« 明けない夜はない・・・と思う | トップページ | 幸せの、タネを撒きましょ 撒きましょタネを »

2016年3月11日 (金)

待ってろよ 北山!

昨年より、無性に山へ登りたい

なんてコトをブログに書いたら

“わんきち”さんより、情報ならびに、アドバイスをいただきました

有り難いことです^^




出雲市の北に位置する北山

出雲平野のどこからでも見える山ですね

その北山の一部分は登ったことがあるのですが

あの山の尾根を歩けるなんて思いもしませんでした

“北山縦走”

憧れます





とはいえ、やはり怖い・・・

出来るのか?

途中でギブするのか・・・

熊とか出るんじゃないのか?・・・鹿はそこいらじゅうに居るし

熊鈴とか持ってったほうがいいんじゃネ?

おむすびは何個くらいあれば足りるのか・・・

中身は定番の梅干だな

おやつは300円までだった気がする・・・

重装備になりそうである




そんなことより、まずは“ならし”が必要だと思う



わんきちさんより、北山の麓に“山手往還”という街道があるとのこと

名前からして、昔からある旅街道の雰囲気です

(水戸黄門にでてきそうだな)

調べてみると、どうやら高浜コミニュティセンターに資料があるらしい





着。高浜コミニュティセンターです

どうでもいいのですが、ひとつ勉強になりました

コミニュティーセンターだとばっかり思っていましたが

コミニュティが正解のようです

ティーじゃないんだネ。

Img_4391a




『あの~かくかくしかじか・・・なのですが、資料とかありますか?』

対応くださった女性 『・・・少々お待ちください^^』

奥にいらっしゃる年配の男性(おじさん)に聞きに行かれました

フンフンと頷くおじさん・・・






『天平古道かね?』

歩きながらわたしに問いかけられました

テンピョウ?コドウ?

『イ・・・ヤ・・・山手・・・往還 ですが^^;』

『山手往還ね~・・・ありゃ 生活道だよ』

『生・・・活・・・道・・・ですか』

『資料が欲しいんだって?』

『ア・・・はい できれば』

『ちょっと待ってよ』





すると数冊のデカい本を持ってこられました

見ると、ゼンリンの地図と高浜地区の郷土史・・・スッゲ~




『いいかね~ココがね ココ 分かる?』

おじさんはゼンリンの地図を広げてコミセンの場所を指す

『んでね ココが431(431号線)ね』

フムフム

『山手往還ってのがこの道』

たしかに普通の細い道のようです

『鳶巣から大社の手前まで行けるわね』

ナルホド

『昔からの道だけん、ゆっくり歩いてみるのもいいわね~^^』

ホウホウ

『この山手往還のず~と上に天平古道ってのがあ~けんね』

郷土史を広げ・めくり ご説明いただきました



なんと天平古道

日御碕~美保関まで通じているようなことが書いてあります

Img_4400a



その一部。

高浜地区の天平古道がコレだ!(茶色線)


Img_4397a




おじさんの説明によると

天平古道の周辺(高浜地区)には遺跡が100だか200だか存在するらしい

郷土誌に詳しく記載されていましたね

ヤバイっす

そそられます^^;

※さすがに美保関までは行きませんよ・・・






目標は北山縦走ですが

まずは旅伏山 鼻高山 弥山山と思ってました

ここにきて天平古道情報が出て来るとは・・・

いやいや まずは小手調べに山手往還でしょ^^;


Img_4397aa




高浜コミュティセンターのみなさん

わんきちさん

情報提供 有難うございました

次々と出て来る情報に、嬉しい悲鳴を上げています

何事も、自ら一歩踏み込み調べてみると面白いですね

とっても勉強になりました^^





北山 待ってろよ!



と、コミセンの向こうの北山に思うのでした。





Img_4392a

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 明けない夜はない・・・と思う | トップページ | 幸せの、タネを撒きましょ 撒きましょタネを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

がバテ~~♪
もと、オムロン近くの
鳶がす山?

超手頃ですよ

カバオ!さん>あぁ~小学校の時に登った記憶があります
もの凄い濃霧で、ミスト状態の中お弁当を食べ、そそくさと下りて来ました
リベンジしちゃいます^^

天平古道~~!!
大社の実家に帰省し湖北線を通るたび、気になって気になって 笑
美保関までいくんですね~!!

いや~・・・・ある意味いい情報を頂きました。

幼い頃、友人家族と北山に登り、迷って迷って平田に抜けたことをふと思い出しました。
懐かしい光景の写真と我が記憶にたどりつき、
なんだかいい朝となりました

ありがとうございました(^'^)

ブンデンさん>あっそうでした ブンデンさんのご実家は大社町でしたね
やっぱ、なんだかんだで皆さん、北山へ登ってるんですね
わたしの周りでもかなりけっこういらっしゃいましたよ
天平古道・山手往還など・・・
昔からの道を歩きながら、先人達の想いを感じられればイイな~・・・なんてね^^

ひろ様
他所の地区のコミセンへ行って資料を探されるなど、さすがの行動力ですね!
さて私、山手往還を往き来し、天平古道のルートを見たりしたところ、思うところがありました。
そこで軽く調べましたところ、くにびき神話にもつながる面白いことに気づいた様に感じています。
詳しいことは山手往還を歩いて見られたらより納得されるかもしれませんね。
お会いする機会がありましたら是非ともそんなことも一緒にお話ししてみたいものです。
ところで、今夜は去年に東京勤務から帰ったちょうど一周年記念日との理由で、嫁と家飲み会をしました。いささか文脈がおかしいかもしれませんが飲んでるという事でご容赦願います。
(^^;

わんきちさん>おじさんに火をつけるコメント有難うございます(笑)
数年前に、障害センターへ突撃訪問したことが思い出されます(アホかヲレは^^;)
何事も最初の一歩を踏み込むと世界観が変わっちゃいますね
そうそう、今夜は五日ぶりに姐さんの顔を見たので嬉しく思い、
二人で大宴会(自宅・手料理)でした
記憶が今蘇りました・・・なぜかろう城部屋で寝てました
3時間の仮眠ですね
もう一本飲んでみますね
待ってろよ 北山!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/64343574

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってろよ 北山!:

« 明けない夜はない・・・と思う | トップページ | 幸せの、タネを撒きましょ 撒きましょタネを »