2017年1月24日 (火)

赤い魔術は囁く

22日(日)

松江の某デパート(言い方古いっすね)に行ってみました。

ある方にお会いできるんじゃないかと思いましたが・・・残念。

聞けばいいんですが、いかんせん人見知りが激しい性格ですからね

あっちに行ってはウロウロ

こっちに来てはキョロキョロ

傍から見ると、挙動不審もはなはだしい(笑)

今回はお会いできませんでしたが、ご縁あれば必ず・・・です^^





さて松江であります。

松江でお昼ご飯なんて、なかなかないですからね~

「姐さん 赤いやついっとく?」

「ウンウン 食べたい!」




姐さんの麻婆豆腐

旨いsign03


Img_0158a





わたくし発注のサンラータンメン

まず目に飛び込んできたのは、強烈な赤であります。

次いでふわ~っと香る香辛料(辛いような甘いような香り)

ひと口スープを啜ると・・・そんなに辛くはないな(一安心 ホッ)

麺を啜り、スープを啜り、熱々の麻婆丼をフーフーしながらいただいている。

サンラー・・・旨いぞ!

やがてジワジワジワーッとくる辛さ、ピリピリっとした痺れ

そんな中にも、どことなく甘さが隠れている。

鼻から抜ける香りが甘さを感じるんだろうか・・・

サラダを食べ、水を飲みながら口の中をリセットする。

麺を啜り、スープを啜る。

夢中で食べている。

オデコにじんわり汗をかいてきた。アツイ・・・

気が付くと鼻水がズルズルであります(笑)

そしてやっぱ・・・辛~い^^;




松江市末次本町

通称、京店商店街にあるパパ厨房 細木氏の作るサンラータンメンがコレだ!

Img_0159a

パパ厨房さん クセになるサンラー ご馳走様でした^^





出雲市天神町

通称、浜山通りにある出雲翠苑 吾郷氏の作る辛ネギサンラー

コイツも曲者中の曲者

無性に食べたくなる一麺であります。

Img_3390a1

どちらも赤い魔術。

一度味わえばまた・・・魔術は囁くことでしょう。

2017年1月22日 (日)

熟成したパイセン

出雲市はサンロード中町にあります、魚酒場 よしだ屋さん

新鮮な地魚を、最高に美味しくいただけるお店であります。



少し前に8kgか9kgの鰤が入り、真空熟成してから提供する。とのことでした。

この鰤ちゃんね^^

Photo


真空熟成って・・・イマイチ美味しさが不明であります・・・

ところが数日後、真空熟成の画像が載せられていました。(フェイスブックにね)

それがコレ・・・こりゃ~旨いに決まってますよね^^

Photo_2


無くなる前に行かねばなりません。

わたしと姐さんの休日が合う日はなく、このままでは美味しいところがいただけません。

かくなるうえは、平日に行くしかありません。



17日。

タクシーに乗り込み、いざ中町へ・・・



右から、ヒラメ 太刀魚 ヤガラ




Img_0126a

もうね、ヒラメぶりんぶりんで旨い。

太刀魚 噛めば噛むほどうま味がじゅわ~っと広がってきます。

ヤガラ 初めて食べたけど、これはこれで旨いね~^^

何で鰤食べてないかって?・・・後ほど。





次の鰤が入ってきたらしいけど、これも真空熟成させてからの提供とのこと。

9.5kgのグラマラス鰤ちゃんね。

Photo_3


でも、勤務上どう考えても行けない。

鰤 2本とも食べれないってことなのね トホホ。

23日ごろから熟成解禁だと思いますよ。




17日のわたしと、店長ヒデさんの会話。

わたし 「ヒデさ~ん お造りの美味しいところを頼んわ~」

ヒデさん 「はい!」

わたしと姐さんは、とーーーぜんのことながら

あの真空熟成の美味しい鰤ちゃんがいらっしゃるものだと

大いに期待しておりました。・・・が

ヒデさん わたしの顔を見て

「アッ 鰤 無くなったわ~^^;」

「えっ いつ?」

「昨日 無くなってしまって~」

「あ~そう・・・残念だな~」

「昨日 パイセンが来て『こりゃ~まい(旨い)わ~』ってパクパク食べとらいたわ^^;」

で、無くなったそうな・・・




パイセ~ン (੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ウウ。



Photo_4

パイセン 熟成中ナリ




*画像はよしだ屋さんに許可を頂いておりますm(_ _"m)

2017年1月20日 (金)

若手のクセに・・・年寄りのクセに

昨年12月から、「アジとかメバルが釣りたい釣りたい」と、

わたしにアドバイスがしてほしいのか?

それとも単なるちょっかいを出しているのか?

イマイチ本音が見えてこない若手がおりました(笑)

エエィ めんどくさい!

強制的にわたしのメバルセットを一式レンタルしたりました ワッハッハ。

一応、ポイントやら立ち位置、カウントに巻き方などなど

机上訓練ももれなく付いてくるという・・・なんちゅうめんどくさいおじさん^^

そんな若手くん、わたしのアドバイスが良かったのか

本人のワザが良かったのか、見事に釣ってしまわれました^^;

なかなかのもんですね。

そして年末には、自身のメバルセットを購入したという力の入れよう。

どうやら本気のようです^^




二日前。

若手くん 「今日 デー(昼)メバに行きたいんですけど、どうですかね?」

わたし 「デー?んなもん釣れんし」

「そう 言われると思ってました。」

「1月2月って一番釣れん時期なのにデーって・・・」(なめてんのか)

「そこを あえて釣ってみせます。ユーチューブでイメトレもバッチリですし^^」

アハハハ・・・たいした自信の入れようです。(やっぱりなめてます)

ですが、若いうちはそのくらいの攻め(空振り・三振・スカ)が必要だと思います プッ。

んで結局 釣れんかったようです ホラネ。

でも・・・おじさん・・・若手くんの“あえて釣ってみせます”

あの言葉に触発されてしまいました。

(フン 若手のクセに)




昨日は見事な天気。快晴じゃないですか~^^

日中の気温もグイグイ上がり、風もそんなに無いようです。

翌日(今日)は荒れ模様になるので、このチャンスを逃すわけにはいきませんね。

問題は、ポイント選びが重要です。

この一番釣れない時期に、仕事終わりの1時間勝負ですから

1ポイントでコケると、短時間でランガン出来るトコって事になりますからね。

予報では風雨になるってことだし・・・




2:10に駐車場に着き、着替えやらセッティングを終え、ポイントに着くと2:18

海況を確認すると・・・

あ~~~~~めっちゃ匂うわ~  釣れる匂い プンプンしてます^^

いいサラシも出てるし、海がざわざわしてる感じが実にイイ。




先ずは本命ど真ん中を外し、外側から攻め、スクールの規模を見たいものです。

一発目からって・・・

Img_0134a


Img_0141a


Img_0145a


Img_0146a



ここでポツリ・・・ポツリ雨が落ちてきました。

岩が濡れ始めてるでしょ。


Img_0147a



ポツポツ・・・

Img_0148a



一気に雨足が強くなり、ロッドも岩もビショビショです(^^;

Img_0149a


ヤバっ なんぼでも釣れるし

Img_0150a






さすがに、止めておかないとキリがなくなっちゃいますね。

ダッシュで車まで戻り、ササッと着替えて運転席に乗り込むと更に強い雨と風

止めておいて大正解でした。ツイてるね~^^

2:53・・・実釣時間 30分ですね。


Img_0152a



今日の反省点。



エェっとワームの交換しよっと・・・

ワームを持ってっと・・・

針を・・・見えんな~

う~んっと・・・ワームの頭はここの辺りだから針をブスッとな



ギャーsign03



指に針刺しちゃイカンよね~ワームに刺さにゃ イテテテ^^;

老眼鏡 忘るべからず。

(フン 年寄りのクセに・・・ダナ。)

2017年1月18日 (水)

彼女の一周忌

昨日は、彼女が亡くなってから、ちょうど一年が経ちました。

彼女っつってもわたしがただ自分の中で“彼女”って言ってるだけで

世間的にはふつーーーのおばさんです。

姐さんと一緒に何回か飲みに行きまして、姐さんも“オキニ”の彼女なのです。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-1fc8.html



彼女がお元気だったとき、いろいろと学ばさせていただきましたが

いざ、亡くなられてしまうと、生前の一言二言の意味の重さが思い出されます。

やさしくやさしく遠回しに言って下さったことが、彼女の心遣いだったのでしょうか・・・



「ひろさんはココが悪い!」とか「ひろさんのココを直せ!」とかそんな事は言わず

「わたしはココがイケんのよ~^^」

「わたしはココが悪いんだわ~^^;」とか・・・

きっとわたしや、姐さんも悪いと思われるところを

自分に置き変えて指摘して下さったのだと思います。ウンウン。


最強寒波襲来なんて言われてましたけど、寒波も収まった1月17日

彼女の一周忌はなんてイイお天気^^

快晴 快く晴れると書きますね。




お墓のお掃除をさせていただき、線香を点け・・・

しばし彼女とのフリートーク(笑)

Img_0118zz


親戚でも何でもないんだけどね。

年を取ってからの友達?

それはおこがましいか(笑)

でも、大好きだった女性です。



人間は生きていると必ず、生き死にに巡り合います。

生まれてきた子供への喜びと、死んでいく人を見送る覚悟。

生と死はどう受け止めるかによって

生きていくもの達への糧の大きさが変わります。



親が亡くなる時は子供にとって最高のタイミングでメッセージを残しながら死ぬ

と、言います。



わたしの父親もそうでした・・・あれがメッセージだったのかもしれませんね^^;


快く晴れています^^

Img_0119z


帰宅後。

「姐さん 美佐江さんの命日だけど 飲みに行く?」

「あたぼうよ~^^」




平日にもかかわらず、快く酔っぱらうわたし達(汗)

あの日も・・・楽しかったね~~~美佐江さん^^


0zefvczq42r6ppd1484661250_148466134

2017年1月10日 (火)

大阪珍道中 三十路の旅(笑)

6日~8日まで大阪におりました。



食い倒れの街 大阪であります。

せっかくの大阪ですからね、メジャーなところは置いといて

大阪庶民が行くようなところを目掛けなきゃね♪

初日の夜は串系でグイグイ グビグビ ぷは~~~。

Img_0002a




ただ、年末年始の暴飲暴食がたたったのか、胃腸の調子が思わしくありません。

ドラッグストアで胃腸薬を買い込み、万全の体制でホテル飲みを開始です(笑)

Img_0013a


実にすがすがしい朝です。(とりあえず画像では)

Img_0015a



8:00にロビーで姐さんと待ち合わせ。

姐さん 「どうした?顔がむくんでるよ」

「そ・・・そう?ちょっと飲みすぎたかもね アハハハ」

(血〇が出たなんて言えませんwwwww(;・∀・))

2日目は通天閣に行きましょうってことで向かいましたが

その間トイレに5回ですか・・・通いました。

「トイレが近いのはお爺ちゃんだよ^^」

「そ・・・そうだね。お爺ちゃんだね アハハハ」(血〇出とるっちゅうに)

Img_0020a


通天閣の展望フロアまで上がり、大阪をぐるりと一望しました。

真ん中の赤〇、その中に・・・

Photo


大阪城が見えました。

ここから見ると、都会のど真ん中に見えますね。

Img_0039a


通天閣といえば、ビリケンさん。

当然、足の裏をワサワサと・・・

Img_0030a


ちなみに通天閣のB面(裏っかわ)はこうなっていました。

Img_0054a


通天閣でも2回のトイレ・・・い・・・た・・・い。





ちょうどお昼の時間帯になり、目の前の新世界へ向かう・・・

もの凄い活気です。

お店の壁にはガメラが張り付き、ツルが飛び・・・

Img_0060a


グーフーが空を飛んでるじゃないですか。

Img_0061a


お相撲やさんなのか、食べ物やさんなのか・・・

Img_0062a


それにしても各お店の客引きには少々ウンザリです。

こんなに人がわんさかいるのに、なぜわたし目掛けて来るんでしょうか?

「お兄さ~ん お昼食べた?食べてないでしょ。うちちょうど空いてるん。どう?」

行けども行けども「お兄さ~ん」攻撃。

うちら4人で歩いてるのに、どうしてヲレ!

しかも同じお兄さん(お店側のお兄さんね)に2度3度。

そんなにお腹空いてるように見えるんだろうか?

ハッキリ言いますが、そんなにお腹空いてません。

ただ血〇が気になるんです(汗)

メジャーな通りを抜け、ラーメン屋さんを発見。

ガラス越しに店内を見ると、カウンターのみのお店で

8人掛けのカウンターかな。

カウンターの中には3人?4人?

席数に対して料理人が多くないか?

実に謎めいたお店ですね。

ここでしょ。ここしかないでしょ^^

引き戸を開けると眼光鋭い視線が一斉に・・・

「イラッシャーイ」

なんと!カウンターの中、お客さん全員中国の方。

田舎もんにとっちゃ~ドキドキもんですわ^^;

にもかかわらず姐さん「ビールと麻婆豆腐ね。それとよだれ鶏も」

この麻婆豆腐 はんぱないっす。

イヤイヤ 旨いんですよ。

そんなに辛くないし(な~んだちょっとガッカリだな)なんて・・・

しばらくモグモグしてると突然くるんですよ・・・辛さが

ジワジワとくるんじゃなくって突然ピーク!

でも旨い・・・でも辛い ヒーハー



Img_0065a


よだれ鶏。

このタレ コクがあって独特の香りがします。

これも実に旨いな~なんて味覚を楽しんでいると・・・

くっ・・・くっ・・・くくく・・・くわーーーーー辛い!

これぞ本場の辛さなのか、今まで味わったことのない鋭角的な辛さです。

太い辛さじゃなくってピンポイントで、ピキーンって感じ(マジ汗)

Img_0067a


そしてメインのラーメン。

鶏ガラ豚骨の、超超超濃厚ドロドロ系(チャーシュー20cm2枚入り)

Img_0069a


これくらいでチャイニーズパワーに屈してはイケません。

血〇くらいでビビるんじゃない!

若干 お尻の〇〇に力を入れながら全部食ってやりました。ワッハッハッハッハー。

その後、つま先立って歩いたことは言うまでもありません。|* ̄Д ̄*|ウム




そして夜。

4人から5人になって、焼肉店探し。

内心、ギブ寸前でした。

お尻の〇〇が崩壊寸前なんですもの・・・

食欲旺盛な4人はどんどん人気のない処へ進んで行くじゃないですか・・・

もうこの辺りのテキトーなところで落ち着いていただきたいのですが・・・ウウ

ありました。  着。

まずはトイレ確保 ホッ

Img_0072a


お肉は2・3枚で遠慮し、あっさりサッパリ韓国冷麺をいただきました。

スープ うんまいです。

ただ・・・麺が・・・

今まで食べて来た冷麺の中で堂々1位の硬さ。

なんちゅ硬さ。

なんちゅうハード。

麺ってこんなに硬くなるんだ・・・

と、へんなところに感心してる(感心してる場合じゃないケ〇の穴の心配しろや)

Img_0077a


ホテルに帰り、姐さんから部屋飲みに誘われましたがご遠慮申し上げまして

ベッドイン・・・

Img_0087a


翌朝、胃腸の具合も少しは良くなった感があります。

お昼は、何とか鶏のから揚げカレーという暴挙に出てしまいました。

お腹の事を考えないとイケないんですが、ついつい・・・^^;

これがまた 旨いの^^

から揚げも食べたことない味だし、カレーが う・ま・い^^

・・・旨いな~

辛口とも書いてないのにノーマルの辛さでコレ?

素晴らしくスパイシー!

サラダも活き活きした野菜で、ドレッシングが・・・バルサミコ酢?

スパイシーなカレーに実に合います。

Img_0094a


大人のポテサラ

バケットに、すんごい香り高いオリーブオイルを掛けて、ポテサラを乗っける

これも今まで食べたことのない味。

Img_0096a



そうこうしているうちに、お腹の調子も良くなり

あれだけ仲良くしていたトイレとも決別することができました。




出雲に帰り、最終最後のしめはしめ鯖。

Img_0109a


さすが、とらちゃん。

絶妙な〆加減と見事なサシ。

Img_0108a_2




おっと・・・忘れるとこだった。

大阪の焼肉屋さんでの一コマ。

ミスジって部位を発注し、「ウマいね~ウマいね~^^」って食べてる時

みんなの中の会話で何かが違う・・・

「ミスジってウマいね~」

「ふつうのお肉?」

「ホルモン系の部位?」

「カルビとかと、ぜんぜん違うね~このミソジ」

「出雲の焼肉屋さんにもあるの?ミスジ?」

「たしか あるよミスジ」

「あったっけミソジ?」

一同・・・

「ね・・・姐さんこのお肉って何て言うお肉だっけ?」

「ミソジ」

さっきから聞いてりゃ~ミソジ三十路って・・・五十路のくせに^^;



皆さんも お待ちがえなく(ミスジです)

Img_0080a

2017年1月 6日 (金)

画像を載せ、体重を乗せ

外食が好きです^^

チョコチョコと食べに行っては写真を撮り、ブログに載っけているのですが

別ネタを書いたりして、更新が遅れてしまうものが多々あります。

このままでは永遠に個人のPCデータとして

ひとり深夜、ほくそ笑みながら「旨かったな~^^」

なんてニヤニヤしているだけで終わってしまう。

なんて可哀想な画像たち・・・



なので、ここ1~2か月の紹介しきれなかった外食たちを載せます。

あえてどこそこのお店の、何々とは書きませんので

想像を最大限に膨らませて下さいませ。(店名入りの画像もあります^^;)




ふわっふわの卵でしたね~

五目御飯との相性が抜群です。

Img_5710a






名古屋コーチンのスープらーめんです。

隠れた名店(笑)

Img_5892a


ちゃんぽんです。

旨いんだな~これが^^

Img_5877a



鍋焼きうどん

寒い時にはこれが一番!温まります。

Img_5712a


蕎麦屋さんなのに半数くらいの人が食べてるラーメン。

なぜかカツ丼セットは外せない ヲレのルーティーン(^^;

Img_5669a


塩。

透明系のスッキリスープが好きです。

メンマの長さは他の追従を許さない!

Img_5986a


餃子に担々麺に炒飯

ヲレは学生か!

Img_5983a


ピリ辛の赤みそスープ

黒にしたかったんだけど、お正月はやってないんだって。

Img_6033a

最初のちゃんぽんとは、お店が違うちゃんぽんです。

これは太麺ね。

初めて食べたけど旨い^^


Img_6012a_2




年末年始の暴飲暴食で、体重計とは距離を置いていましたが

無視をすればするほど

「ホレ ノッテミ」

と、挑発してくる四角いヤツ

恐る恐るつま先からゆっくりと体重をかけ、片足を乗っける。

どうしよう・・・やめようか・・・

デジタルの数値はピコピコと動き「ハヨ ノセンカイ!」とせかしている。

超ゆ~っくりともう片方の足を乗せ、左右の足に均等に体重をかけた。

ドキドキの瞬間である。

ピコピコのデジタルはピタっと止まった。



なんだ~ぜむぜむ普通じゃん^^

安心しているのもつかの間。

ピッピッピッと軽やかな電子音の後に表示される驚愕の体脂肪率。



( ̄□ ̄;)!!

本日から3日間、食い倒れの街 大阪に行ってきます。

2017年1月 4日 (水)

ツイてるね!

昨年の目標として、ある宮司さんにお会いしたい。と書きました。

が、通えども通えどもお会いできることはなく、一年が過ぎようとしていました。

槇野酒店さんで、ひょんなことから宮司さんのお名前が出て来まして

これは、近いところでお会いできる予感がしてきました。

http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post.html


12月31日と1月1日にお参りしましたが会えず

中一日置いて1月3日

お会いできる予感ってやつでしょうか

いつになく緊張していました^^;

宮司さん・・・万九千神社・立虫神社の宮司 錦田剛志宮司です。

錦田剛志・文 中野晴夫・写真の“出雲大社ゆるり旅”を鞄に入れ

お参りをさせていただきました。

Img_6027z


錦田宮司が、出雲大社のことはもちろん

出雲国ゆかりの神社と神々の物語

六十年ぶり、平成の大遷宮のこと・・・

きれいな写真と共に、それらのことがわかりやすく書かれています。

Img_6028z


お参り後、社務所へ伺いましたがお勤めをしておられる方のみで

錦田宮司のお姿は見えません・・・

御神酒・御洗米をいただき、失礼しようかと思いましたが

心の中で“聞けよコール”

「失礼ですが、錦田宮司はおいでになりますか?」

「はい。少しお待ちください。」と、同時に

「はい。」後ろから声が聞こえました。

「明けましておめでとうございます。」と言いながら

うしろから突然錦田宮司さん!

アワワワワワワワワワワワ・・・

キョトンとしておられる宮司さん

そうだ・・・まずお辞儀だ。ペコリ

「明けましておめでとうございます。わたくし上塩冶から参りました〇〇と申します。」

「ようこそお参りくださいました。」

「わたくし実は、錦田さんのファンでありまして・・・」

「ハ?」

と、ある講演CDの事をご説明申し上げ、それ以来のファンであることをお話ししました。

「いゃ~そうですか。それは嬉しいです。」

少しだけお話しさせていただきましたが

やはり超がつくほどお忙しいようで、県内外に出かけられることも大変多く

市内にいても各社にお出かけされ、なかなか万九千さんにいらっしゃらないとのこと。

1月5日の山陰中央新報に、錦田宮司さんの講演スケジュールが掲載されます。

なんとか都合をつけ講演会を拝聴したいものです。

興味のある方はぜひ(かなりおもしろいですよ^^)



一緒に写真を撮っていただきました。

Img_6023zzz


本に御朱印もsign03

Img_6032a


正月早々ツイてるわ~^^

2017年1月 2日 (月)

ご縁を紡ぎましょ

みな様、明けましておめでとうございます。

昨年中は、何かとお世話になりました。

今年も相変わりませず、宜しくお願いします。




Img_6002d


新年は初詣をして、おせちをいただき

身近な人たちと新年のあいさつを交わす。

長く連なる年月に節目を与えてけじめをつけ、気持ちを新たにすることで

人は暮らしの心棒を保つのかもしれませんね。



初明かりは、新たな年を照らしてくれる朝の光。

「お天道さまが見ている」とよくいわれたように

太陽の存在は、人を粛然とさせます。

たとえば、こんな言葉もあります。

“一陽来復” 冬が終わり春が訪れること。


Img_6006d

不運な日々が終わり、幸せがやってくるくること。

冬至を境に、陰の気が収まり

陽の気がまた巡って来るというのです。





転じて今は、新年を表わす言葉としても

使われるようになりました。



新しい年の始まりを

太陽があたたかく見守ってくれますように。

Img_6009d



睦月(一月)は、家族や友人など、親しい人達が集まり

互いに睦む月

一月だけではなく、一年を通じ、縦と横の糸を紡ぎ

皆様にとって素晴らしいご縁がありますように。

2016年12月31日 (土)

雪崩の如き良き一年に感謝

みな様、いかがお過ごしですか。

一週間もブ活を放置しておりました(^^ゞ




只今12月31日18:00を過ぎたところです。

ようやくPCの電源を入れまして・・・^^;

今年最後のブログをじっくりと書こうかな・・・とはいかず。

ササッと書いて夜ご飯をこしらえに入ります。

クリスマスイブからはなんだかんだと忙しくしておりました。

ブログネタ(画像)も沢山あったし、更新しようと思えばできたのですが

いかんせん、姐さん最優先(笑)

嬉しい出来事もあったし

沢山のいただき物

沢山の飲酒(心を完全になくしてました(爆))

すっっっごい偶然の出会い(偶然・・・必然としか考えられん!)

感動感謝の一週間でしたね^^




この一週間、沢山のいただき物をしました。

ブログを通じてですが皆様にお礼申し上げます。

ビール 

日本酒

杯 

クリスマスカード

手作り鶏ハム

ささ漬け小鯛

手作りこんにゃく

大根

ネギ

手作りチャーシュー

手作りスイートポテト

ペンケース

手作りキムチ

手打ち蕎麦(2名)


有難うございました。

こんなに こんなに こんなにいただき、感謝感激であります。





この一年、うれしいことがあり、楽しいことがあり、うきうきすることがあり^^

結局、いいことばっか雪崩の如くありました。

最後の最後、出雲大社さんに一年の感謝のご報告をしに行きましたところ

まさかの出会い!

この日、この場所で、このタイミングで逢う?

めっちゃ嬉しかったな~^^



さあ 今年も残すところ数時間です。



来年も、皆様にとって、良き出来事が雪崩の如く訪れますように^^




12月31日 ひろ拝

Img_5997x

2016年12月24日 (土)

カレーのりゅうちゃん

前回、りゅうちゃんにとって四川料理は過酷な道のりだったと思う。

アルコールは少々・甲殻アレルギー・辛いものダメダメ症候群(笑)


http://backlashfactory.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-0439.html



かなちゃんが言ってたけど

「カレーの王子様で十分だに~^^」

マジなのか?




クリスマスなのでプレゼントしてみた。

Img_5968a_2

反応マチである。

«遊びは真剣にやらんとな