« ブッ込んできたおじいちゃん | トップページ | ピースな夫婦 »

2016年12月16日 (金)

精神集中

前々から台所に立つのは好きです。

料理も好きです。(下手だけどネ)

仕事が忙しかったり、いろんなことで頭がパンパンになったりした時、

全く違ったことをしてリフレッシュしています。

その一つが料理です。




そして、更に集中したい時。

My包丁を研ぐのです。

一心不乱に研いで研いで研ぎまくるのです。



ギラッと光る牛刀



研ぎ具合の確認で、乾いた新聞紙一枚を犠牲にします。

左手に持った新聞紙と、右手に軽く持った牛刀。

手元の刃を新聞紙に当て、スーッ と引く・・・

なんの抵抗もなく刃は下へ降り、切っ先へ抜ける。

新聞紙の右側は、牛刀の引きに合わせてハラリと手前に垂れて落ちる。

もう一度・・・

もう一度・・・

ちょっとでも引っ掛かるようなことがあれば、一心不乱に研ぎ直しにかかる。



My牛刀・・・ずいぶん、ちっちゃくなった気がする。


Img_5899a




これがまた一杯ひっかけてやると調子がイイノダ。

刃物は危険がつきもの・・・気をつけなければ(*-ω-) (*-ω-)ウンウン ヒック・・・

Img_5896a

« ブッ込んできたおじいちゃん | トップページ | ピースな夫婦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

牛刀、欲しいです。

さごしサイズなら
牛刀の方が
身が割れなくて、良いらしいです。

僕も、酔って磨く事もありますが
水分を拭き取る時、何時かは刃先で
手を切ってしまいそうな
気がします。

カバオ!さん>そうそう!切っちゃいそうです(^^;
お互い気をつけましょう。

ひろ様
包丁研ぎもされるんですね。
私も愛用和包丁達の手入れが大好きですねぇ。
やはりせっかく料理するなら、キリッと良く切れる包丁が楽しさが違う様に思っています。
研ぎ痕の具合からすると、砥石は♯1000くらいですか?

カバオ様
はじめまして。
こちらに、たまにコメントさせていただいているわんきちと申します。
たしかに、サゴシなんかの身の薄い魚だと刃厚の薄い牛刀系は便利ですね。
ただ、せっかく古来からの魚食の国、日本ですから、そこは最適な包丁達もあると思っています。
おっしゃっている身割れは、いわゆる「出刃包丁」だと起こりがちなのかもしれません。
出刃包丁の特徴である刃の厚さが三枚卸しなんかでは少し邪魔なんでしょうね。
しかし、そこは良くしたもので、良く見る出刃包丁と刺身包丁との間をつなぐ何段階かの和包丁達がいます。
相出刃、船行包丁、身卸出刃、身卸柳などと呼ばれる何種類かの包丁達です。
私は出刃包丁と刺身包丁の間として身卸出刃を使っています。
出刃のシルエットで刃厚が刺身包丁くらい、というイメージのものです。身の薄い魚でも卸し易くなかなか良いものです。
洋包丁である牛刀系が持つ万能性の高い便利さも良いのですが、作業毎に最適化させる日本らしい専門性の高い道具もやはり違う便利さを感じられ、私などは魅力を感じています。
ご存知の内容でしたら申し訳ありません、包丁好きゆえについつい長文となり失礼しました。

わんきちさん>いやいやお恥ずかしいかぎりです。
研ぎに関してはズブの素人であります(^^ゞ
砥石も緑のやつと、茶色いヤツが裏表にくっついてるものです。
緑も茶色も中砥だと思います。おそらく800~2000までではないかと。
最近、3000以上が欲しい・・・なんてね。

その砥石はおそらく
薄紫の台座付きで透明蓋付きが便利な
「砥石の王様」
シリーズでは!?
それなら♯240と♯800の荒砥と中仕上げで両面になってるはずです。
使い良い砥石ですよね。(^-^)
♯3000ならオススメがあります。
ナニワ砥石さんのエビシリーズの♯3000です。
この近辺ですと、荘原にあるホームセンター「コメリ」さんに置いておられますね。
黄土色の砥石で台は黒です。
お使いのステンレス系包丁でも良くかかり相性良いハズですよ。
1000円ちょっととお手軽なのがまた良いです。

わんきちさん>コアな情報有難うございます。
わたしの砥石は、農道沿いのナフコかナンバで購入したものでして
黒い台座のやつです。
ちなみにわたしの牛刀ですが、一応日本鋼でしてすぐ錆びるのです トホホホ。

ひろ様
包丁も砥石も見立て違いでしたね。(^^;
日本鋼でしたか。良く切れそうですね。(^o^)
しかし、自分が好きな事ですとついついエキサイトしてしまいすみませんでした。(*_*)
また寄らせて下さいませ。

わんきちさん>牛刀の他に、もう一本小さいのもあります。
こいつは青砥スーパー鋼で、どちらかというとこっちがスキです。
ジャスコ・・・じゃなかったイオン出雲店の包丁コーナー見られました?
行くたびに毎回ジロジロしております^^;・・・買ってやる!!!

ひろ様
青紙スーパーの刃物をお持ちですか!
さぞや良く切れるでしょうね!
私は、刺身包丁と普段使いの三徳包丁が青紙2号のものです。それでも良く切れると感じてますのでスーパーなら凄そうですね。
あと、イオンの2階、行ってみましたよ!
魅力的な刃物達がズラリですね。(°▽°)

わんきちさん>青紙さんは、ラピタ本店敷地内の刃物屋さんで目に止まり
一目ぼれってやつです(笑)

ひろ様
あの刃物屋さんですか!
先日の土曜日に「あごう」さんで新そばいただく前に立ち寄って包丁みましたよ。
確かに「青紙スーパー」の三徳包丁ありましたね。
なるほど~。

わんきちさん>あそこのおばさんに「素人は砥がないほうがいいよ」
と、言われましたが・・・
好奇心には勝てませんね^^

ひろ様
好奇心、さすがですね。
そうは言われても、どんなベテランも最初は必ず素人ですもんねぇ。
私自身、1年前より半年前、半年前より今。
と研ぎが上達してるのを感じますから。
1年前の研ぎなんて今見ると恥ずかしいくらいですもん。…ずいぶん昔に知らないのにがっつり研いで、取り返しつかなくなってる包丁もあります。
包丁には申し訳ない事をしてますが、それがなければ自分の今の研ぎはないですね。
(取り返しつかないと言っても、本来の用途に不向きでも、違う用途向けに改造して一応現役ですよ。そんな事も昔より上達してるからこそです。)
自分の道具を自己責任で手入れ出来るようになるのも料理の楽しさだと思いますから。

わんきちさん>アツいコメント有難うございます。
わたくし、わんきちさんの足元にも及ばない、ずぶずぶの素人ですから^^;
見よう見まね・試行錯誤で心も砥いで参ります。ナンチャッテ~~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/68819355

この記事へのトラックバック一覧です: 精神集中:

« ブッ込んできたおじいちゃん | トップページ | ピースな夫婦 »