« 怒涛の攻防戦 | トップページ | 日本酒女子が勧める香り »

2015年6月17日 (水)

奥出雲ぶっかけそば 一福さん

前日の、釣行における体力消耗と

深夜勤務明けにもかかわらず不眠不休の計画(お遊び)実施のための

自己暗示・・・ヤラネバ^^



記事をアップし仮眠のつもりで・・・ウトウトしたのが5:00・・・・・・・・・・・・・・・

ハッ!っと気が付くと12:00


やってしまいましたね(^^ゞ

もうね やることが目白押しなのです

有り難いことですわ^^


ちゃっちゃかちゃっちゃか済ませるわけですよ

この短時間でよく動きました

お昼であります

お昼と言ってもずいぶん過ぎておりまして

今日こそは“広島焼き”と向かいましたが

あえなく臨時休業

お昼もかなり過ぎています

こうなれば午後の予定を一気に前倒ししましょう





お店の前ではスタッフさんが大きな声で呼び込みをしてらっしゃいます

『冷たいおそば いかがですか~^^』

わたくしずいぶん向うからそのお店目掛け、一直線sign03



スタッフさん 『どうぞ~おそばいかがですか~^^』

わたくし 『ハイ! よろしくお願いしま~す』

どんだけ直球な答えだや^^

『^^ どうぞこちらへ・・・』

案内されます・・・

自動ドアを入ると 元気よく!



『ご新規一名様でーす^^』

スタッフさんに続いて入ると

『どうぞこちらの広いお席へ^^』

案内されたところはお店の最奥4人テーブル




・・・もうね・・・

なんでしょうね?

わたくしこのお店に3回来ていますが

毎回同じ席なのですよ

カウンター席とテーブル席の広いお店ですが

何故かしらこちらに案内される

そして前回案内していただいたスタッフさんと同じ女性

会話するたびにニコっとされる笑顔

さすがおもてなしの玄関口、大社であります

この日は3名のスタッフさんがいらっしゃいましたが

みなさんとっても親切にして下さいました。

チラっと目が合うと・・・

ささーっとやってきて

『冷たいお茶はいかがですか^^』



回りの方々は全員観光で出雲を訪れていらっしゃる方々です

わたくしさり気なく本を読んでいながら

会話を聴き入っておりました(笑)



『これは こうして食べられると美味しいですよ^^』 とか

お客様 『出雲のおそばって美味しいって聞いたんですけど?』

『そうですね 一番シンプルな割り子っていうおそばがありまして・・・』

・・・そこまで言わんでイイやろってくらい親切丁寧に教えて下さるんですよね^^

ふつう 観光客相手のお店だったらテキトーに受け答えされてました
(わたくしの経験ですが)

一人の女性がお客様として入ってこられましたが

二人がかりで対応されてましたよ

『どうぞこちらへ』

『これは こうでして・・・』

『ハイ よろしいですよ^^』

会話の内容までは分かりませんが

お客様も^^ ^^ ^^ ^^ ^^




あったかい 出雲のおもてなしを感じました^^

舞茸の天ぷら ネギ 鰹節

海苔 山菜 大根おろし

とろろ 玉子 山葵



9品のお客様の下には 一福さんの出雲そば

Img_3263a



“奥出雲ぶっかけそば”には そんな思いが込められているのでしょうか^^




出雲大社 神門通りにある 奥出雲そば処一福さん

ご馳走様でした^^

おかめさん また伺いますね^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 怒涛の攻防戦 | トップページ | 日本酒女子が勧める香り »

外食」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます♪
このたびも、私お休みでして、すみませんでしたー( TДT)
なんと昨日聞きましたよ、「ヒロさんが来られましたよ」って。
会いたかったです~。
次こそはっ‼

一福のおかめさん>どうかな?今日はいらっしゃるのかな?

なんて思いながら入りました^^
対応していただいたスタッフさん
帰り際に『あの~前にもいらっしゃいましたよね?』・・・アラ・・・ヤダ・・・
バレてました?(^^ゞ

次は何をいただきましょうか・・・楽しみです^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/60404028

この記事へのトラックバック一覧です: 奥出雲ぶっかけそば 一福さん:

« 怒涛の攻防戦 | トップページ | 日本酒女子が勧める香り »