« 担々麺・・・そう来たか! | トップページ | ため息さんに告ぐ »

2016年2月10日 (水)

朝モス 8:00 追いかけるな

朝8:00の 朝モス

小一時間の読書の時間デス。



『もうそばに来てはイケない。離れなさい』

鋭く鳴いて子供を追い払うのだそうだ

タンチョウヅルの“渡り”の行動なのだ

渡りの鳴きと呼ぶらしい

昨日までのように親にすがろうとする子供を

鋭く鳴いて追い払う・・・子供の戸惑う目がなんとも切ない

しばらく見ているうちに、これが生きるという行為で

親がそうするのは、彼らが今日まで生き延びているすべてなのだ



見ていて切なくなる・・・子供の、救いを求めるような眼差しは

人間社会から見れば、可哀想だ

ツルは平然とそれをしている

そうしなければ生きていけない。それが生きるということなのだ。



馬も同じような行動をとる

母馬と仔馬の別れである

姿が見えなくなった母馬を、仔馬は一晩中いななき続ける

人間社会から見れば、可愛そうに映る

立派な馬に育てるには必要なものであり

大きく、哀しくいなないた馬の方が立派に育つらしい。


人間は・・・


子供に対して、厳しく接する親、祖父母が少なくなった

子供を甘やかしても、親のヤワさが更にヤワになるだけではないのか?


子供というものは、何ひとつわかっていないものだ

最初から行儀のいい子供なんていない

子供は自分のしたいことをしようとする

ましてや他人を思うようなことはしないものだ

大人はどうだ?

大人の中にも、ヤワな親に育てられた“子供”が混じっている

おはようの挨拶もしない(こちらからしてもだ)

目上の方や、上司に対する言葉

態度はどうだ?

不機嫌全開オーラを出している

まぁ・・・そんな“子供”は相手にしない方がいい。

生き物全体からみれば、そんな“子供”生きられるわけがない

人間だけではなく、生き物は本来、そういう性質なのだ

ただ、本来の子供であれば

それをひとつひとつわからせ、辛抱強く躾けなければならない

躾けて初めて子供は理解する。



自主性?

バカを言ってはイケない

そんなものはすべてを教えてから、後のことだ。

先にそんなものを教えるから

ヤワの上にヤワがつくような人間が出来て行くのだ

足りなければ、ヤワのうえに非常識なバカがついてしまうぞ



きちんと躾ければ・・・

そうすれば必ず帰って来る。そういうもんだ。




伊集院 静氏の大人の流儀シリーズ

“追いかけるな”からの一節と、自分なりの解釈も入れました。




Dsc03177a

モーニングバーガー ローストチキン柚子風味

http://mos.jp/menu/detail/121042/12/

なかなか旨いもんだな^^

モスバーガー 出雲駅北町店さん 御馳走様でした^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 担々麺・・・そう来たか! | トップページ | ため息さんに告ぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もしも、孫が出来たら
おじじ として、どんな躾?
教えて下さい。

カバオ!さん>自分の子供にできなかった躾です。

有り難うございました。

カバオ!さん>デレデレのおじいちゃんだったりもします^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/63791691

この記事へのトラックバック一覧です: 朝モス 8:00 追いかけるな:

« 担々麺・・・そう来たか! | トップページ | ため息さんに告ぐ »