろや)

Img_0077a


ホテルに帰り、姐さんから部屋飲みに誘われましたがご遠慮申し上げまして

ベッドイン・・・

Img_0087a


翌朝、胃腸の具合も少しは良くなった感があります。

お昼は、何とか鶏のから揚げカレーという暴挙に出てしまいました。

お腹の事を考えないとイケないんですが、ついつい・・・^^;

これがまた 旨いの^^

から揚げも食べたことない味だし、カレーが う・ま・い^^

・・・旨いな~

辛口とも書いてないのにノーマルの辛さでコレ?

素晴らしくスパイシー!

サラダも活き活きした野菜で、ドレッシングが・・・バルサミコ酢?

スパイシーなカレーに実に合います。

Img_0094a


大人のポテサラ

バケットに、すんごい香り高いオリーブオイルを掛けて、ポテサラを乗っける

これも今まで食べたことのない味。

Img_0096a



そうこうしているうちに、お腹の調子も良くなり

あれだけ仲良くしていたトイレとも決別することができました。




出雲に帰り、最終最後のしめはしめ鯖。

Img_0109a


さすが、とらちゃん。

絶妙な〆加減と見事なサシ。

Img_0108a_2




おっと・・・忘れるとこだった。

大阪の焼肉屋さんでの一コマ。

ミスジって部位を発注し、「ウマいね~ウマいね~^^」って食べてる時

みんなの中の会話で何かが違う・・・

「ミスジってウマいね~」

「ふつうのお肉?」

「ホルモン系の部位?」

「カルビとかと、ぜんぜん違うね~このミソジ」

「出雲の焼肉屋さんにもあるの?ミスジ?」

「たしか あるよミスジ」

「あったっけミソジ?」

一同・・・

「ね・・・姐さんこのお肉って何て言うお肉だっけ?」

「ミソジ」

さっきから聞いてりゃ~ミソジ三十路って・・・五十路のくせに^^;



皆さんも お待ちがえなく(ミスジです)

Img_0080a

より以前の記事一覧