« そば処 喜多縁 | トップページ | どうにも止まらない!痺れた夫婦 »

2015年8月20日 (木)

革工房 hibi 次世代まで・・・

『ひろちゃん!』

『なに?』

『ハンドメイド鞄の作家さんが松江におらいと』

(おらいと=いらっしゃる)出雲弁通訳です



お盆休みの暑い日

地方紙の“りびえーる”を眺めていた姐さんが そう叫んでいた

Img_3554z


どれどれ・・・

読んでみましょ・・・


革・帆布作家 伊藤大介さん

Img_3556a


へ~これはぜひお会いしたい!

そしてお話ししてみたい!






松江市の八重垣神社をもう少し奥に入ったところにありました



Dsc02919a


ドキドキしますね


Dsc02920a



入るとすぐに猫二匹(驚)

にゃ~^^


『いらっしゃいませ^^』

りびえーるの写真さんがニコニコしてお出迎えでした

さっそく自己紹介(笑)

『出雲からですか それは有難うございます^^』

それからは もう夢中でお話しを聞いたり、こっちが喋りまくったり・・・

途中 お客様がいらっしゃいましたが

ごめんなさい、オーナーさんを独占してしまいました

お店の中が工房になってまして

オーナーさん時々、お仕事をしながらお話ししてくださいました

ぜひオーナーさんとのお写真やら、工房内も撮らせていただきたかったのですが

またお客様・・・

これ以上独占してもイケませんし

何より、お仕事のジャマですから・・・(^^;

後ろ髪を引かれる思いで工房を後にするのでした


Dsc02918a



お話しの中でわたくしも姐さんも驚き、そして感心したことがありました

鞄を作っていただくと、試作を作られるのだそうです

そしてその試作を実際使っていただき

そこから調整が入るのだそうです

なので、作り始めてから、お客様にお渡しできるのが

三か月~半年~1年なのだそうです ヒェ~


そしてもう一点

革(財布や鞄)は、使う人によって色が変わってくるのだそうです

色は落ちるものだと思っていましたが

“なめし方法”によって

使っていくうち、色落ちする革と

色が変化していく革と、2種類に分かれ

変化していく革は、使う人によって全く違う色になるようです

実際に同じものを二つ拝見しましたがびっくり!(使用中の財布)




もう少し時間がある時に、ゆっくりとやり取りさせていただきたいものです



安売り商品やら、既製品

街で同じ服の方とすれ違う・・・なんてこともありますよね

自分と似たような鞄や財布・・・あるある



オーナーさんが おっしゃってました

『次の世代まで使っていただきたいです』


Img_3557a




ドライブがてら、お話しを聞きに行かれると

大きな猫が2匹 お出迎えしてくれますよ^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« そば処 喜多縁 | トップページ | どうにも止まらない!痺れた夫婦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/61215855

この記事へのトラックバック一覧です: 革工房 hibi 次世代まで・・・:

« そば処 喜多縁 | トップページ | どうにも止まらない!痺れた夫婦 »