« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

12月31日

12月31日 早朝です。

この雨降りの朝 6:55であります。

洗車機に朝一で向かいましたが、こんな感じで60分待ち(笑)

Dsc01580x


いよいよ2017年も今日一日ですね。

大掃除も無事に終わりまして、今日は地元の神社と万九千さん

大社さんへ一年無事に過ごせたことをご報告に参ります。

あとは我が家のお墓ね。

掃除は終わってるんで線香を上げに^^





さて今年も何とかブ活動を続けてこれました。

これも、こんなアホなブログでも見て下さる方がいるから・・・励みになるのです。

有難うございました^^

でも後半は仕事の忙しさと、体調のお爺ちゃん化でヘロヘロでしたね ハハハ

手術してから4年が過ぎ、なんとか生きております。

秋の検査で怪しい結果に悩まされましたが

大丈夫!なんとかなる! ウンウン!

そして新しい子供(隠し子)も出来たことだし・・・ウワーッハッハッハ^^




そうそう 最後にアップしきれなかった画像達に日の目を見せてあげないとね。


Dsc00854c


Dsc00860c



Dsc00824v



Dsc01094c



Dsc01365x


Dsc01367x

2

Dsc01393x




Dsc01397x




Dsc01417g




Dsc01473z

Dsc01479a4




Dsc01559b


Dsc01560b


Dsc01562b




Dsc01561b




Dsc01576x_2




Dsc01578c




Dsc01573c



Y


他にもありますが、このくらいで^^;

多くのお店に行きました。そしていろいろとお気遣いをしていただきました。

ほんとにほんとに 有難うございました。




皆さんこの一年はいかがでしたか?

それぞれに想いがあることでしょう・・・

来年は皆様にとって、今年よりも もっともっと善き年になりますよう・・・


では!



おっと そうそう

倫樹くん 幹事お疲れ様でしたね。

お見送りまでしてくれてありがとうね。

姐さんも 「イイ子だね~^^」と言ってたよ。

これからもよろしく。

来年は君にとって飛躍ある年でありますように。



Dsc01564b

2017年12月27日 (水)

お蕎麦をいただいた

「ひろさ~ん コレ親父が打った蕎麦だけん^^」

見ると、見事な手打ち蕎麦の束である。

「え?頂いていいの?」



ありがとうございます。m(__)m




早速 御相伴させていただきましょう^^

Dsc01497p


取りあえず一人分を湯がき

Dsc01500p


これまた親父さん製のお出汁と共に・・・

Dsc01501p


台所での立ち食い蕎麦であります。


美味い!

多少 切れ切れではありますが美味い!

ここ数年、年末に数軒の方から手打ち蕎麦をいただくのですが

どの手打ちも、打ち手さんの個性が出ています。

今回のお蕎麦は切り方も均等で舌触りもいい。喉越しもいいですね~^^

お出汁も出雲系ではなく、松江系?お蕎麦との相性もバッチリです。

ツルツルっと飲んじゃいました。

鼻から抜けるお出汁の香りもグー!

Dsc01502p


実にイイお蕎麦です。

Dsc01507_2


ただ、「うちの親父が打っちょ~けん」・・・



継承しろ 継承!


継承してもらわなければ、もしも親父さんになにかあったら・・・

うちに来なくなるじゃないか(笑)

素質はあると思うから、ぜひやるべきだと思う。 ウンウン

2017年12月25日 (月)

ダメ人間万歳

“昼間っからお酒を頂いてダメ人間になろう会”

なんともクリスマスイブの真昼間 15:00~

飲んでやろう!って会なので

そもそもが人間的にだらしない人達なのです(♂の皆さん)

ただそれに付き合う女性陣は凄い。

世の女性たちはこんな男性に付き合うのだろうか?




ツバメヤさんにてスタートしました。

Dsc01508z_2




お昼を食べに行くと他人が昼間っから飲んでいるのが気に入らないらしく

チッ とか言いつつ、自分が昼間っから飲んでいる時は

ど~だ~いいだろ~と

優越感に浸るのが最近お気に入りの元祖ダメ人間のShugoさん(左)

と、そんなShugoさんのダメ人間ぶりに憧れているという

11月からは毎週のように忘年会に明け暮れていて

身体からアルコールが抜ける日がなく

これはこれで

かなりのダメ人間を露呈していることに全く気が付いていないながさん(右)

ちなみにわたしは禁酒10日間くらいしております。

姐さんは「違うだ~ろ~違うだろ!お前はそんなにしていない!」とキレてますが^^;

イヤイヤ 10日間は禁酒してますって ハハハ



Dsc01515zzzx_2



ダメ人間道をアツく語りながら痛風持ちが真っ先に白子の天ぷらに手を出す。

だから痛風になるのに・・・ダメ人間は学習しないのだろうか・・・

Dsc01513c


「フムフム そうなんですね~」

Mikiちゃんまでもがダメ人間の話術にはまっている


Dsc01517zzx





わたくし1次会で撤収しようと考えていましたが所詮むりとわかりました。

だってまだ6時だし^^

通常なら近くのスナックとかワイン屋さんとかバーに行きますが

なんと!HERAさんに直行(笑)



Dsc01521z

当然お腹はいっぱいなので、お好み焼きは初のパス。

アテとして単品注文を数品しました。

ダメ人間がクズ人間の話しで盛り上がっているのは

ピリッともしませんが、牛スジポンの一味はピリリとして効きますね~^^


Dsc01525zz_2



さすがに個室ではないHERAさんで被り難かったですが

大丈夫 飲んでしまえばこっちのもんですね。


Dsc01542z



HERAさん お騒がせしました。

ほんとはあと二つズラがあったんですけど

もう少しフィッティング調整してからにします(笑)



Dsc01534b



HERAさんに行ったからにゃ~しめは中華でしょ。

中華といえば紹興酒で乾杯。

出雲翠苑さん おじゃまします。

Dsc01547z


誰も発注してないのに、座るや否や出て来た料理。

店長曰く 「これで帰ってね^^;」


満場一致で居座ることにする。

Dsc01551a



ワイワイやってると、いつまでも帰らないダメ人間が気になったのか

厨房からノッシノッシとパンダの克克がお目見えになりました。

克克の最近のお気に入りは雪虫とのことで

「雪虫って知っちょ~かね~?」

アツくしゃべりたいご様子なので、一緒に座るように勧めたのですが

陰の料理長がコワイらしく、そのお話しは次回に持ち越しとなりました。

Dsc01558zzxc



本日は15:00~21:00撤収だったっけ?

ふつうに18:00ごろから飲んでたら午前様ですね。

出雲は早いところで14:00から開店しているところがあるので

今日みたいな飲み会もアリだと思います。

特に翌日仕事だったりするとグイグイ飲めるもんじゃないし

ましてや午前様ともなると、確実にお酒・・・残っちゃいますもんね。

“お天道様があるうちゃ~お酒を口にしちゃ~いけねぇ”

と聞いたことがありますが、それもまぁ 時代の流れってことで

柔軟に対応していきましょうか。

(たまには)ダメ人間万歳(^^♪

2017年12月20日 (水)

風邪っぴき

11日の更新が最後で9日間も空いてしまいました。

今月は1日 4日 11日と今のところ3回しか更新してないですね。

今月に入り、師走による気ぜわしさと?

やらねばならん!責任感の強さとで(笑)

ついつい無理をした感は否めないのです・・・

(老体にムチを打ち過ぎたのか・・・ツケが回って来た)


夜に熱が出たーーー(子供みたいですね)


職場の皆さんには申し訳ありませんでしたが

1日お休みを取り病院へ行きました。



主治医曰く 「免疫力が低下した時に風邪になりますよ」



風邪菌はそこいらじゅうに居て、どんどん体内に入ってきているのだ。

そこで身体の免疫力(抵抗力)がある人は風邪にならない。

免疫力が下がった人は風邪を引いてしまう・・・

・・・今月は思い当たるフシが山盛りにあります。



熱は出なくなりましたが、鼻づまりと咳

喉の痛みに、味覚麻痺と食欲不振(体重変わらず アレ?)

禁酒も頑張っております。(欲しいと思わなくなったのにはビックリ)




24日と29日の忘年会は、万全の体調で臨まなければなりません。

もちろん仕事もね。



今年も残りわずかです。

一日一日を大切に、確実に、心優しく乗り越えましょ^^

ヘックショ~ン

Dsc01496





2017年12月11日 (月)

出ちゃった

忙しい~って言いたくないけど、忙しいsweat01

残業続きと、忘年会幹事のお役目があり、大車輪の如く活躍しました^^;

残す忘年会は最低でもあと二つ。

24日は“昼間っから飲んでダメ人間になろう会”

なぜか幹事 ハハハ

パンスト相撲とか面白そうだけど、ぽっちゃり系のわたしの顔が不利になるのでヤメ。

一応ハゲズラだけは準備しておこうか・・・

29日は職場の忘年会が某お鮨屋さんでありますが

姐さんとの忘年会が先約だったので職場のは欠席します。

職場が優先じゃないの?って?

ごめんね。先約優先なのね^^

まさか、同じお鮨屋さんで飲んでるとは・・・ここだけの話しってことで^^;




そそ、町内の忘年会幹事をしているわけですが

ビールを冷やすために氷をクーラーボックスに準備します。

あまり大っぴらには言えないのですが

某漁港で仕入れています。

300円でたくさんの氷が買えるので重宝しています。実は先日・・・




いつものようにクーラーボックスをセッティングします。

真上から緑色の大きな筒状のホースが垂れていまして

クーラーボックスのフタを開け、ホースの口をクーラーの中へ入れます。

「姐さん ホース持っとけよ」

姐さん 「ホーイ」

姐さん 「ひろちゃん 何か書いてあるよ」

見ると、操作盤に貼り紙がしてあります。






何々・・・ 氷が多く出る時があります。 注意してください。

氷が多く出る時があるんだ・・・フムフム

注意しなければいけませんね。 ウンウン。

Dsc01465s_3






「氷が沢山出ることがあるんだって! 注意しろって!」

「ホーイ」

「よし スタートするけん ホース持っとけよ」

「ホーイ」

スイッチを押すと いつもの音がしました。

シュー・・・ガタガタガタ ゴー!!!

勢いよく氷が出始めました。

ゴーガタガタガタ!!!!!

いつもならここら辺りでシュー コトコトコトコトって終わるんですが

ゴーガタガタガタガタ!!!!!が止まらない

姐さん 「キャー パッツンパッツンだわ~!^^!^^!^^!」

叫びながら笑い転げる姐さん

それどころではない

完全に当たりである。

多く出ることがある。ではなく、多く出ている現在進行形なのである。

クーラーから少しこぼれてはいるものの、姐さんが笑いながらホースを支えているので

いつもはシナシナのホースが、筋骨隆々に膨れながら

上へ上へと・・・コホン・・・勃〇していくのです(笑)

このまま行くとホースは爆発

天井の製氷機からもの凄い量の氷が落ちて来て

わたしたち夫婦は氷の海に呑み込まれ凍死するのでは・・・

それと、製氷機を壊した罪も被せられ

悲惨な年末となるのは必至・・・

笑い転げながら筋骨隆々を楽しんでいる姐さんと

操作盤を片っ端から押しまくっているヲレ (笑うわ)

ようやくシュー コトコトコトコト と止まった。


見よ この筋骨隆々・・・ってかどうしましょ(汗)

Dsc01462s


覚悟を決め、ホースを エイ!

筋骨隆々の中身は一気に放出されました。アーア・・・デチャッタ。

通常の5~6倍は出ちゃってますわ。

ひたすらに氷を捨てる作業に、手がかじかんで辛かったっす。



Dsc01463s


注意して下さい。じゃなくて

予備の入れ物が用意してあるとか

心の準備をして下さいとか書いてほしいわ。


Dsc01464s_2



最近、何かと当たり続きのわたしと姐さん。

ツイてますshine

きてます きてます。

きまくりやがって、出まくりやがってます^^

2017年12月 4日 (月)

迷いやすいタイプ

「あら?今日は陳麻婆じゃないんですか?」

「はい。姐さんはまだ四川炒飯食べたことがないんで(^^ゞ」

と、ウソを言ってしまいました。

イヤイヤ 確かにコレは食べたことがないので、まんざらウソでもないんですが

正しくは、うちの姐さん・・・

二日酔いです。

なので、辛い物を食べつつ炭水化物も入れようじゃないか

的な親心でわたしの推しです。

(6時間もビールだけ飲んでる女はなかなかいないと思うわ)




対面から摘まんだ付け合わせの漬物(たぶん泡菜)サイコーsign03


Dsc01399m




汁無し・・・マーラー・・・サンラー・・・

毎回迷いますが今回は辛ネギサンラーをチョイスしました。

くぅ~~~旨い^^


Dsc01400m


隣のカップルさんも悩んでましたね~

汁無しとマーラーとサンラーの声が聞こえてきました。

わかるわ~キミらの気持ち。

基本、マーラーとサンラー 両方のスープが味わいたいんだよね。

でも汁無し担々麺の魅力にも心揺さぶられるってことでしょ^^

汁無し担々麺にすると汁気がナイのでマーラーかサンラーにしようか・・・


なので・・・

汁無し担々麺にマーラーかサンラーのスープがどちらか一杯付いてたりするとウレシイ。

それと汁無し追い飯用の白ご飯セットね^^

出雲翠苑さん ご馳走様でした。

次回はマーラーの予定ですが、汁無しの魅力が横ヤリを入れそうです^^;

2017年12月 1日 (金)

行き当たりバッチリ お先MAX

京都・大阪・奈良の旅でもう一つイベントがありました。

そもそも“ソレ”が目的でもありました。

ソレなんて言葉を使っちゃバチが当たっちゃいますが・・・




あるお方の住まいを拝ませていただくという・・・

それも言葉が違いますね

えっと~ 参拝とかお参りですね^^;

住まいを見に行くとは全く違いまして

ただただおそばに行き、手を合せたい・・・それだけです。





その方の生き方とお話しがとっても好きです。




さっきまでの通りは、もの凄い観光客の人々でごった返していました。

一本道を入ると誰も居なくなり、さらにもう一本入ると・・・

シーンとして場違いな田舎のおじさんとおばさんがキョロキョロしているだけですね^^;

ここに辿り着くまでも、大通りと路地を迷いながらでした。

こっちじゃない? さっきの路地でしょ・・・なんて





Dsc01169x


怪しい三人組が辿り着いたのは・・・

Dsc01182z


あっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ここです!ここに間違いありません!



もうね すぐさま三人で手を合せましたよ。

瀬戸内・・・もうお分かりですね。

Dsc01185z


瀬戸内寂聴先生

御年95歳

僧侶というのが一般的に知られていると思いますが

若かりしころから僧侶ではなく

小説家でありご結婚もされ、お子様もあり・・・

と、この辺りで止めておきましょう。

何せその後の経歴が凄まじいのなんのって

最近の離婚だ不倫だなんて週刊誌やテレビでやっていますが

当時からその最先端を実行してらっしゃるんですから(笑)

お話し(法話)なんて95歳のおばあちゃんの話しなんかじゃなく

お笑い芸人も真っ青になるくらいのマシンガントーク(爆)

日頃の悩みとか、嫁姑問題なんてズバズバと真っ二つに切られてしまいます。



Photo


きっとお忙しいので、お出かけになっていることでしょう。

お家も拝見し、手も合わせたことなので帰ろうとすると・・・

塀の横にある勝手口から一人の女性が出て来られました。

家の前に不審なおじさんとおばさん二名がいるわけですよ。(ヲレらね)

・・・っと 怪しまれない(通報されない)うちに立ち去らねばです。

その女性いったんは出て来られましたが、すぐに勝手口から中に入って行かれました。

わたしたちも走って去るわけにもいかず、ゆっくりとさり気なく去ろうとしていました。

すると勝手口からヒョイと顔を出され

「あの~」

「あ・・・ハイ。」

「お参りされますか?」

「へ?」

あまりの出来事に「へ?」しか出ない(凄焦)

実は、瀬戸内寂聴先生のご自宅

単立寺院でして、敷地内にご自分が建てられたお寺があります。

ご自分が朝と晩にお務めをするだけのお寺でして

お墓があるわけではありません。

四角いお部屋にご本尊があるだけ。

そこは毎月一回先生の法話があるのですが

全国から毎月2000人の応募があり

そのなかから抽選で150人の人しか入れない狭き門なのです。

「お参りされますか?」

「え・・・よろしいのですか?」

「はい。ただいま門を開けますので」




な・・・な・・・なんてこった!

有り難い 有り難い 有り難い



内側から閂を外され

「さ どうぞこちらへ」

わたくし右手と右足 左手と左足が同時に出ていることに気付きました。 コチコチ

入門するとそこはもう別世界でした。

きれいに手入れされているお庭ではなく

雑草も生え、雑木も所々に生えておりますが

無駄に惰性で生えている木々ではなく

凛とした生を感じます。

家主さんの気迫とか結界なのでしょうか。

Dsc011811b








そして案内されたお堂へ入らせていただきました。

「履物を脱いでこちらへお上がりください。」

畳四十畳ほどの広さでしょうか、正面にご本尊が御祀りされています。

作務衣を着た、60代のキリっとした女性です。

わたしたちの右前に正座をされ、姿勢をスッと伸ばされました。

「ようこそお参りくださいました。」

作法なんて全く分かりませんので、「ハハーッ!」と、とにかく平伏す三人。

もう一回言いますが、とにかく向こう様の質問に答えるのみであります(汗)

ですが、何回かのやり取りをしていくうちについつい出てしまう出雲弁(^^;

「あの~どちらからいらっしゃいました?」

「あ・・・はい。出雲です。」

「あら~^^」

女性・・・満面の笑み^^

「わたし〇〇町出身なんですよ^^」

一気に盛り上がる姐さんとツレ・・・お前ら頭が高いわ 控え~~~

そこで気になる寂聴先生のことを聞いてみることにしました・・・



昨日一昨日はビビットhttp://www.tbs.co.jp/vivit2015/の取材があり

真矢ミキさんとの対談をここでされていたとのこと。

ビビットの放送は12/8です。録画しなくっちゃ^^

丸二日間きっちりと取材と対談をされ、本日は向うで休んでおられます。

お堂の障子を開け、ほんの数メートル先にある別棟の障子を指さされました。

三人 思わず合掌・・・礼拝・・・




本来ならお堂内は撮影禁止ですが

扉を開け、ご本尊を中心にして撮っていただきました^^

そしてツレ 「あの~これ頂いていいですか?」

オマエ バカじゃないのか?

ここ(お堂)に置いてあるっちゅうか 飾ってあるっちゅうか・・・よくもそんな大胆・・・

「よかったらどうぞ お持ち帰りください^^」

ェエ!!!!!?

思わず イイんかい!

ツッコみ入れ・・・出来ませんでした(;''∀'')

有り難い 有り難い 有り難い

Dsc01178z

今回の旅の感想ですが、つくづくヲレらツイテました^^

スマホをタクシー(奈良)に忘れたのも、あのタクシーに乗らなかったら

おそらく帰って来てないかもしれません。

あのタイミングであのタクシーに乗ったのは、あの電車に乗ったからです。

そもそも奈良なんて行く気はなかったのに(夕方なのに)

姐さんとツレが 「そうだ 奈良に行こう^^」・・・アホか

まさか帰って来た方向へ、倍の時間を掛けて行かんでしょ。

先生のご自宅へ入れたのも、あの時間に家を見つけたからだし

たまたまあの女性が出てこられたからなのですよね。

もし、あと30秒時間がずれていたら絶対に入れてないですし・・・




基本わたしは方向音痴です。旅行にはガイドブックがないとどこへも行けません。

キッチリ計画を立て誰かに連れて行ってもらわねばなりません。

それに比べうちの姐さんとツレ。

基本が全くのノープランですから、こっちとしてはとても恐ろしいかぎりなのです。

よく見かけましたが、旅行者の多くはガイドブックを持ち歩き

ガイドブックを開き、場所場所に着いたら写真と現物を確認していました。

・・・なんだかガイドブックの確認作業をしているように見えました。

必ずソコにあるものを見て感動できるのでしょうか。

(わたしは今までそちら側でしたが)

姐さんのように、行き当たりばったりで行動した方が

多くの感動を得られるような気がしました。

寂聴先生の人生も、心の思うがままに生きて来られたから

波乱万丈と言われ、人が通常では経験できないことを経験され

全てが話しのネタとなり

多くの人に感動と、心の拠りどころとなるお話をされるのだと思いました。

思いがけない事に遭遇する感動は、ガイドブックには載っていないのでしょうね。

あまりないことに遭遇するから有り難い・・・



群れに隠れず、型にはまらず・・・

行き当たりバッチリ お先MAXでしょうか^^


Dsc01171z_4

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »