« 同窓会に思うこと | トップページ | 受け身のキミはどうしてほしいのだ »

2015年8月 6日 (木)

恵美屋さんと甘い冷酒


プチトマトを塩麹で漬け込んである

恵美屋特製の一品

Img_3456a_2





トマトの甘みと酸味、それに塩麹の塩分

多少の砂糖が入っているのだろうか

思った以上に甘く感じられる

これに合うお酒はなんだろう・・・



自体が甘いから、辛口がいいと思うのですが

少し残っていた辛口日本酒と合わせてみましたが

う~む・・・これはこれで問題ないけど

いまいち“合う”感が違うような・・・



逆に甘口はどうなんだろう

チャレンジしてみましょう




純米生酒 開華 

日本酒度+1だから甘く感じるこのお酒



一口 、口に含んでみる

爽やかな甘さとすっきりとした飲み心地

もう一口含み塩麹トマトをいただく・・・

おぉ これは何としたことか

お酒も甘いはずなのに、トマトも見事に甘く感じる!

不思議です

これが塩麹の成せる技なのでしょうか

甘さの中の少しの塩分

お互いの甘いところを仲良くさせています



甘いアテには甘いお酒も有りってことですね


Img_3493a


恵美屋さん Toshiさん 御馳走様でした

在庫あるなら ぜひお試しくださいまし^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 同窓会に思うこと | トップページ | 受け身のキミはどうしてほしいのだ »

アルコール」カテゴリの記事

コメント

恵美屋さんの
トマト塩麹
何処で入手可能ですか?

8日私も出雲で飲み会でーす

最近塩麹を作っておりませんが、以前はしょっちゅう作っていました。

でも!!
トマトをつけたことはありませんでした~!
すごく美味しそうですね!!

美味しい麹を買ってきて、また塩麹を作って、ミニトマトをつけてみたくなりましたっ♪

カバオ!さん>実は・・・
恵美屋さんの商品はは非売品でございます
正確に言うと“Toshiさん独り占め商品”でして
わたくしも年貢を納めないとなかなか・・・^^;笑

8日、どこかで遭遇するかもしれませんね♪

とみやの若おかみさん>塩麹を作るって凄いコトなんじゃないですか?
わたくしは完全に許容範囲外です
流石 若おかみさん 大和撫子っ^^

純米生酒とお見合いでしたか~!そりゃあ愛娘のトマトちゃんも喜んだことでしょう(*´▽`*)
実はお届け品の前、市販の塩麹とスーパーのミニトマトで仕込んだ結果、『う~む、くどい甘さがある。トマトも酸味だけで本来の甘さも香りもしない!』と喰うだけの私が偉そうにNG出したもんだから、女将発奮して塩麹手造りし、農家から完熟トマトを仕入れて仕込みました。
ちなみに砂糖は一切使っておりません。完熟トマト本来の甘さなのです(´▽`)
ところで、容器からしてフタ開けた時、どう見ても梅干しにしか見えなかったでしょう?(笑)

Toshiさん>エェェ 砂糖入れてないんですか(驚)
あれだけ甘味が出るんですね スッゲェ!
奥様が作られたお料理にダメ出しするなんて、我が家では考えられないことです

梅干?あそこまでお婆さん化していませんでしたよ
熟したイイ感じでした^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/61022420

この記事へのトラックバック一覧です: 恵美屋さんと甘い冷酒:

« 同窓会に思うこと | トップページ | 受け身のキミはどうしてほしいのだ »