« 魔女の0.5撃が1撃にならないやうに | トップページ | お届け物を挿入 »

2017年3月 2日 (木)

脱がされやすいジャージで行く

最後に更新したのが2/13(月)で、今日は3/2(木)

まるっと17日間も更新が止まっていましたね^^;

だいたいのはじまりが、2/9(木)に腰が怪しくなりまして

翌10日は大事をとって会社をお休みさせていただきました。

11日12日と用事があったので、何とか誤魔化しながら過ごしていました。

13日は休日でしたので、ここで一気に安静を決め込み、布団からは出ず

ひたすら腰の稼働を抑えていました(笑)

それでも腰の違和感は消えず、ある腰痛のプロフェッショナルから

硬膜外ブロック注射が良い!とのお勧めがありました。

わたしの知り合いの方にも聞くと

「おお あそこの先生は良いぞ~ワシも行ったけど痛くなかったけんな~^^」

と、腰痛持ちのプロフェッショナル2名からのお勧めなのですよ。

ここで一発、硬膜外ブロックなる必殺技をぶち込んでいただき

翌日からはリニューアルした腰で、ブロックに次ぐブロックで、

完璧武装の出来上がりとなるはず。・・・でした。

そこまでの経緯はコチラを↓

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/051-5a8c.html



13日 病院にて・・・

レントゲンを撮り、画像を確認しながら説明いただきました。

足の動きはどうかとか、足の痺れはあるのかないのか?

痛さの程度は?部位は?

レントゲンの画像を見ると相変わらずの画像であります。

(昔っからの腰痛持ちなので、いつも通りに背骨の隙間がありませんナア~)

(それと第四と第五の骨がずれて(すべって)おります)

先生がおっしゃるには、このくらいのものならブロック注射はお勧めしませんよ。

とのことだ。

いやいや、明日から仕事なんで、できれば少しでもリニューアルして仕事したいんですよ。

でも、注射しても効かない可能性もありますよ。

と、押したり引いたりの腰(押し)問答がが数回あり

先生 「ふつう、背骨に注射って言ったらほとんどの患者さんがヤダ!って言われるけど」

わたし 「い・・・痛いんですか?」

先生 「人それぞれですが・・・背骨の間に注射ですからね」

わたし 「わたしの気持ちが変わらないうちにブスっとやってください。」

先生笑う(〃艸〃)ムフッ




ここでいうブロック注射とは、腰骨にダイレクト注射のことであり

通称 硬膜外ブロック注射であります。

絵的にはコレね。


Herunia1

Mgabulo1




直球で痛そうですね^^;



さっそくベッドに横たわり、看護師さんにズボンを脱がされ、半ケツ状態になる。

(よかった・・・脱がされやすいジャージにして)

(それとパンツ。迷彩柄のシブイやつ。そこは事前に履き替えておく気遣い 爆!)

右側を下にして猫背状態になります。丸く丸くネ

背中の半分から半ケツ(むき出し)部まで消毒をされます。

なにやら腰の部分でカチャカチャと乾いた金属音がしています。

(この音がケッコー怖い)

先生 「じゃ今から麻酔を打ちますね。痛いですよ~」

「ハイ どうぞ」(せ・・・腰骨に麻酔なんて・・・ハッキリ言ってビビル)



チクリ   ッテ!・・・でもこんなもんか

先生 「大丈夫ですか?」

「ハイ 大丈夫です」

1分 2分?



先生 「はい じゃ 今からお薬注射しますからね」

2・・・2段攻撃なのか・・・

先生 「痛いですよ~」

ッタ!

先生 「じゃ お薬入れますね~」

ットトトトトトトトトトト!

2分 3分?


Fotolia_27884183_xs1






先生 「ハイ 終わりました。」

「有難うございました。」

先生 「このまま1時間横になっててください。」

「1時間ですね」

先生 「少しして薬が効いてきたらじんわり暖かくなってきますから」

「ハイ わかりました。」

・・・ほんとだ・・・右の腰から足にかけてじんわり暖かくなってきたぞ^^

1時間の安静後、先生から足の痺れや違和感の有無を聞かれ無事、岐路へ着くのでした。





と、本日はここまでにしておきます。

なかなかPCの前に座れない状況なのです。

言っておきますが、座れない=痔ではありませんから。

« 魔女の0.5撃が1撃にならないやうに | トップページ | お届け物を挿入 »

病気」カテゴリの記事

コメント

チャレンジゃーだ!

おぞて、しゃん注射は出来ません

そほど、痛かった訳なのですね⁉️

カバオ!さん>いえいえ 大したことありませんよ。
ただ、生まれてこのかた経験したことのない痛みです ハハハ。

モニター映像見ながら針を刺すのではなく、『感』で硬膜外を的確に探り当てる凄技は、実は先生の前世、必殺仕事人だったのでしょう(笑)
よく医大のオペに麻酔医として出向されるので、もしかしたら以前ひろさんのオペの時も立ち会ってたかもしれませんよ^^(この世は縁でつながってますから)
動物の体は自然に元へ戻そうという働きがあるから『時間が薬』と思って焦らずに養生して下さいネ!

引き続きガソリン代を稼いでおります(^^;
とーさんは大事にせにゃいけんよ。

Toshiさん>その節は大変参考になり、お世話になりました。
以前は仙骨硬膜外ブロックでしたので、今回の腰骨硬膜外ブロック。初体験でした。
またお世話になる先生のような気がします。かなり印象付けしましたから(^^ゞ

tomさん>ぶりがかかっても曲がりそうにない杖でがんばっとる。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/69703136

この記事へのトラックバック一覧です: 脱がされやすいジャージで行く:

« 魔女の0.5撃が1撃にならないやうに | トップページ | お届け物を挿入 »