« 姐さんは渇いている | トップページ | 22年ぶりに »

2015年8月 9日 (日)

護るべきものを考えた

昨日はお休み

お盆も近いので提灯を出し、お盆用の掛け軸を吊るした

同じお寺にある、親戚のお墓とうちのお墓を掃除し

毎年お墓の通路も掃除させていただいて・・・

時間にして2時間

ラジオで言っていた気温、35℃とか・・・

さすがに暑い




大社さんを散策もしてみたかったが今日は断念しよう



DVDを借りた

アメリカンスナイパー http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/




実話をもとにした映画である

戦争映画といえばそれまでだが

観ている時は、手に汗握るシーンがいく度となく・・・

・・・そうか・・・そんな映画なんだ・・・

これで終わりかな?

メデタシメデタシ

と、静かに終わりを迎えたのだが





エンディングテーマ曲が流れるなかのテロップと

実際の映像が映し出される



もうダメです

ジワーっと涙が溢れだしてきて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




彼が大切にして守るべきもの

そして、彼が護って行かなければならないもの

守ることが出来なかったもの



戦争を、狙撃手というフィルター越しに視ていたものは何だったんだろう

Snipe_011




実在したクリス・カイル氏 伝説といわれたスナイパー


確かに彼は実在したのである



Poster21_2



わたしたちは

誰を守り 誰に護られているのでしょう


もうすぐお盆ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 姐さんは渇いている | トップページ | 22年ぶりに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ボクも読みました

そして観ました


クリスの最後って・・・
銃社会の国なんだけど
こんなのってあり

だんなちゃん>読まれ、観られましたか。
強烈なラストシーンとかじゃなく
ボディーブローのようにじわじわ効いてきました。
護ることの意味や奥深さを痛烈に感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/61085106

この記事へのトラックバック一覧です: 護るべきものを考えた:

« 姐さんは渇いている | トップページ | 22年ぶりに »