« さすが大虎さん | トップページ | なんだかウキウキ »

2016年8月19日 (金)

シュッ さあ大変!

ところ変われば・・・

ココはフランス

アメリカ人のジェニファーさん(うら若き女性)

フランスへホームスティしている女子大生であります

このジェニファーさん、あるとき寒気に襲われ

風邪でも引いたのかと思い

スティさきのマダムにその事を言うと

マダムは温かいスープなどを作り、優しく看病してくれた

ジェニファーさんはマダムから熱を計るようにと、体温計を渡されました

体温を計ろうとジェニファーさん、渡された体温計を

パクッと口へ入れた





それを見たマダム

ふだんはとても冷静なマダムが

アメリカ版 オーマイガー的に身振り手振りで何かを訴えているではないか

慌てたマダムの口からようやく出て来た言葉は




『ジェニファー! ノン!』




訳がわからないのはジェニファーさん

体温計を口に咥えながら

両手を広げ方を少し上げながら例のポーズをとる

『なんなの?』

少し冷静になったマダムが言いました

『ジ・・・ジェニファーその体温計は、口で計るんじゃないの・・・それは・・・』




マダムはおずおずと自分のお尻を指す




なんとフランスでは体温を肛門で計るのが一般的だったのです

思わず、シュッ!っとロケット発射のように吹き出すジェニファーさん

マダムは大爆笑し、ジェニファーさんの熱も一気に下がったようですよ

リラックスで熱が下がったのでしょうかね^^








ところ変わればそれぞれのお国柄(文化)が違うようです 勉強になりました



若干下ネタでしたかね

少々反省しています・・・が

思い出しました^^   肛門ネタ(^^ゞ




某、谷村新〇氏の持ちネタで強烈なお話しが・・・



ある青年が、一人暮らしのアパートでボーっとしていた

ふと見ると、机の上に単三電池があった

暇をもて余しているうえに、何事にも好奇心旺盛なその青年

ふと・・・思った。

「この乾電池は肛門に入るだろうか?」という疑問が湧き、即検証と相成った

ズボンとパンツを脱ぎ捨て下半身をあらわにした青年

肛門にそっと乾電池をあてがってみると

面白いくらいにフィット感があるではないか

ちょっと押してみた

「これは面白いぞ」

ちょいとばかり力を入れた瞬間

シュッ!と乾電池が肛門に吸い込まれてしまったから さあ 大変!

焦れば焦るほど奥へ奥へと入って行く乾電池

それはもう焦りに焦った青年だが

そのうち片足をちゃぶ台に乗せ、リラックスしてみた・・・

するとゆっくりゆっくり戻ってくることに気づいた

しかし乾電池の頭が顔を出したところで、先っぽを掴もうとすると変に力が入り

また奥へ引っ込んでしまう乾電池

こうなれば持久戦とばかりに目を閉じ全身の力を抜いていると

しばらくして  ポトリ と乾電池が床に落ちたではないか

青年がほっと一安心して目を開けると

そこには青年の彼女が青ざめた顔で立っていた

腸内探査船、乾電池号帰還の一部始終を見て

完全に引いている彼女に対し青年の言った言い訳が・・・



「今まで黙ってたけど・・・お・・・おれ・・・ロボットなんだ」




A51007709l1



くれぐれも リラックスが大事ですね^^;

« さすが大虎さん | トップページ | なんだかウキウキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ロボットと肛門で
星新一さん を連想しました。

冷静な判断

経験値 必要ですよね~~♪

カバオ!さん>経験値は必要ですが、乾電池号の経験値は危険が伴うようです。
自己責任でお願いします(笑)

俺は...
女性が使う基礎体温計は「アソコ」に入れて測るもんだと思っちょったゎ(爆笑)

REDさん>あ・・・あのね・・・(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/66860360

この記事へのトラックバック一覧です: シュッ さあ大変!:

« さすが大虎さん | トップページ | なんだかウキウキ »