« ビリビリ感 | トップページ | 伸びてしまいました »

2018年7月16日 (月)

もったいない笑い

数年前・・・う~ん5~6年くらい前かな~

何かの本で少しだけ読んだことがある

『もったいない』

アフリカの女性として初のノーベル平和賞を受賞された、ワンガリ・マータイさん。

彼女が発した言葉 『もったいない』 明らかに日本語の言葉です。

この“もったいない”が全世界に広まり

もったいないの意味が世界規模で知れ渡ることになったのです。

どんな感じの鑑賞会なのか主催会場に行き聞いてみました。

「90分のDVD鑑賞で終わりですから」 と担当者さんはいう。

まぁまぁそのくらいなら行ってみましょうか。




平日の午前10:00~11:30であります。

ちょいと興味があったので、日時を調べたところ ピインポイントでお休み^^

とあるところへ参加申し込みに行き

当日の内容を確認しました・・・

フムフム 当日は




_dsc2720jpgz_2

DVD鑑賞の場所へ行くと、会議室にテーブルがぐるりと囲んであり

正面にはモニターがありました。

鑑賞会だから囲まなくてもいいのに・・・

などと思いつつモニターの正面(一番後ろ)に陣取りまして

どんな方が来られるのかワクワクドキドキした気持ちで待ちました。

じ・・・13人・・・しかも男性4名女性9名・・・全員大先輩の年齢です(汗)




時間もきて、主催者さんの第一声がありました。

「本日はDVDを観ていただき、少しディスカッションをしたいと思います。」

へ? ディスカッション? 鑑賞会だけじゃないの?

まっ いいや どうせ最後の5分とか10分くらいでしょ。

そしてDVDが始まりました・・・

15分も観たでしょうか・・・

主催者さん 「以上でDVDは終わりまして、環境問題についてディスカッションします。」



オイオイ! オイオイ! 1時間以上ディスカッション・・・環境問題ダゼ!



ヲレ以外ものすごい大先輩の方々ダゼ(おじいちゃんおばあちゃんですよ)

んなもんディスカッションとか無理でしょ^^;(ヲレも話せんし)




主催者さん 「それではこちらの方から順番に環境問題について思いをお願いします。」

最初の方・・・上手~話慣れてる方です。

次の方・・・もうね めちゃくちゃ自分の信念みたいなものを持っておられてすごい!

この時の私の心臓はトムとジェリーの追い詰められたシーンに見る心臓。

心臓がドキューン ドキューンと早鐘のごとく鳴っております。

いよいよわたしの順番がきました。

「それではお次の方お願いします。」

わたくし 「えーっと そもそもわたしがこの会に参加したのはですね・・・」

と、どこが環境問題やねん!って突っ込まれるくらい脱線した話(笑)

「・・・とこんな感じで思っています(;'∀')」 パチパチパチ

よ・・・良かったんだろうか




それからはアメリカ在住の方(たまたま帰省してらしてこの会に参加した)は

向こうでの環境に関する各個人での取り組みや

年に数回アメリカへ通ってる男性も向こうでの環境への取り組みとか

そのあとの方も、ま~~~ご自分の考えをしっかり持っておられて

さすがに平日の午前中に環境問題に興味がある方の集まりです。

全員お話がおわりまして急に恥ずかしくなりました。

だってわたくし、アメリカ在住の方がいらっしゃるなんて知りませんから

外国語(英語)のことを話しちゃったんです(汗) マイガーってやつです ハイ。




でも最後に「平日の午前中にここにいるなんてコイツ仕事してないんじゃないか」

クスクス・・・

「と、思われるかもしれませんが、無職じゃないですから~残念!」

クスクスクス・・・

もったいない もったいない 笑っていただけるなんて アハハハハ(~_~;)

« ビリビリ感 | トップページ | 伸びてしまいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おぞー❗️
おぞすぎー❗️❗️

本当はですかっしょん も 有る って
知ってたんじゃ?

で、何 を 発言したんです?

あ、今年は あれから30年

行かれますか?

やぎさん>毎日暑いですね^^;
マジでディスカッションなんて知らなくって、汗だく大盛り血圧上昇でした(笑)
あれから30年?綾小路先生ですか?ふふふ・・・^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/73834786

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない笑い:

« ビリビリ感 | トップページ | 伸びてしまいました »