« 豚肉の四川式山椒オイル煮 | トップページ | しまりのない大人 »

2016年4月21日 (木)

進化したおそば屋さん

朝一でMRI撮って、郵便局へ行き

次に心臓の病院へ行き、薬局

包丁屋さんで研ぎ出しを受け取り、代わりの包丁を出し

散髪屋さんでおしゃれ染めをし(あくまでもおしゃれ染めです^^;)

ようやくお昼ご飯にたどり着く

14:00

さすがにこの時間ともなれば空いていることでしょう

献上そば 羽根屋さんに行ってみま・・・アレ?

お店の前の駐車場に警備員さんが立哨しておられますが?

ウインカーを出して入ろうとすると

『どちらへ行かれますか?』

『はい そこの羽根屋さんへお蕎麦を食べにですが』

『はい どうぞ^^』

へ~警備員さんに駐車場警備を・・・なんですね

ゆっくり入りながらナンバーを見ると

広島 山口 岡山 鳥取 香川 静岡 宇都宮・・・・・・・

島根ナンバーはわたくしだけじゃないですか

ってことは店内は県外の方ばっかですから

人間観察大好きなおじさんにとって

興味津々 ワクワクしてしまいますね^^




お店に入ると、1Fは満席です

『こちらでお待ちください』

レジ前の椅子に座りながら、店内のお客様を観察(ゴメンナサイネ)

聞こえてきますね~お国訛り

カップルさんや、ご家族さん

女性の一人旅(勝手に想像です)

学生グループ

妄想大スキおじさんにとって、たまらなく脳が活性化します

願わくばど真ん中の席が好物です^^




『お待ちどうさまでした こちらへどうぞ』

すると店員さん、わたくしの目の前にある階段に・・・

い・・・イカン

このままでは二階に連れて行かれしまう

個人的にはココ(一階)でのワクワク感を楽しみたいのだ

そしてわたくしのような、地元のおじさん一人に対し

二階なんてもったいない

『あの!』

『はい 何でしょうか?』

『わざわざ二階なんて・・・ココで大丈夫ですよ』

『いえいえ二階にもお席、ご用意できますので^^』

そ・・・そうですか

それじゃお言葉に甘えまして

まっ 二階にも県外のお客様いらっしゃることでしょうし

それなりに“空気”を楽しめばいいでしょう

階段を上がり、『こちらへどうぞ^^』

『コ・・・ココですか?』

『はい^^』

『ココってどこでもいいんですか?』

『はい おスキなお席へどうぞ^^』





初めて二階に上がらせていただきました

わたくしVIPになったようです





Img_4648a_2






いやいや そこはないでしょ(汗)



唯一窓際にも、お一人様用の席が四つあります

Img_4649aa




12人入れるところに一人・・・ポツーン



お蕎麦はもちろん美味しいですよ

Img_4645a


美味しいんですけど

洋風のところで、外部と遮断された空気感の中

第二の楽しみである観察と妄想がない状態でした

ちょっとだけワイワイガヤガヤした感じの中でいただくお蕎麦

楽しみにしてたのに・・・




献上そば 羽根屋本店さん

ご馳走様でした

次回からはハッキリ言おう!

一階でお願いします!と。


Img_4644a




おそば屋さんで初めてみました

インカムでのやり取り

『一階のお席 ご指名さん一名で~す』

きっと、こうやり取りされるんだろうな~^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 豚肉の四川式山椒オイル煮 | トップページ | しまりのない大人 »

外食」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
庭の花たちを
見る暇も無いほど
でしたわ


マサゲですね~~♪
おやッ!

最近、らあめん
が登場しないなり?
減塩ですか~~♪?

こないだ、
ブログにコメント
下さいましたか?


1人慣れしたオレは…
1人席好きですよ(^_^)v
雑踏の中で孤独を楽しむのもオツなもの(笑)
蕎麦屋もハイテク時代に突入しましたね…
なんか寂しい気がします(^^;;

カバオ!さん>ラーメンばっか食べちゃイケんです
ヘルシーなおそばもいただきましょうよ
コメ? あ~定置に入りだしましたよ的なやつですね
コメントしました^^

REDさん>一人食べに行くけど、大部屋に一人は孤独すぎました(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/65077126

この記事へのトラックバック一覧です: 進化したおそば屋さん:

« 豚肉の四川式山椒オイル煮 | トップページ | しまりのない大人 »