« 居付きひろしに黄昏て | トップページ | 図太いわ~ »

2015年4月30日 (木)

爸爸(パパ)の四川スピリッツ

姐さん 『ひろちゃん!』

わたくし 『なんだ~?』

『Kちゃんからメールがあって“冷やし担々麺”お先に食べましたよ~^^ですって!』



やられましたね^_^;


昨日(4/29)に行こうと思ってたのに・・・


まぁいいわ GWに取っておきましょ^^



わたくし 『姐さん 何が食べたい?』

『とにかく辛いやつが食べたい』

・・・とにかく辛いやつって言われても・・・・・・・・・



只今 12:30です

こうなれば・・・

一気に飛んでみましょう^^






わたくしと姐さん、出雲大好き人間でありますので

お昼はほとんど出雲市内でいただいております。

姐さんに辛いものとリクエストされては、頑張らねばなりません ナニヲダヨ?



12:30 出発からのお昼ご飯なのであります




わたくしも前々からヒーヒー言わしてもらいたく

のけ反る準備はできておりました

車を駐車場に停め、散策開始であります



ココ・・・シーバス 確実に釣れると思うけど降りれない・・・

しばし辺りをウロウロしてみる

やはり・・・脚立持参だな(笑)


『ひろちゃん 早よ行くよ!』

『ハイハイ。』
(あと30分は潮の流れを見ていたいが・・・しょうがない(^^ゞ)

アハハ 分かりました?

松江に来てしまいました



Dsc02827a



お店着。


ほ~ここですか


お店の方 『こちらのお席へどうぞ^^』

ひっや~ イケメンshine

わたくし全く♂には興味がありませんが

このお店の方 細面のイケメンさんであります

ものごしも穏やかで、声のトーンも高からず低からず

お店側のトーンで注文を聞くとか

お店側のトーンで忙しく動くとかじゃなく

この街並みに合った、ゆっくりお食事をしていただく

そんな感じを受け取りました^^



発注しましたのは姐さんの麻婆豆腐ランチ

真赤な辣油が表面を覆い

緑色の大蒜の葉が見えます

熱そうです・・・

だってフライパンなんですよ(驚)

その熱々のフライパンからは湯気が立ち昇り

四川花椒の香りでしょうか

“甘い”香りがふわっとします(じつは痺れるんですよ)


Img_3063a



わたくしはマーラーメン(正確な表記ではないかも)

姐さんの麻婆豆腐を一口いただき

麻婆豆腐でこの辛さなら、ひょっとしてマーラーメンは・・・

((゙ё゙))ガクガクブルブル



土鍋が到着されました

当然のことながら、表面は真っ赤であります

一口スープを啜ると・・・


美味しいup

すっごく濃厚です

濃厚 まるで北海道の味噌ラー・・・っぽ・・・ん?



きました


きてしまいましたthunder



舌がヒリヒリしてます 辣味全開


次いで 舌が痺れるような 麻味全開



土鍋で熱々 まさに麻辣麺

麻婆同様、表面が辣油で覆われているから熱さが逃げない

そして熱いから余計に辣味麻味が逃げない

辛いばかりではなく、どこか奥の方に甘味を感じる・・・コク?

しばらくするとオデコにじんわりと汗がsweat01



麺の上にはもやしと白髪ねぎ

パクチーをパラリと掛け

一握りの粗刻み唐辛子を掛けてあります


Img_3066a




せっかく出雲から松江まで来たことだし

四川スピリッツの感動にお礼が言いたく

お会計時、『店長さんいらっしゃいますか?』

スタッフさんにお伺いすると

気持ちよく 『少々お待ちくださいね 呼んで参ります^^』



お忙しいのにもかかわらず、店長さんおいで下さいました

わたくし 『わたくし○○と言います。出雲からきまして・・・・・・・・・・・・・・・』

店長さん 『あ~そうですか わざわざ有難うございます^^』

とっても優しく、目が終始ニコニコニコニコ^^^^^^

少しのお話しさせていただきましたが

お人柄がジワ~っと溢れ出てきますね




お店を出て歩きながら

姐さん 『夜に来たいね^^』


Dsc02825a




松江は末次本町にある 爸爸厨房(パパ厨房)さん

ご馳走様でした

次回、夜までに“爆飯”をいただきたいと思います^^


Dsc02822a

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 居付きひろしに黄昏て | トップページ | 図太いわ~ »

外食」カテゴリの記事

コメント

一度姐さんが常食されている超ド級の激辛に挑戦してみたい…い、いや、キケンな所に行ってはダメって子供の頃に教わったし、腸内細菌のみんなが『こんなの聞いてないよ~』ってストライキおこされても困るし…やはり見ているだけにしよう(^_^;)

Toshiさん>ホントです。
姐さんは年を取るにつれ、ベロが麻痺してるんじゃないかと思うくらいなのですよ
昔はもうちょい可愛げのある女子・・・でもありませんでした┐('~`;)┌ ヤレヤレ 

おお~!!
パパチューだ~!!!

昔大学の隣にあったんです。
「パパチュー行くかぁ」みたいな感じで行っていました(笑)

でも私、こんなに辛そうなメニューは食べたことがない気がいたします!

でもおいしそう~♪

とみやの若おかみさん>松江に美味しいところは数あれど、パパ厨なくして中華を語るな!なんてね^^
間違いありませんでした。
わたくしや姐さんが言うのはおこがましいのですが、何かを感じずにはおれませんでした。
何だろう・・・?
やはり スピリッツでしょうか^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/59820036

この記事へのトラックバック一覧です: 爸爸(パパ)の四川スピリッツ:

« 居付きひろしに黄昏て | トップページ | 図太いわ~ »