« 生湯葉そば大盛り(冷) | トップページ | ちょっと 行ってきます »

2015年9月28日 (月)

シングルモルトには悪魔が潜んでいる

『いらっしゃいませ^^』



一歩踏み入れたドアの向こうは

お酒を嗜む男女で賑わっている

まだドアは閉めない

若い店長に向かい “二人” と右手でピースサインをジェスチャーした

ピースって年じゃないのだが・・・

店長は店内をぐるっと見回し

“こちらへ” と、自分の正面へ右手を差し出した

許可が出たようだ・・・ドアを閉めることとしよう。



酔客でよく見かけるのが

お店のドアを開け、ドカドカと入って来るなり

空いてる席に堂々と座る

又は、仲間にコッチコッチと合図をし、我が物顔で占拠してしまう

若い人達に限らず、大の大人達もマナーがわかっていないようだ

ここで一言 言っておこう

お店に入ったら

お店の方に案内していただくのが“すじ”である

お店の方達は、他のお客様や、お店の雰囲気 バランス

そしてわたしたちが最適にくつろげる居場所を提供して下さるのだ

“お金を払っているのはコチラ側だ!”

などと、ダダを捏ねてる大人の皮を被った子供はご遠慮願いたい



『こんばんは』

『いらっしゃいませ^^』

スツールに腰かけ、最初の会話である

店長はニコっと微笑み、メニューをスーっと差し出した



・・・そうだ 思い出したぞ!

『店長』

『ハイ 何でしょう?』

『シングルモルトに黒胡椒ってわかる?』

『・・・』

『シマジさんって方の本に書いてあったんだけどね』

『シ・マ・ジさん・・・ですか』

『そう シングルモルトに黒胡椒をミルするらしいんだ』

わたくしの情報もここまでである

お酒の銘柄も、飲み方も詳しくは憶えていない



店長が記憶を手繰り寄せているようだ

しばらく考えた店長

うん と頷き、どこからか一冊の本を取り出した

パラパラとめくりはじめ

軽く一読し、わたしの前にスーっと差し出した

随分と古そうな本である

広げられた本の右手には、ウイスキーボトルの写真が掲載されている

TALISKER タリスカー


A




『勉強不足で分かりかねますが、僕個人の見解ですとコレが一番合うと思います』

『じぁ お願いするわ』

『ハイ。』

キビキビとした動作で作りはじめる

背筋をピンと伸ばしても、いたって動きは柔らかい



『お待たせしました』

カウンターの向こうから、コースターに一杯のタリスカーが置かれた

ロックグラスの中には大き目のロックアイスが4個

氷の入れ方も際立っている

なぜなら、上は平面に見えるようにセッティングし

黒胡椒の存在と、あのスパイシーな香りを堪能できるようにだ



ピート香が鼻をくすぐる・・・そして黒胡椒のスパイシー香

一口飲むと、スモーキーかつ、力強い潮の香り

黒胡椒のせいかピリリとする



実に旨いモルトだ



Z1


帰宅後、シマジ氏の本を探してみた

第16話 シングルモルトには悪魔が潜んでいる

234ページ 4行目に “タリスカー”と記されていた



流石 店長

Dsc02932a




やはり、シングルモルトには悪魔が潜んでいるのかもしれないな



Ca

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 生湯葉そば大盛り(冷) | トップページ | ちょっと 行ってきます »

アルコール」カテゴリの記事

コメント

ひろ さん かっこいい~~♪

色んな飲み方がありますねぇ~~♪

山椒はどげですか?

カバオ!さん>ささ 山椒?
 聞いてみます・・・ないだろうな~(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/61772863

この記事へのトラックバック一覧です: シングルモルトには悪魔が潜んでいる:

« 生湯葉そば大盛り(冷) | トップページ | ちょっと 行ってきます »