« 朝モスしながら人間観察 | トップページ | サトーくんの大事 »

2016年1月23日 (土)

連れてってあげるからね

『もう いつまで持つか分かりません お顔を見てあげて下さい』




突然の連絡だった




姐さんとお顔を見に行った

ICU病棟の一室におられる

着いた時にはご家族様も来ておられ

お顔を見に来たことをお伝えした

ご迷惑かと思いましたが、大変喜んでくださり

『本人も喜ぶと思います・・・どうぞどうぞ』とまで言って下さいました



病室に入ると、彼女はベッドに横たわっていた

さまざまな機械や管・点滴が身のまわりを覆っていた

ご家族に 『○○○さん いかがですか?』

『はい 昨日から意識が無いようで、こちらからの問いかけにも反応しなくなりました』




ショックだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




『あの・・・わたしが声掛けしてもいいですか?』

『はい そうしてください』



姐さんは心配そうに○○○さんを覗き込んでいる



わたしはしゃがみ、彼女の耳元に顔を近づけ

『○○○さん!聞こえる?』

『○○○さん!聞こえる? 来たよ!』

『○○○さん!僕の奥さんも来てるよ!聞こえる?』



振り返り、姐さんの顔を見ると顔面蒼白だ・・・



『○○○さん!早く良くなってね!』

『次は く・・・れ・・・』 アカン・・・目頭が・・・

『聞こえる! 次だよ次!』

『元気になったら・・・くれ・・・く・・・ぅぅ・・・呉竹鮨行こうねって言ってたよね』

『僕と姐さんが連れてって・・・・ぅぅぅ・・・・・あげるからね』

『聞こえる? 聞こえるなら う・・・な・・・ずい・・・て』 もう目の前が滲んで・・・

『○・・・○・・・○・・・さん き・・・聞こえるでしょ!』




彼女は眠っているかのように 身じろぎひとつしなかった




彼女が息をひきとったのは、翌日の夜



姐さんと一緒に、彼女とのコトを思い出した




時々飲みに行ったよね

最初は居酒屋さんだったね

次が粉もの屋さん

その次が鉄板焼き屋さん

最後に行ったのは・・・

○○○さんリクエストの中華だったね



御病気があり沢山は飲まれないのですが

ほんのちょっと嗜む程度にです

三人でいろんなことを話したね

仕事のことやプライベート

お互いの家族のことや友達のこと

これからのこと

酒飲みマンガのこと(笑)



姐さんとウマが合ってさ

いろいろ女子トークしてたね




小っちゃくて、丸くて、いっつもニコニコしてて

赤い口紅塗ってて・・・かわいいんだ^^

食べ物が出て来ると必ず 『おいしいわ~^^』って

夢中になって食べてましたね

お酒は必ず日本酒

ちょっとづつしか飲めないから、お猪口でね




『ひろさ~ん こんどは呉竹鮨さんに連れてってよ^^』

『いつでもOKだからね~』

その会話をした2日後に突然入院された




まっ そのうち退院され

いつものようなニコニコ顔で 『退院したよ~^^』って・・・と思っていた









もういなんだよな・・・









写真の彼女はいっつもニコニコ顔










写真を見ていると

あの声 あの顔    ほら 聞こえてくる




姐さんとね

この写真持ってさ・・・

呉竹鮨に連れてってあげるからね

席はもちろん 3人分だからね

Img_2573aaa_2





Img_2572aa

今日で初七日か・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 朝モスしながら人間観察 | トップページ | サトーくんの大事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お友達のご冥福をお祈りいたします

ちくしょう・・・・・・・

そんな、辛いことが
あったんですね。

しっかり、御別れはできましたか?
お二人の声!
きっと、そのお方に
届いていると思います。

僕も、昼から
おじさんに、御別れを言ってきます。

中華の愛人さん>おじゃました時、初めての四川にとても驚いておられ
『へぇ~』 『から~ぃ』 『きれいだね~』 『美味しい~』 『食べたことない味だわ~』 と、大変喜んでおられました。

カバオ!さん>たくさんの仲間たちと送ってあげました
カバオ!さんのおじ様のご冥福をお祈りいたします。

彼女にとって、ひろさん姐さんと一緒に過ごした楽しい時は、大切に宝箱入れて旅立たれたことでしょう。是非とも呉竹に連れていってあげてくださいね!
ツイターにも書きましたが一昨年の冬、同期の方が急逝され、昨日追悼の会をしました。
先日はカミさんの短大時代の寮仲間が亡くなって一周忌を機に沖縄でプチ同窓会をして追悼しました。
生けるものすべて死ぬことは避けられないものの、若すぎる死はあまりにも辛いです…(/Д`)

Toshiさん>彼女の死は、きっと意味があってのことだと思います
彼女の死で、彼女の周りの方たちが、どう捉え、どう考え、どう自分に置き換えて考えるのか・・・
彼女はわたし達に何かを伝えてくれたのだと思います
わたしにはとてもたくさんの、そしてとても大切なことを伝えてくださいました。
今思えば、あの時の会話が走馬灯のように甦ってきます
そうか・・・そう伝えたかったんだねって

お辛いことがおありでしたね。

それでも、お別れの御挨拶ができて、良かったですね。
きっとその方も喜んでおられると思います。

最近、大好きな人や身近な方が亡くなられて、切なく感じています。
でも、私が忘れない限り、ちゃんと私の心には生きているんだと思っています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

とみやの若おかみさん>人は二度死ぬ と言います
一回目は命が無くなった時
二回目は人の記憶から亡くなった時
坂本龍馬や西郷隆盛・・・
歴史に名を遺す人は志があり、次の世代へ次の世代へと語り継がれて行きますね
一般人はどうでしょう?
若おかみさんのおっしゃる通り、自分の受け止め方しだいで何かを受け継げるはずですね
これから多くの死を目の当たりにすることでしょう
多くを感じ、多くを受け継ぎ、多くを引き継ぎたいですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/63580223

この記事へのトラックバック一覧です: 連れてってあげるからね:

« 朝モスしながら人間観察 | トップページ | サトーくんの大事 »