« 二次会は、カラッとした揚がり具合 | トップページ | 立春朝絞り 平成27年乙羊(きのとひつじ)は60年に一度 »

2015年2月 3日 (火)

とんこつ“濃” 神楽出雲店

オープンして一番最初に食べたのがトンコツ 濃


あれ以来、一応全メニューは制覇したものの

トンコツだけは食べなかった・・・

あの当時、塩 醤油にどっぷりつかり

トンコツの濃さだけはなかなかスキになれなかった





ところが、ラー友は無類のトンコツ好き

ここ数年行かなくなってた味伸さんに行き


こりゃ 旨い!と感じました

A







トンコツに走ってみようか・・・





『“濃”の麺普通で、半チャンセットね』



『はいよ~』








『ハイ おまちどうさまでーーーす』


『旨そうだね 写真撮ってイイ?』


『イイですよ~^^』







Dsc02312a1_2

さすが “濃” 濃厚で、ずっしり重い感じです

わたくしに食べれないかと言うと、ぜむぜむ食べれます

最近 さっぱり系を好んで食べてたんで

これはこれで 力みなぎる感じですね

高菜やニンニクも入れたりなんかして・・・もう ギンギンですsweat01




お会計時 『いい写真撮れました?』


『ハイ 撮れましたよ ブログに載せちゃいますね』


『お願いしますね^^』

神楽さん ごちそーさまでした

次回は “淡” の半チャンセット確定です



Dsc02313a_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ

 にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

« 二次会は、カラッとした揚がり具合 | トップページ | 立春朝絞り 平成27年乙羊(きのとひつじ)は60年に一度 »

外食」カテゴリの記事

コメント

しかしまあ、ひろさんの『食』に対する探究心と行動力には恐れ入りまするぅ~。。
中年期になってからよもや『濃』の世界に挑戦とは(^_^;)

あっしは割と一途な方で一度『塩』と決めたら塩オンリーなんですわ(^.^)
まっ、江戸っ子ちくわぶ大将ほどの頑固者ではありませんけどね(^J^)
ちゃっかり味噌も醤油も時々堪能していますから(^o^)

食に関してこだわったことといえば、20代の頃、会社で同僚と『ホルモン友の会』なる組織を立ち上げ一般的な筋肉部位以外の純粋に内臓系(タンはok)を愛する者だけが集まり七輪囲んで盛り上がったなぁ~。。
ある日、同僚のツテでその日に解体した牛の内臓を塊で持って来たもんだからビックリ!
小腸はチューブ状態だからハサミでチョキチョキ。肝臓にナイフ入れると鮮やかな血が…。。
こんな新鮮な肝臓は二度とお目にかかれん!焼いて食うもんじゃない!塩入ごま油無かったからそのまま食べちゃいましたョ(^_^.)
ナント!甘い甘い!新鮮だとこんなに違うんだと感動しましたわ。

メンバー全員20代だから食べるわ食べるわ(>_

Toshiさん>食欲性欲出世欲といいますが、食欲だけはピカイチです^^
口に入るものだったら何でも食べたいのですが
いかんせんうちにはわがまま大魔王がおりまして
ラーメン うどん スパゲッティーにフランス料理とイタリア料理は大の嫌い
東南アジア系はもちろんNG
カップラーメンは日清しか食べないとか
ラーメン食べないのにカップ麺は食べるんかい!
好き嫌いは山ほどあるのに、スフィンクスのよーにデカイんです(髪形もスフィンクスですが)
ちなみにわたくしですが、この年になって唯一食べれなくなったのが・・・
ふぉるもんです
20代の頃、ピーク時で週3回脂まみれになりながら食べてました
身体の許容範囲を超えたのかもしれませんね
牛の内臓・・・のくだりで思い出しました
“冷たい熱帯魚”観ました?
監督 園子温さん

ぜひ

こらまたなんだら、週三回もホルモン食ったなんて(>_

なんでも食すひろさんと、ある意味食材にこだわりのあるスフィンクスさんが繰り広げる『食の旅』の番組構成担当者は地獄の事前取材に追い込まれそう…(^_^;)
ちなみに、私は鮒寿司やブルーチーズなど一般的に臭いって言われるのもOK!っす)^o^(
好き嫌い無し!なんでも食べますが、唯一体が拒否するものが『牡蠣』。
3回あたって断念しました(T_T)
まあ、他に美味しい貝はいくらでもありますから気になりませんけどねヽ(^。^)ノ

Toshiさん>鮒寿司は未 ブルーチーズは可 牡蠣も可であります
ちなみにわたくしの天敵は、かんぴょうを炊いた時のオイニーであります
婆さん・・・頼むから外出してるときに焚いてくれ(泣)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1985748/58736123

この記事へのトラックバック一覧です: とんこつ“濃” 神楽出雲店:

« 二次会は、カラッとした揚がり具合 | トップページ | 立春朝絞り 平成27年乙羊(きのとひつじ)は60年に一度 »