« 大社さんへお礼参り | トップページ | 挑戦的 辛ネギサンラー »

2015年7月20日 (月)

荒神谷 水深10cmの攻防戦

蓮の花はスキです^^


先日、荒神谷史跡公園に行ってきました



荒神谷といえば・・・

蓮の花でしょう(ピークはかなり過ぎていますが)

Dsc02907a


Dsc02909a



おおきな池が3つ4つありますが

池のあちこちで、ご家族連れ

はたまた若いカップルさん達が

何やら手に棒を持って、真剣に遊んでらっしゃいます



Dsc02912a

ホラ!こちらのカップルさんも^^


Dsc02913a

みなさん傍らには バ・ケ・ツ(爆)



なんでしょう?

蓮池にて、棒を手に・・・釣り?


釣ファンとしては、リアクションバイトしてしまいましたよ^^;


お父さんと一緒に釣りをしてる子供に聞いてみました


『何がいるの?』

『○○○○がおる』

すると弟くんでしょうか

『おっと~さん ホラ釣れたよ^^』

『おぉ~上手だがな^^』

すかさずお兄ちゃんも

『みてみてお父さ~ん 僕も釣れたよ^^』

こりゃおもしろい^^

そんなに釣れるんだろうか・・・

子供たちの釣りをじっくり観察してみましょ・・・・・・・・・・・・



おぉぉぉぉぉ上手です^^

あっという間に10匹です

やりとりもなかなかの腕前

この子達将来、釣りスキになりますよ


他の、女性だけのご家族連れさんにも話しかけ

しばし見学しましたが

みなさんお上手

バケツの中にはびっしりと・・・


3組いらっしゃいましたが

みなさん釣りを楽しんでらっしゃいましたね^^

わたくしも100%釣り戦闘スタイルで向かってみようかと思いましたが

大人げない・・・

ぐっとこらえました(笑)


ご家族連れ、お子様連れで行かれてはいかがですか?

楽しい思い出作りになることでしょう


子供たちに聞いてみました

『そんなに釣ってどうするの?』


『全部飼う^^』

キラキラした目で答える子供たち

がっくりとうなだれるお父さん^^;

お父さんのお世話夏休みは始まるのですね^^




ちなみに、大っぴらに釣りはNGらしいのですが

大人が付いていれば大丈夫なんでしょう

誰も叱られないようですよ



水深10cmの攻防戦

おじさんもやってみたくなりました



エ 何が釣れるかって?

それはホレ 行ってからのお楽しみ


みなさん お子様連れで行ってみましょう

1mくらいの竹や木の棒に糸を結び(何でもいいみたい・・・毛糸とか)

針金を糸の先に付け、煮干しやするめいかをグルグル巻きにして

蓮の葉の下や、その横の方にエサを入れましょう

するとゴソゴソと何か出てきます

エサをハサミでついば・・・おっとここまでです^^













Dsc02910a

初夏の荒神谷はゆっくりと時間が過ぎていくのでした

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 大社さんへお礼参り | トップページ | 挑戦的 辛ネギサンラー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

隠岐に住んでいた頃は波止で釣りをしていましたが本土に帰ってからはしなくなりました。
酒の肴用にアジ子釣りはしたことありますけどね(^-^;
幼少の頃はカラス貝をススキの穂で釣ってましたが喰えないのでキャッチ&リリースでした(;´∀`)
私も荒神谷に行こうと思っていましたが、そうですか…花のピーク終わったんですね…残念(/ω\)

Toshiさん>こんにちは^^
蓮の花ピークは終わっていますが、最後の一輪を眺めるってのも粋なもんですよ。
次の土日くらいが最後の最後じゃないですかね~
くれぐれも向うでバーベキューとかしないでくださいね(笑)

しゃもんが
おーますか?

あれって、今頃つりますよね~♪
松江のサティー横の
用水路にもいました。


カバオ!さん>ザ○ガ○釣り おもしろそうです^^
秋イカのサイトみたく、初心者向けでしょうか・・・
わたくし、未だ初心者ですので、食いつき100%なのです
人間の食=野生の捕食 ジーっと見てると根本的な違いが、垣間見えたりします
ぜひご覧くださいませ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/60806397

この記事へのトラックバック一覧です: 荒神谷 水深10cmの攻防戦:

« 大社さんへお礼参り | トップページ | 挑戦的 辛ネギサンラー »