2019年2月12日 (火)

ついにお引越ししちゃいます。

ココログさんには17年かな?お世話になりました。

使い慣れてはいるけれど、他のも体験してみたいので。ね

又、ここに帰って来るかもしれないしね。


次の行き先はhttps://backlashfactory.hatenablog.com/です。

これからも宜しくお願いしますね^^


2019年2月 8日 (金)

赤身が食べたい

脂身はいらない。(そんなに食べられないし)

とにかく、赤身 赤身のお肉が食べたい。

少々固くってもいい。

口の中で“がんじがんじ”(出雲弁で噛んで嚙んでの意味)すればいい。



お肉と云うカテゴリーの中で、柔らかいのもお肉。固いのもお肉。

テレビのタレントさんグルメリポートであるように

「やわらか~いい。噛まんでもいいくらいやわ~」って言われると

そうか・・・柔らかいお肉があるんだ・・・と思ってしまう。という反面

噛み応えのあるのがお肉でしょう・・・とも思う。

ふだんからかったーいお肉しか食べてない一般庶民(ヲレね)にしてみれば

柔らかいお肉=高級でたまにしか食べられないお肉で

一年に一回有るか無いかの一大イベント用となるわけだ。



むかしむかしのお思い出で、わたしの小学校の頃です。

クリスマスには七面鳥を食べる。なんてことがテレビで放送されてました。

テレビ画面の中では、仲の良さそうな四人家族がテーブルを囲んで

長男らしき小学生が(対わたしに)

暖かそうなセーターかもしくは蝶ネクタイを結びニコニコしている。

画面全体は暖色でコーディネートされていて

美しいママが「さーどうぞ^^」と微笑みながらバカでかい丸鶏をテーブルへ・・・

パパは「さー食べようか^^」とまで言っている。(そう聞こえていた)

ふと我が家の様子を見ると

大工のオヤジはすでに晩酌でイイ感じに酔っている。

丸いやたらとデカイ灰皿には茶色のフィルターが、こんもりと小山になっている。

(ハイライトね・・・七面鳥ではないな・・・)

パートタイマーの母親は白い割烹着を着て台所に立ち晩御飯を拵えていた。

妹は鼻をたらしたまんま、コタツでうたた寝をしている。

そこに洋式のテーブルで(洋式というのも変だが)七面鳥だぜ・・・

ヲレが蝶ネクタイをして、お腹のぷっくりした真ん丸の鶏を食べちゃう。

鶏ってあんなにツヤツヤしているもんなんだ。

食べてもないのに“美味い”ってわかるんだものね。映像ってスゴイよね。

いやいや七面鳥だ。そもそも七面鳥ってナニモノ?

当時、うちらの縄張り(悪ガキのテリトリー)には“七面山”(シチメンサン)があって

ひょっとしてその山に七面鳥がいるかもしれない。とも思っていた。

でも、悪ガキの先輩からは

「あそこは今一の場所で、1中の怖いやつらがいるから行ったらイケン!」と言っていた。

いわゆる“校区”の違いで、小学生なりに縄張り争いがあったってことです(笑)

今一・1中の皆さますいませんね^^;



そこから随分月日は流れ、大人になりました。

お金に少しぐらい余裕ができると焼肉となるわけですよ。

若いころにはお金なんかありませんからね、安い処へ行くんですが

“めぐちゃん”にはずいぶんお世話になりました。

(正式名称はめぐちゃんではありません。)

ホルモン系ではずば抜けていて、週3で通ったこともありました。

そ~だな~飲んだ後で通ったのは“かげやま”さんかな~^^;

やがて、サシの入った柔らかいお肉の味が大人の味になり

ホルモン系からは卒業し、A5とかA4とかのサシだか脂身だかわかんないお肉が

高級ステータスになって行きました。

“えんまん亭”さん・・・ここもずいぶんと通いましたね^^;




年一くらいで無性に赤身のお肉が食べたくなる。

ナイフとフォークで器用に捌きながらいただくのもいいが

できれば食べやすく、摘まみやすく、ひと口大にカットされていて

切り口からは赤身のしっとりとしたレア感がこれでもか!ってくらいに出ていて

アッツアツの鉄板に乗っかっている。

音も必要です。ジュ~ジュ~と臨場感あふれるハモリもなくてはイケません。





ミツオのお店にて。

ほうれん草のソテーとじゃがいものキッシュが添えられている。

肉肉しいステーキの下にはピラフが待ち構えているノダ^^

「鉄板が熱くなってますからお気をつけてくださいね^^」

ハーフー ハーフーしながら赤身を堪能する。 ウマイ!!!

_dsc3526jpgz


そういえば・・・ミツオは今一校区で1中卒だった。

クリスマスに七面鳥をオーダーしてみようか・・・

2019年2月 5日 (火)

ガラパゴス店員

わたしのパカパカ携帯も早いもので11年選手となりました。

その間、宍道湖や、日本海に水没したことは数知れず。

だが、全く壊れることもなく今日に至っている。

感謝の何物でもない。 (有り難い事です)

ただし、今の時代に逆行している(取り残されている)ことも間違いなく

緊急災害速報とかのJアラートにもピクリともしない。

会社からの災害を想定した一斉送信にも受診はすれど、返信不可。

直接会社に電話し「元気でーす」と報告したりした^^;

電話会社にJアラートとかの確認すると

「あまりにも古すぎてシステムが使えないんですよ」とのことだった。

つい先日も安否確認のための一斉送信があったのだが

パソコンで受信できるようにし

その時間前にパソコンメール画面を開いての待機をしていた。

なんともはや、わたしの安否確認は事前準備が必要だったのだ。


わたし 「姐さん。そろそろスマホに変えてみようかな~」

姐さん 「いいねいいね。変えるダワ。今からショップへ付いて行くわ^^」




ここからは“わたし” “姐さん” “店員さん”の会話を忠実に記してみる。




店員さん① 「いらっしゃいませ。今日はどんなご用件ですか?」

姐さん 「主人のパッカパカ携帯を変えようと思って。」

わたし 「いゃ~もう古いんで^^;」(パッカパカじゃなくってパカパカ携帯だろ)

店員さん① 「は~んガラ携ですね。それではこちらの方へご記入してください。」

・・・なんかイヤな感じ~

記入してしばし待つ。




店員さん② 「お待たせしました。どのような携帯ですか?」

わたし 「いゃ~もう古くって、こんなのですよ^^;」とご自慢のパカパカ携帯を見せる。

店員さん② 「は~んガラ携ですね。少しお待ちください。」

ムカっ!




わたし 「姐さん。さっきからガラ携ガラ携って失礼だよね。」

姐さん 「そう!なんか失礼だわ!」

わたし 「姐さん。ガラ携って何のことか知ってる?」

姐さん 「そんなもん知ってるわね~」

わたし 「だよね~・・・ちょっと聞いてみるわ。」(わたしももちろん知っている)

姐さん 「やめなさいよ~そんな質問。電話屋さんだよ。」




店員さん③ 「お待たせしてしまいまして。」3人目の店員さんだ。

姐さん 「主人の携帯を変えようと思いまして^^」

店員さん③ 「はいはい。お決めになられてる機種とかございますか?」

わたし 「いえ。全くわからないものでして・・・」

すかさずパカパカ携帯を取り出し、パカっと開いてみせる。

ふつうこのシーンで、オオー!っと声が出るのがいつものパターンだった。

3年連続このショップで料金見直しをしているが

毎回驚愕の声を聞いている。

「こんなに使っていただいているのですね。有難うございます。」と。

しかし今回は違っていた。




わたしがパカっと開いてみせた瞬間。

(ここからは店員さん③はやめて店員だけにする。)

店員 「は~ん ガラ携ですね ニヤニヤ」

姐さんの身体から殺気がでてきた。

わたしもイラっとはしたが、そこは大人。殺気を出すまでもなく口から出た言葉は

わたし 「あの~古い携帯なんでわからないことだらけなんですよ。」

マジ、わからんし、少しでも吸収して頭に入れないとね。

「そうですか」と言って店員はニヤニヤしている。

わたし 「ひとつ聞いていいですか?」

店員 「どうぞ」ニヤニヤ

わたし 「よくガラ携ガラ携って言われますけど、ガラ携ってなんですか?」

店員 「ハ?ガラ携ですか?」

わたし 「はい。こんな携帯でしょ~テレビや話には聞くんですけどよくわからなくて・・・」

店員 「ガラ携とかガラホとか言いまして・・・まっ古い携帯ってことです。」

(ガラホは古くないだろ!)

わたし 「ガラ携のガラって何なんですか?」

店員 「あ~ガラ携のガラね・・・」

ここで店員はまさかの回答をしてきた。

「ガラってのは国の名前です。」

あまりのカウンターパンチを食らい一瞬フリーズしてしまった。

この一瞬の間に人間ってもの凄い考えるんですね。

瞬時に正解を教え、コチラ側が優位に立つ。ウンウン。

もしくは・・・相手を泳がせてみる。

すみません。あまりにカチンときたので、思いっきり泳がせてみることにしました。

わたし 「え?国? 国の名前なんですか?」

店員 「そうなんですよ~国の名前なんですよ~ ニヤニヤ」

わたし、身体が震えるのを覚えましたわ。

わたし 「へ~国の名前なんですね。ってことはガラなんとかって国なんですか?」

またしてもカウンターパンチを食らいました。

いやカンターパンチではなく、背後から両わき腹をコチョコチョっとされました。

店員 「ガラポゴスって言います。」

・・・・ヘッ・・・・・・・・・・・・・うっ・・・ぷっ・・・_| ̄|○∠))バンバン・・・とはできず

わたし 「ガ・・・ラ・・・ポ・・・ゴスって国なんですね。」

鼻の穴がヒクついているのは姐さんも同じだろう。

わたし 「ガラポゴス国・・・勉強になります。」

店員、今度はジャブを放ってきた。

店員 「まっ お客さんが気にすることでもありませんから」

気にしないでか!

もうね、ここまでくると戦意喪失してしまい、遠くを見つめるしかありません。

姐さんもわたしの戦意喪失に気付いていて

何か一つ収穫を得るため料金プランへ話を持って行った。

店員、かなり上から目線で話をしつつ、料金プランを書いている。

姐さんも聞きながら見ながら殺気は増していくばかりだ。

わたしや姐さんもここまでバカにされていることは過去になく

せめてヤツに一矢報いたいと思うのであります。

・・・見つけました。

ヤツに、小さいながらもジャブをお見舞いするぜ!

わたし 「あの~本体価格って24回払いって書いてありますけど、一回でもいいですか?」

店員 「え?一回で払うんですか?」

そうだよ!それくらいキャッシュで払ったるわい!

店員 「一回でも、24回でも払う金額は同じですよ。なら24回のほうが楽でしょう。」

わたし 「ええ。でも、一回で払えばこの24回払いの金額はないんですよね?」

ここでヤツの強烈なアッパーカットを食らった。





フフフ 不敵な笑いを浮かべ説き伏せるようにヤツは言った。

「いいですかお客さん。たとえば1000万あったとします。そのくらい余裕があれば一回で買われた方がイイと思います。」




ごめんねーーーーー1000万なくってーーーーー。




姐さんの殺気はピークを迎えようとしているので、早々に撤収。

帰りの車の中で殺気はピークに達した。

途中、ながさんとミキちゃんにすれ違ったが、殺気に気付かれたようだ。

(ミキちゃん白菜ありがとね。少し浅漬けにしたよ^^)

晩酌のアテは終始この話題でお腹いっぱいになる。




最初から正直に教えてあげたほうがよかったのか・・・

ガツンと怒鳴ったほうがよかったのか・・・

はたまた、わたしがガラ携って聞かなかったほうがよかったのか・・・




ヤツの将来が心配でならないと思うようになった。

独自の進化をしているガラパゴス諸島の生物とならないように。

Yjimage9_2

2019年2月 2日 (土)

ウオーミングアップ

一月は行く。

二月は逃げる。

三月は去る。

昔の人は上手いこと言ったもんです。

アッちゅう間に二月になってしまった・・・

一月は体調管理を怠ったため、アルコールも過度な禁酒期間を設けた(笑)

外食(お昼)もなんと・・・三回。

これも過去に類をみないほどの真面目さ。

(王様も奥様お弁当にシフトしているようだし)

なのでアップネタもないので、アップ画像だけでも載せてみることにした。



この画像だけで“どこの なにか”を想像していただければ

きっと味覚中枢を刺激すること間違いありません^^



184号線沿いの・・・

_dsc3455jpgzxc




駐車場は斜めに停めてます・・・

_dsc3475jpgzx




汁のないアレも好きです。(王様も汁のないアレ・・・好いておられます)

_dsc3510jpgzzz

さて、明日は節分です。

昔は大きな声で「鬼は~外~」と叫びながら豆を パーっと撒いていましたが

豆を回収するのがもの凄く“たいぎ”になってきました。

なので、豆は一部屋一粒2s3定をモットーにシフトしました。

2s3定はググってみてください、生活の知恵になります(笑)



今から(19:00~)二月一発目の飲み会です。

肝臓のアップ状態をみながらヤッてきます^^

2019年1月29日 (火)

その気になっている

年末年始の暴飲暴食から約一か月。

なかなかアルコールに向かう気がしなく、とても息抜きができなかった(笑)

とはいえ、ちょっとづつ。ほんのちょっとづつではあるが

試し飲みはしていた ハハハ。

どのくらいの実力かというと・・・

缶ビール一本が一時間で飲めないノダ。

そして4日間禁酒。その繰り返しで今日に至る。





昨日は休みで夜ご飯当番。

禁酒期間も約一か月経過し、体調も良さそうなので飲めそうなキガスル。

飲んじゃえよ。と誘惑心が全力で揺さぶりを仕掛けて来る。

いやいや・・・もう少し我慢が必要だ。

そんなことはないゾ。とりあえず飲んでみな。

朝からずーーーーーっとそんな事で悩んでいた^^;

もし飲むんだったら何を飲もうか・・・

とりあえずビール?

日本酒か・・・

軽い酎ハイとか。

ワイン・・・ ・・・ ・・・





気が付くとアルコール専用冷蔵庫の中身をチェックしているではないか。

3本あるワインを取り出し、ラベルを舐めるように確認し

香り・味を想像してみる。ムフフフフ

白行こうか・・・いきなり赤のフルボディーで度胸試しもありだしナ。

イタリアのミディアムか・・・




パラッツオベッキオのキャンティークラシコ(イタリアね)

ワイナリーはチェッキ 品種はサンジョベーゼ

ラベルを見ながら香りや味を想像するのも楽しみの一つだ^^




まだ日は高いのにコルクを抜いてしまった自分を褒めてやりたい(笑)

_dsc3514jpgz


やはり想像通りの香りと味だった。

ラベルが青いだけに渋み・酸味が抜きんでていて

酸味の効いた果実を想像する。



一本空けるのには及ばなかったが半分チョイってところだ。

姐さんの分も残さないとイケないので。


よし。まずはアルコールに向かってみる“その気”になっている^^

2019年1月25日 (金)

ちょっとルンルン

23日。

姐さんは仕事をずる休みして、わたしは所用でうろうろと市内パトロールをした。

姐さんもよんどころ無い用事だから、いつ時間が空くかわからずだ。

わたしがイオンで想いに更けるカプチーノマキアートタイムをしている時

_dsc3497jpgz


わたしのぱかぱか携帯が鳴った。

「しもしも~あたし。早く終わっちゃったしさ~テキトーに家帰るわ~」

「わかった~、んでキミどうだった?」

「別に何事もなく無事でしたよ。」

「ホホウ そりゃ~良かった。んじゃ今夜・・・お祝いしよっか?」

「出ちゃいましょう^^」




代官町到着が16:50ナリ。

まだ早いナリ。

_dsc3501jpgz


この数分後、向うから態度のデカい男がスマホを見ながらこちらにやってきた。

道の真ん中を堂々と歩くふとどきものである!

おい!という前に姐さんが

「あっ サトーくんだ。」

今までスマホを見ながら歩いてた“ふうが悪い男”がコチラを見た。

サトーくん「うわっ 今日は早いじゃないですか^^;」

「おうよ。早いんよ。」

「ぅアハ ぅアハ ぅアハ」といいながら逃げていくサトーくん。

そこはふつう「店来てくださいよ~」だろ~サトーくん。

今度店に行ったら“ぎょうぎ決定”ダナ。



姐さんが見つけた路地・・・

路地裏探訪・・・スキです。

_dsc3502jpgz


17:00ちょうどになり

入店。

年末年始の体調不十分のなかで、ようやく復帰の兆しが見え始めた。

生ビーをゆっくりといただいてからは

デキャンタワインをセレクト。

_dsc3505jpgz


17:00~19:00までの2時間

わき目もふらずタクシーで帰宅するこの勇気ある行動。

そうだ、朝は散髪にも行ったし、大社へ俳句の投句をしてきた。

日が沈む聖地出雲として日本遺産に認定された。

出雲の歴史、文化、自然景観を詠んだ句を募集しているのだ。

とみやさんにも行ったし。

なにかと充実した一日になったようだ。

うふふふふ。

最近ちょっと嬉しいし^^

2019年1月22日 (火)

金星と木星

このところ4日間昼間の勤務だったが、毎日早起きしていた。

寝るのは00:00過ぎてからなのに5:00起床^^




目覚ましのベルがチリリリリリリと鳴り、急いでベルを止める。

今日は起きるの止めようか・・・

と、何度も“寝ちゃえ”誘惑に駆られるが

早起きは三文の得だから。このフレーズが頭の中を駆け巡る。

三文って今の貨幣価値にするとどのくらいなのだ?

早起きするとお金に換算できるくらいの見返りがあるのだろうか?

ならば起きなければイケない。

そうさ、起きなければその意味は分からないのだから・・・ウンウン。




最初に観た印象が凄かった。

「なんだこの明るさは!」

「なんであんなにくっついているんだ?」




今の時期(早朝)明け方前の南東方向低い位置に

ひと際明るい星が確認できる。

その光り輝く星のすぐ下にも光る星が見えるのだ。

この4日間毎日観ているが、ふたつの星が少しづつ移動していくのがわかる。

ひと際明るい星が“金星”で、その下に光る星が木星。

夜が明けると太陽の光に吸収されて、全く見えなくなってしまう。

なので夜明け前が一番美しい。

図的に見るとこんな感じだ。

15118_chart1_2

とにかく、あんなに光り輝く星を見たことがないので感動しているノダ^^

プチ情報として、星にも色があるのがわかるが(赤い星、青い星なんかね)

星の色と星の年齢がかかわっていたりする・・・

そのあたりもチョイとググってみたりして

光り輝く星を観ると感慨深いものがあったりするのだ^^

そうか、こうして感動し

お勧めネタとして書けることが三文の得ってやつなのかもしれない。

確かに、感動してからは毎日早起きして観ているのだから・・・

感動自体が三文の得なのかもしれないし。




おっと、こうして書いていても1/22 23:15になっちまった。

明朝の天気はどうなんだ?

気になるところだが、あえて見ないでおこう。

明日は休みなんだし、ゆっくり寝ちゃえよ。

そんな悪魔の囁きも聞こえてはいるが、たった今捻りつぶしてやった。^^

なのでサッサと寝ることにする。

ちょっとだけギターを弾いてからにしようか・・・

いやいや、三文の得は5~6時間後にセッティングされているのだから。



アップ忘れの写真。

18日の日没後。ものすごく早い雲の流れに追いつかないので撮ってみた。

_dsc3476jpgz

2019年1月18日 (金)

ミャンマーうるるん滞在記(報告会)

昨夜はマサユキのお店で“ミャンマーうるるん滞在記”の報告会があった。

この会は、ミャンマーのとある村の子供たちで

勉強がしたくても、諸事情で学校に行けない子供。

学校に行ってても、諸事情で途中で行けなくなった子供。

将来の夢があるのに、諸事情で夢が叶えられない子供。

諸事情で進級できない子。

いろいろ諸事情があるのだ。

そんな子供たちの諸事情を解決すべく立ち上がった5人。(6月からは+1名)

その先頭をきって今回2回目の現地取材を慣行(観光)してきた

Shugoさん・まきさんの報告会なのだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




会も無事終わり、それぞれが帰路についた。




Shugoさん、まきさんからわたしたち夫婦に現地写真・動画が入ったCDを頂いた。

(お手間かけましたね。ありがとうございます。)

ひとりろう城部屋にこもり、CDを拝見した。



の前に、わたしが支援している女の子、姐さんが支援している男の子から

毎年、メッセージが送られてくる。

一昨年の写真より、去年の写真が大人びている。

今年の写真はどうなんだう・・・

リポートを聞くとかなり活発な女の子のようだ^^



_dsc3472jpgz




_dsc3470jpgz





日本から野球の道具を持ちこんでいる。

わたしの娘がバッターボックスにおります。

20190106103530jpgz


娘 “ブン!”と一振り!

20190106103531jpgz


かなり活発な女の子のようで、どんな球にも手を出す。

どうだ!彼女に敬遠策は通じないのだ。・・・空振りかもしれないけどね^^;

Dscf2644jpgz



まきさんと女の子達。

笑い声がそこかしこから聞こえてきました。

Dscf2417jpgz



風船割り。

子供たちの躍動感あふれる姿に、歓声が聞こえます。


Img_6322jpgz



大きくなった娘に・・・ウルウル・・・

Dscf2862jpgz_2


日本の絵本を見ている子供達。

よかったね。・・・ウルウル・・・

Img_6683jpgz


先ほどのウルウルから更にも増してウルウルしてしまう。

子供達みんなが興味津々です。

きっと日本の何かを見入っているのですね。

Img_6682jpgz


今までのウルウルを一気に消し去る写真が出て来た。

“シャツin男”である。

どうやら日本のけん玉を披露しているようだが、この写真1枚しかない。

ということは、きっと成功しなかったのだろう。

どう見ても玉をぷらぷらさせているいるようにしか見えない。

小さい子供にうけようとしている姿は努力に値するが

いかんせん最前列3名の子供には全く興味を持たれていないようだ。

ヲレのウルウルを返せ!と言いたくなったが

逆に笑いのウルウルが襲ってきた。

はは~ん そこまでの計算だったのか・・・

さすが シャツin男。笑いも隠し技である。

Img_6574jpgz_2




ちなみに彼の名誉のために言っておくが

シャツinはミャンマー(この村?)の正装であり、彼曰く・・・

「ボタンの色でズボンを選択しなくてはならず・・・」うんちく♪ うんちく♪

「周りからは2Lを勧められましたが、僕はMなんですよ・・・」

と、どーでもいいシャツのサイズの話しが出はじめた。

首が絞まるようなピチピチパツパツのSサイズにしろよ!

思っていても口には出さないヲレだが

隣のながさんを見ると、全力で言いたそうだったので

膝つんつんで合図(行け!今だ!言え!)を送ろうと迷う。

言わない・・・。

「いやー、やっぱり里親がおとなしくて控えめだと、里子ちゃんもそうなんですよねー♪♪」

会の中でこのフレーズを何度となく繰り返し、全員から毎回スルーされていた。

ながさんのボケにはツッコミ封じがある事を教えなければならない。



毎年の支援は大変だけど、報告会や、写真を見ると吹っ飛びますね。

特に動画はヤバイ・・・(涙)




数年前に、ある思いがあって寄付とか支援に興味を持ち、このご縁がありました。

ある思い を報告会でも話そうか・・・とも思いましたが

これ話すとわたくし、間違いなく号泣するのでヤメ(^^ゞ

なにせ、姐さんにもまだ話してなくて・・・

機会あればブログにて書こうと思います。




Shugoさん、まきさんお疲れ様でした。いろいろとありがとうございました。

ながさん、ポンプやっちゃう?一口乗りますよ^^

みきちゃん、むりせずやりましょう^^

2019年1月16日 (水)

最近の可動範囲

1/12(土)

正月明け、姐さんのツレ(高校時代の超悪友)が

出雲ビックハートで司会をしながら歌う。との連絡をいただいた。

12日はその日だ。

開演までの間、緊張感が漂っているステージ。楽しみだわ。

_dsc3440jpgz


平均年齢は還暦前後?

何事にも大人の趣味を持つことはいいことだと思う。

みなさん楽しんでおられることがひしひしと伝わって来た。

_dsc3445jpgz


1/13(日)

町内の行事。とんどさん。

わたしの役割は、豚汁の仕込み隊長。

ドラム缶豚汁の具材は全て数キロ単位で

今年は、助手が急遽これなくなり一人仕込み・・・

相棒のmy包丁と、二人三脚で具材をスパスパと切っていくのだった。

準備OK。着火!

_dsc3457jpgz

ファイヤー!・・・アッという間に胴が燃え尽きてしまった・・・

メインの竹が寒々しい感じだ^^;

_dsc3458jpgz

今年一年無病息災を祈り、焼き餅。

何気に中央に写り込む姐さん。(態度がデカい)

_dsc3459jpgz


この行事、今年で引退することとした。

いつの間にか最長老になっていた(驚)



1/14(月)

初詣は行ったけど、なんとなく出雲大社へ行く。

時間が無いので、足早に参拝しよう。

回るところは5カ所なので、100円玉5枚を確認する。

よし。行くぞ。

_dsc3460jpgz


3連休最終日。

ごった返す。ってこともなく、そこそこの人出だった。

途中、ロンブーの淳にそっくりな人を見た。

え?まじで?うそでしょ?ほんとに?

と、すれ違いながら通り過ぎていった。

そういえば、神社仏閣が好きで番組も持ってたんだっけ・・・

向うもわたしの方をチラチラと見ていた。気づかれたのかもしれないナ。ウフ。

_dsc3461jpgz

この日は、姐さんとママと姪っ子と来ていて

姐さんとママは店舗物色中で

わたしと姪っ子(21歳)がベンチに座り、愛犬とじゃれ合っていたら

近所のご夫婦が車で通過されたが、わたしと姪っ子を見て、もの凄く驚いていた。

きっと、援助交際してんじゃないのか!?と思われたに違いない。

いつ母上様のお耳に入るのか楽しみにしているが

未だ尾ヒレの付いた噂は入って来ないようだ。



おっ そうそういつもお世話になっているあの方へメールを送った。 ハピバス^^



1/15 ハート(心臓)の定期検診。

スキップする心臓と、胃の不調を訴える。

「ハハハ 飲みすぎでしょ。禁酒しなさい^^」

しとるわい!

ってスキップ心臓は?

「スキップする前が判る?」

「はい。最近如実に前触れの前触れが判るんですよ。」

「ほほう。ベテランになると判るんですってね。^^」

「ベテランなんですかね?」

「もうベテランの域ですよ ハハハ」

チーーーン。




1/16

力いっぱい残業させていただいた。

お陰様で心臓がスキップし放題に暴れてる始末です。

早くシャワーして寝よっと。

目が覚めますように。

最近、つくづくそう思うようになってきた。




明日1/17は、美佐江さん(職場の女性)の命日。

毎年命日にはお墓に行って、お線香をあげてきます。

0zefvczq42r6ppd1484661250_148466134


夜はミヤンマーうるるん滞在記の報告会が、マサユキのお店であるようです。

セッティングしてくれたShugoさんながさんに感謝です。

わたしは休みですが、姐さんがちょいと遅くなります。

全力で向かいます。

わたしは飲めないけど、姐さんがソコソコ付き合うと思います(笑)



正月から体調が不安定で禁酒しています。

そんなに飲んでないんだけど、これが加齢ってやつなのね・・・トホホ

缶ビール一本が飲めないなんて、過去にありえへんし!

これからは“飲む 呑む”んじゃなくて“嗜む”ってのを嗜むようにしなくちゃね。

口が日に日に年老いていくって意味なんでしょうかね。

でも、若手には負けちゃおれんしね^^

2019年1月11日 (金)

年末年始と、うるるん滞在記

ずいぶんと更新が空いてしまった。



年末29日

職場は仕事だったのだが、翌日、愚息が帰省するとのことなので

準備もあり、お休みさせていただいた。

が!

姐さん 「うわっ!今日帰るんだった!」

愚妻よ・・・ボーッとしてんじゃないわよ!byチコちゃん風。

翌30日

今年最後のお昼はマサユキの店で〆ようと向かってはみたものの満席。

ここで帰ると“なにか言われる”ため、何が何でも待つ・・・

だが一向に空く気配がなく、聞いてみると・・・

「すんません・・・まだまだ空かないかも・・・」

さすがにこれ以上は待てなくなり、喫茶店で軽く済ませる。

だって夜ご飯は17:00~焼肉会なので^^; ゴメンネーマサユキ~

31日

お正月を迎えるための掃除やらなんやらかんやらであっという間に夕方。

出雲大社へ行き、今年一年の感謝を込め ぱんぱんぱんぱん。

_dsc3426jpgz


激しく飲み食いし、ガキの使いをちょこっとだけ見ながら寝落ち・・・

00:00前にむっくりと起きてしまい、酔いが醒めつつ・・・キモチワルイ

なんて年越しなんだ・・・



1日

完全に胃がおかしい元旦。

そして完全に深夜勤務のサイクルに突入してしまった。

2日

食べては飲んでの繰り返しで、仮眠もどきで24時間勤務しているようだ。

3日

広島に帰る警察官(甥っ子)を送る。

木次から高速で帰るようだが、高速バスの停留所ってこんな感じなんだ。

一歩足を踏み入れるとそこは高速!コワイわ。

_dsc3433jpgz


4日

二日酔いと、膨満感でも何かお腹に入れないとイケないが・・・

おっ そうだ!

Shugoさんとながさんが二日酔いの時は五目ラーメンに限る。

なんて豪語していたので食べてみた。

涙が出るくらい身体に沁みわたる優しい味に、ローテーション入りが確定した。

店長の愛の深さに溺れそうになるが、スープの海を無事渡り切ることが出来た。

_dsc3436jpgz


それとプロジェクトXに関する事を少しでも進めなければイケない。

が、何か手違いがあったのかもしれない。レンラクガ・・・

早くしないとShugoさんが旅立ってしまう・・・

とりあえず同志のながさんに電話してみた。

「はぁ?Shugoさんはもう行っとらいわね!ひろさん 遅いわ!」

とお叱りを頂戴した。

ガーン・・・プロジェクトXが・・・

Shugoさんとこまめに連絡しておけばよかった・・・ごめんねShugoさん。


5日

愚息が帰る。

愚息は7日間姐さんと一緒に寝ていたので

今夜から姐さんはヲレのもの・・・

「今夜はヲレがそっちで寝ていい?」と聞いてみた。

「ダメ!」 フツウ全力で言う?

なのでろう城部屋にこもり、久しぶりのPC電源ON。

おおお!Shugoさんのミャンマーうるるん滞在記が始まってる^^



6日

仕事初め。

ものすごく疲れる。


7日 休み。

朝一、うるるん滞在記を見ると次の記事が更新されていた。

うわーーーーー写ってる。 う・・・写ってる ウルウル・・・

わたしと姐さんの子供が写ってる・・・ウルウル・・・

実はわたしと姐さんにはそれぞれ子供がいまして

Shugoさんとまきさんはその子供たちに、われわれのメッセージを届けてくれました。

(まきさんはShugoさんの奥様デス。)

Shugoさんとまきさん。ながさんにも子供がいまして

お互いの子供にメッセージを手渡されていました。

わたしたちとながさんは今回ミャンマーに同行できなかったので

Shugoさんとまきさんに全てお願いしていました。

ウルウルしながらShugoさんに電話してみたけど

「お掛けになった電話は電波の届かない場所にあるか・・・」

まだミャンマーでうるるん滞在記中なのだとわかった。



8日

仕事・・・全力残業 フゥ


9日

仕事・・・この日も全力残業 フゥ


10日

仕事・・・ありがたいことに本日も豪快に残業 ハハハハ

「ブログ更新してないけど具合でも悪いの?」と、Shugoさんから安否確認があった。

取りあえず耐え忍んでいる。とReした。



ほぼ朝方帰宅し、メールを開くとShugoさんから1通入っていた。

わたしの子供(娘)と姐さんの子供(息子)にメッセージを渡してくれている写真だ。

Img_4761jpgzz


Img_4762jpgzz_2


ありがとう。Shugoさんまきさん^^

うるるん滞在記、楽しく、ドキドキしながら、また、うるうるしながら拝見しました。

コメント入れなくてごめんね。

恥ずかしさと

コメント内容にものすご~くオチを考えすぎて身体が壊れてもイケないので(笑)

次回、お酒の席にでもうるるん滞在記を聞かせてください。

必ずやうるうるしちゃうことでしょう。



さ、本日仕事最終日。

残業は確定してるけど、マサユキや店長、ながさんやShugoさんの頑張りに比べたら

“へ”みたいなもん。

子供たちの笑顔にも力をいただいたので、一丁やったりますわ^^

行ってきま~す。

«駅ピアノ